2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
気が付くと既にワカサギシーズン。岩洞湖のドーム船も11月1日から運営されているようです。
釣果の方は果たしてどうなのだろうか?と思いながらも出張先から急いで戻るはめに…(笑)

というのもこの日は公魚倶楽部オフ会であったのです。
今回、幹事をお任せしていたタケさんからの連絡はあったものの、果たして行けるだろうか?という不安というか迷いというか?とんぼ返りを覚悟で新幹線へ飛び乗ったのです。

しかし、全く準備していない事からも、とりあえず釣具屋へ行きながら餌と仕掛けなどをGET!
帰宅後ガラガラと道具を出してみたら… 肝心の穂先が見当たらず…

よくよく考えてみたら昨シーズンの氷上最終日に穴へ「ポチャ」っと行ってしまったのでした。

そんな事からも夜な夜な穂先の製作をする事に…

とりあえず家にある材料でどうにか作りあげ塗装もして

気が付くと既にAM3:00を回り、「よし、この時間ならこのまま行けるな」と思い買い物篭へ思いつくままに道具を詰め込んで、送迎を頼んでおいたユミさんの到着を待つことに…。

AM4:00「そろそろ来るかな?」しかし来ない…

AM5:00「う?ん、遅いなぁ?」どうしたろう?

AM6:00「おはようございます」とようやく来たところで、急いで皆が待つ岩洞湖へ

集合時間に遅れる事2時間あまりで、現着した後まずはドーム船へ

20081102A.jpg

この日は気温も低く水温の方が高いために霧が凄かったです。

挨拶もそこそこに、先ずは釣座の抽選クジを引きましたが、本日は入口付近のストーブ脇に決定です。
皆さん黙々釣っているようで、何だか変なプレッシャーを感じながらも今シーズン初投入

20081102C.jpg


しか?し、待てど暮らせどアタリ無し… う?んどうしたものか?と思っていたら、「さっきまでは良かったのになぁ?」という声に「まさかゴールデンタイムは終了したのか?」と思いながら、昨夜立ち寄った釣具店の情報を思い出し、嫌な予感が…

20081102D.jpg


まぁ?今日はお祭り事みたいなもんだからと思いながらも、心のどこかでは期待する自分が居ます…(笑)

釣り始めて数分後初めてのアタリらしきものが… しかし、即バレ… 苦笑いしながらも、焦る…。

その後も周りでも釣れている感じがしない… 何故?こうなれば魚探を頼るしかない?と思い投入してみると見事に真っ白… 居ない魚は釣れません…(爆)

これじゃさすが電動リールが無駄だと判り、貴重な一匹を釣上げる為に手繰りへ変更しました。

とその時… 久々のプルプル感が穂先を通して手元に伝わり一瞬にしてアワセを入れ、慎重に手繰りあげてみると、デカサギでした。

とりあえず、久しぶりの感触を味わい嬉しい気持ちで一杯なのですが、数をこなしてこそワカサギ釣りの醍醐味がある訳でして、即投入してみるのですが、その後が続きません…。

そんなこんなをしている間に本日のゲストも参加しているということで、自己紹介をする事にしました。

20081102E.jpg


しかし、自分の釣りと寝不足のせいで訳判りません…。スイマセン

途中、これまたどこのどなたか記憶にございませんが、ヒラメのお刺身を頂きました。

20081102B.jpg

まさかドーム船にて刺身が食べれるとは思いもよらずでした。しかも、魚介類が苦手なオイラは生まれてはじめてヒラメの刺身を口にしました。

以前ムニエルは食べた事があったのですが、刺身はどうも苦手でして… しかし、ただの食わず嫌いだったようです。

ある意味カルチャーショックでした。ヒラメの刺身がこんなに美味いとは正直驚きました。

どこの何方か分りませんがご馳走様でした。

しかし、その後も釣果は伸びず、時速2匹という釣果に

そんなこんなをしているうちに正午になりお昼ご飯

タケさんが差し入れてくれた芋の子汁で冷えた身体は暖まります。

20081102F.jpg

30人前は作ったのになぁ?という事でしたが、完食でした。

20081102G.jpg

食事も終えて午後の部に突入する事になった訳ですが、ここで再び釣座を決めるクジ引きです。

まんべんなくと思っていたら斜めに多少ずれた位でしたが、とあるコーナーには濃い連中?が一塊に…(笑)

まぁ?冗談はさておき、午後の部が始まりましたが、沈黙です…。何故って?そりゃ?釣れないからでしょうね?(笑)しかし、そんな中でも一人喋り続けるお方も居りましたがね…

開始数分後… 「やった?きたぁ?」という歓声をあげるが何かが変です…

ハイやはり外道でした…

20081102H.jpg

刻一刻と迫り来る時間と闘いながらも、長い沈黙は続く中「そろそろ帰りましょうか」というユミさんの言葉に「いや、あと一匹だけ」と返し、黙々釣り続けますが、アタリすらありません

しかし、最後の最後で岩洞湖の神様は微笑んでくれました。

ダブルこそなかったものの、3連チャンです。

それが終えたと同時に一足お先に納竿させて頂く事にしました。

今日は数は釣れませんでしたが、久々のプルプル感を味わえたのと、久々の仲間や初対面の方々にお逢い出来た事に感謝します。

そして今回、幹事ならびにいろいろと準備などしてくれたタケさん&jrお疲れ様でした。

次は氷上での公魚倶楽部オフ会となりますが、厳選なる選考の結果で決まった?角さんヨロシクです。

最後になりますが、今回参加して頂いた皆様ならびに参加出来なかった方々へ、今シーズンのワカサギ釣りも楽しみましょう

さぁ?長くて短いシーズンの開幕です




スポンサーサイト
泣いても笑っても今日が2008渓流最終日という事だったので、早朝3:00に家を出てH水系に向かいました。

特に狙い定めのポイントもないまま、まだ暗い国道をひたすら走り、途中のコンビニで朝食を仕入れた。

その後、漆黒の闇に包まれる夜道と晴れ渡る星空の中を一人さまよい歩き、とある支流へ辿り着きました。

車のヘッドライトを頼りに身支度を済ませたけど、夜明けにはまだ早く車中にて、しばし時間を潰すも、明るくなりかけるにつれて川原には霧が立ち込めているせいか、その様子も判らない状態でした。

コンディションも判らないまま、とりあえず川原に降り立ちキャストしますが、霧で全く釣りになりません…。

そんな中ヒットしますが、即バレたりして思うような釣りの展開が望めず、一旦川から上がり移動しました。

その頃にはさっきまでの霧も取れかけて真っ赤な朝日も昇ったと同時に、寒かった身体も僅かながら暖かく感じられました。

途中、一人のルアーマンを見かけた程度で他は見当たらず、意気揚々と次のポイントへ入りましたが、魚信があらず…。

どんどんと遡行しながら釣り上がったところでようやく本日初のヒット!しか?し釣れてきたのは… 外道…。

20080930A.jpg

何故?と思うオイラを嘲笑うかのようにリリース後もしばらくオイラの近くで泳いでいる…。(笑)

気を取り直して、その後も遡行をして行くが、何だか嫌な予感が…。

途中チビが釣れただけで、全く反応がない。

20080930B.jpg

その答えは数分後に判明したのでした。

オイラの数十メートル先にルアーマン二人組みを発見したのです。

何も知らないオイラはその後を追いかけていたようで…。

しかし、入渓点周辺にはそれらしい車もなかったし、一体どこから来たのだろうか?

まぁ?今更気づいたところで後の祭りなのですが、これ以上追っても無駄だと判ったオイラは一旦川から上がり、ポイント移動する事にしました。

次なるポイントを目指し上流へ移動しますが、到る所にはそれらしき車があり駐車スペースがないままかなり上流まで来たしまったので、引き返す事にして別支流へ向かいました。

しかし、こちらも先行者で溢れかえっており、入り込む隙間もないので諦める事に…。

その頃には既に正午の時報も鳴り、一旦昼食を兼ねて休憩することにしました。

お腹も満腹になったという事で再び川へ戻りますが、休憩を挟んだら何だかやる気も失せてしまいダラダラと車を走らせていましたが、最終日なんだからと自分に言聞かせるも、既にまったりモード全開です。

という事でその後は川を見ながらも家路につきました。

今シーズンは何だかパッとしないシーズンとなったけど、事故も怪我もなく無事にシーズンが終えれた事が一番です。

それにマイミノーも煮詰まってきましたので、来シーズン初頭にはBOXは全てマイミノーで埋まっている事と思われます。

こうして一シーズン終える事に切なさと来シーズンへの期待感がある訳です。
それにやりたい事がまだまだいっぱいあるのですが、この後はしばしの休息後ワカサギモードへ徐々に移行していきたいと思います。

来シーズンも綺麗なトラウト達と巡り会えますように!そして再びあの感動を!



昨日はお互い寝坊してしまったので、今日は早めに就寝しようと思ったが、なかなか寝付けず…。

そんな中、仕事で忙しい様子のユミさんだったが、渓流もシーズン最後だからと思い誘い出し同行する事となり、Yuuさんとユミさんの三人でK水系へ行く事となりました。

先ずは待ち合わせのコンビニにて食糧を買い込み、一路川を目指しました。

途中の峠の気温計も0度を示している事からも、肌寒いを通り越して寒いほどでしたが、久しぶりにこのメンバーでの釣りでしたので、そんなことも忘れるほどのワクワク感と期待を胸にポイントへ向かいました。

夜空が綺麗な星も消え、夜が明けかけた頃には、最初のポイントへ到着したので、身支度を済ませ川を覗き込むと、以前来た時よりは水位は落ちていたものの、昨日のS水系に比べれば贅沢ってもんです。

しかし、いつ来ても綺麗な渓相に心を奪われそうになりますが、まずは釣りをしない事には、その目的も果たせないという事で、橋を拠点に上下に別れ釣りを開始しました。

今日は釣れても釣れなくてもマイミノーオンリーで行こうと決めていたので、ケースにはマイミノーだけです。

水深のある場所にて一人スイムテストをしていたら、チビがチェイスしてきました。

しかし、途中Uターン…(笑) 「まぁ?いいさ」と思いながらも、遡行しながら釣り上がり岩盤上からのチェイスにチェイスにヒット!と思いきや、チビでした…。

20080929A.jpg

しばし、反応がないまま遡行していきましたが、大場所が現れたので、下流に居たYuuさんとユミさんが来るのを待ちながらのんびり一服していたら、「2匹GETしましたよ」というユミさんでしたが、よくよく聞いてみると、「でも、チビでした。」という事で、「まずはボウズ逃れ出来たなぁ」と安心したが、Yuuさんはまだキャッチしていないという事から、先行させるも魚信がないようだったので、本日のメインイベントでもあるポイントへ移動する事にしました。

幸い先行者もないようで、車を入渓点と退渓点に配置した後、遡行しながら釣り上がって行く事にしました。

先行はYuuさんです。今日はオイラのロッドを貸していたので、そのキャストもバシバシ決まっていくようで、軽快なリズムで釣りをしているように見えました。

久しぶりに釣りをするユミさんもキャストに慣れてきたせいか?釣りを楽しんでいるようです。

しばらく行くと先行者が見受けられたけど、餌釣師らしいので、追い越そうとどんどん迫るけど、餌釣師もどんどん上っていき、追いつけません…。

よしそれじゃ思いあたるポイントまで一気に行こうと思い、その後を追いかけていくと、左岸から、その餌釣師が占領してました…。

「あちゃ?やられたぁ?」と思いながらも、移動する気配もないので、その場をやり過ごし、更に上流へ遡行していきました。

その後、次なるポイントにてYuuさんがキャッチしたのを見届けた後は再びオイラが先行して行き、大場所にて再びチェイスと共にヒット!と思いきや即バレ…。

そんな事を繰り返しながらも、今日は密かに楽しみにしていた事があったのです。

それは川にてコーヒータイムをする事だったのです。

うん?コーヒータイムなんて珍しくないだろうにと思うかもしれませんが、これまで何度となく思ってはいたけど、現実まだまだ青臭いオイラはそんな余裕もなく釣りに没頭していた為に実現していなかっただけに、今日こそはと思ってDバックを背負い、中にはガス式のバーナーとコーヒーを入れる道具一式を忍ばせていたのです。

入渓後、2時間ほど釣り上がった所で、いよいよその出番が来ました。

20080929C.jpg

その味といえば格別です。

20080929B.jpg

しばし、オヤツタイムで休憩を入れた後、再び釣りを再開しました。

上流に向かうにつれて、その魚影も濃くなりだし、Yuuさんもユミさんもポツポツ釣上げているようでしたが、肝心のオイラはというとミスバイトばかりで、どうにもヒットに持ち込めずウダウダしてました。

途中釣れてもチビばかり…。(笑)

20080929D.jpg


それでも今日は仲間との釣りなので、釣果は別として、それはそれで楽しいものでした。

その後も、どんどん釣り上がって行き再び大場所近辺に近づくにつれて、期待も膨らみますが、一度高巻しないと行けない場所なので、大きく巻いて川原に降り立ち、岩の間をダウンでネチネチと泳がせていたらヒット!ロッドに伝わるその瞬間からもデカイと確信したオイラは、慎重にやり取りをしていたが、下流にあった倒木に逃げ込もうとするのを引き離そうとした瞬間、一気にそのテンションは軽くなりバレてしまいました。

その一部終止を見ていたユミさんが「デカかったね」という言葉に苦笑いするしかありませんでした…。

その後、退渓点まで来たところで一旦上がり、再び車を移動させた後、入渓しました。

しかし、その後は芳しくもなく退渓点まで辿り着いてしまい、再び下流の気になるポイントへ移動しました。

時折アユは見られるものの、トラウトの反応はないまま次のポイントへ移動してみました。

時間的にもそろそろ終わりが近づいてきた頃で、最後にバシッと良い魚を拝みたいなぁ?と思うも、ユミさんがオイラのマイミノーに魂を入れたのを期に本日の釣りを終了する事となりました。

その後は眠い目をショボショボさせながらも家路につき、我家で鍋を囲み釣り談議となりました。

今日は久々に丸一日釣り三昧でしたが、釣果はともかくとして、仲間との楽しい釣りとなりました。



シーズン終盤だというのに仕事で出張の為に1週間程釣りをお預けになっていたが、Yuuさんからのお誘いで、帰省と共に翌日釣りに行く事にしました。

しかし、徹夜明けと数日の疲労からか?目覚めると既にAM10:00…。

とりあえず、先に行っているであろうYuuさんへ連絡をしてみると… どうやらYuuさんも寝坊したらしく、遅めの出発のようでした。

急いで身支度を済ませYuuさんが行っているS水系へ向い、とある駐車場で落ち合い合流しました。

まぁ?特に狙いを定めたポイントもある訳でもないので、のんびりと会話しながらも支流のポイントへ向かいました。

しかし、水がない…! 予想はしていたけど、これほどとは思いもよらずでしたが、今更他の河川へ行くのも面倒なので、とりあえず入渓してみました。

しかし、反応はなし…。 しばらく突き進んでみたけど途中岩魚らしき魚影は確認できるけどチェイスもなく、ルアーを避ける始末に「あぁ?スレているんだなぁ」と思い引き返す事にしました。

戻る途中に事件は起きた…。

いつもは、来た川を引き返していたけど、Yuuさんの言うとおりについていき、とある小川に差し掛かった橋を渡ろうとした瞬間!橋が壊れYuuさんは体半分落ちてしまった。

幸い怪我もなく無事だったけれど、あれが落差がある谷などだったらと思うと「ゾッ」とした。

その後は別支流へ移動してみるが、シーズン最後の日曜日という事もあってか、到るところに釣人が見受けられ、その合間を縫って入渓してみるものの、チビすら反応はなく諦める事にして、「また明日にしましょ」というオイラの言葉で家路につく事となりました。

去年は散々な終え方でしたが、果たして明日はどうなるのだろうか?

お誘い頂いたYuuさんお疲れ様でした。
昨日のルアー&ルアーリターンの先を回収しようと思い、昨日に引き続きH水系へ…。

今日はウエストハイのウェーダーだし秘密兵器もあるしと、まずはまだ残っているか確認をしてその場に降り立ちました。

幸い木の枝に引っかかったままでしたので、ルアーリターンの先は無事に回収したけど、肝心のルアーは回収後に水中へ落としてしまい流れに消えていきました…。

その後、移動して次のポイントへ行ってみましたが、何だか釣りをする気分でもなかったし、そのまま道の駅にてブドウを数種類GETして家路に着きました。

その道の駅にて「カカシ祭り」なるものが展示されていたけど、近頃のカカシはお洒落になったものです。

20080919A.jpg

キャラクター物や話題の人物もあり、まるでどこかの雪祭りみたいでした。

20080919B.jpg
インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。