2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
今日は朝から用事があったので、釣りはなし・・・。
用事をそそくさと済ませ帰宅して中途半端な時間をどう過ごそうか考えていたら
机の上にあったものが目にはいった。
先日から作りかけのミノーが、ぶら下がったままなので、それを仕上げようと
アワビを貼ったりアルミを貼ったりしてみると、それらしくなってきたので
はやる気持ちを抑えて、のんびりと作ってみた。
しかしそれも作り終えたので、どうしようか考えていたら、昨日、爺さんに刺激を受けて
しまったので、久しぶりに電動リールを引っ張り出してみた。
改めて見てみると何だか怪しいものに見えてきたが、我ながら何故こんな物になったのか解らない。
ユーザーからの改良点がいくつかあったので、それを考えて改良版の設計を
フリーハンドで書いてみるが、良い案が浮かばないので出かける事にした。
夕方、仕事の打ち合わせがあったので、Mッハで待ち合わせをして4時間も
話し込んでしまい、Oとの約束もあったのでそのまま、Mッハで週末の打ち合わせをした。
仕事の相手はまだ幼さが残る、二十歳そこそこの彼女だったので、全く話が
・・・。
しかしあくまでもビジネスパートナーなので見下すわけにも行かないので
永遠と彼女の話を聞くはめになった。
これからの事や、やってみたい事など希望にあふれる熱弁に時折羨ましく思うも
若いってイイなぁ?と思ったりもしてみた。
しかしそんな事を思うって事はやはり歳のせいなのだろうか?
気持ちは十代、体力四十代、見た目???
やっぱり若いってイイなぁ?
スポンサーサイト
今日は昨日のリベンジを果たそうと思い、AM5:00に家を出た。
途中、JAMESさんからのメールで心が揺らいだが、ひとまず昨日の決着を
つけようと思い、雨を心配しながらK川へ向かった。
しかし到着してみると、既に先行者があり狙いをつけていたポイントへは入渓出来ないので
そのまま、上流部へ行ってみると、昨日と同じ様な状況だった。(涙)
ここで引き返す訳にも行かないので、とりあえず堰堤上から入ってみたら
これまた昨日と同じで、チェイスはあるが全くバイトに至らず・・・。
1時間ほど釣りをして、日を改めた方が良さそうだと思い、今日は東へ行ってみようと
H川支流T川へ向かった。
しかしここも川止め前だというのか、人が多すぎた。
何故か今日は空回りだなぁ?と思い、竿も出さずにそのままY川支流のN川へ
行ってみた。
さすがに、ここは大丈夫だろうと、たかをくくっていたら、やはり良いポイントは
先行者が・・・。
それでもここで帰る訳には行かないと思い、マイナーポイントへ入ってみたが
時折、チビがチェイスしてくるだけで、釣果には至らなかった。
既に昼も過ぎていたので、まずは腹ごしらえしようと思い、コンビニでおにぎりと
お茶で小休憩とした。
ここで素直に帰るおいらではないので、その足で今朝、JAMESさんが行った
H水系に向かった。
途中、JAMESさんから情報を聞き出し、どの辺が良いのか検討するも
今日の状況を考えたら、迷わずそこへと行きたいところだが、そこは釣人としての
変な意地があるので、あえてそこら辺を外し更に下流部へ行ってみた。
水量は若干多いようであったが、ウェーディング出来ないほどではないので
K川の合流地点辺りからメジャーポイントに入ってみたが結局釣れたのは
20cmほどの岩魚一匹だった。
全く移動距離を考えたら乏しい釣果で終わった。
今日一日で325?走ってこの釣果何とも情けない・・・。
しかし今日は、爺さんとの約束があったので、ここでタイムアップして
その足で、爺さんの所へお邪魔して、試作品など見せてもらったが
木工製作が得意な爺さんなので、出来栄えはプロ並の物に仕上がっていた。
とりあえずのプロトなので完成品が楽しみだなぁ?。
最近はワカサギから離れていたが、またまた爺さんに刺激されてしまった。
次なる製品を妄想しながら爺さんの店を後に家路についた。
今日はおいらの都合でYuuさんを誘ってK川に行ってきた。
家人を送ってからだったので、遅いスタートだったが、未知なる川に期待を寄せて
ポイントを案内してもらい現地に到着してみると先日よりは水位も幾分高いようだ。
準備も早々に済ませ入渓してみると、渓相、底石、水質どれをとっても申し分ない位
良い感じで、はやる気持ちを抑えながら丁寧にキャストしてポイントを攻めてみるが
何かが変な事に気付いた。
チェイスはあるけど、バイトに至らずしかも直ぐに見切られてしまい
厳しい状況を強いられた。
平日の月曜だというのに、ルアーマンや餌釣り師が結構多い事に気が付いたが
時既に遅しで、どうにもならない状況だった。
ここは川幅もそんなに広くないし先行者があれば厳しい釣になるだろうという事で
上流部へ移動してみたが、そこにもまた、釣人が・・・。
とりあえず、先日Yuuさんが釣ったようなヤマメを見たくて、黙々釣上がるが
ライントラブルやルアーをロストしたりで集中力が足りなくなってきたので
ちょいと一服と思い一休みしたら、気持ちもリフレッシュできた。
そのせいかはわからないが、とりあえず岩魚を1匹キャッチする事が出来た。

200605291353000.jpg


その後、再び釣り上がるがチェイスは見られるもののバイトには至らずという状況だったので
間違い無く先行者がいるだろうという事で、川を変えましょうという事にしたが
中途半端な時間だった為、ここでタイムアップとなった。
まぁ?今日は未知なる所へYuuさんに案内してもらったので、良しとしよう。
Yuuさんお疲れ様でした。

それと今日Yuuさんからバースディープレゼントを頂いた。
いくつになってもプレゼントというものはホントに嬉しいものだ。(^0^)
Yuuさんありがとうございます。
大事に使わせて頂きます。
でもまずは使いこなせるかが問題だなぁ?(笑)

200605291916000.jpg


帰り際に釣具店へルアーを買おうと思い立ち寄ったら、既に売切れだった。
Dコン85を買おうと思っていたのに、秋田の解禁前という事もあって
先週末に全部完売したとの事だった。
おそるべしDコン!
DコンはGETできなかったが、本日入荷したDUOのELENAのプロトを使ってみてと頂いた。
200605291914000.jpg


○州屋 都南店さん
本当にいつもありがとうございます。

このミノーのすごい所はリップがチタン製だという事だった。
ついにミノーまでもチタンというハイテク?素材の参入なのかと感心させられた。
そのうちリールやロッドまでもチタン製等が出たりして?
日々進化する日本の釣具は間違い無く世界一だと思う。
今日は午前中曇っていたが、午後から雨だというので、家でバルサを削っていた。
昼を過ぎても一向に降らないので、川に様子見に行こうと出かけた直後に
激しい雨に見舞われた。
こうなればお手上げなので、釣具屋巡りでもしようと思い引き返すが
日曜の午後なのか雨のせいなのか、渋滞にはまってしまった。
急ぐ訳でもないと流れに身を任せカーテレビを見ていると、先日の事件が
放送されていた。
藤琴川が出ていたのだが、ここは米代川の支流で櫻アングラーにはメジャーな
河川なのだろう。
無事に釣具屋に到着してまず目に入ったものが、
さっきテレビで見ていた事件に関する張り紙だった。

そのポスターは次の通りだった。

おねがい

秋田県藤里町で幼児が殺害されるという、
悲しい事件が発生しております。
6月1日は櫻鱒解禁、7月は鮎となっておりますが、
釣り人のマナーとして、地元の人々の心情を考慮して、
事件解決まで、藤琴川、藤琴川と米代川の合流点付近には
なるべく入川を、控えましょう。

日本釣振興会岩手県部

という事だった。

確かに常識ある釣り人なら、親族の気持ちを察すれば当然なのだろう。
一日も早く犯人が逮捕され、事件が解決して欲しいものだと切に願う。
今日は昨日、気になっていたH川水系に行こうと思っていたが
アピオで開催されいた「東北ペットフェスタ」に家人を連れて行く事になったので今日は釣りはなし。
9:30開場だったので行ってみると、近年のペットブームなのか朝から凄い人が集まっていた。
当日販売などもあって次から次へと買われていくペットもおり盛況ぶりは良好といったところだろうか?
一通り見て回ったところで、メスのシュナウザーを発見する・・・。
200605271004000.jpg

我家にはオスのシュナウザーが居るので、お嫁さんに良いかもと思うが
生憎、持ち合わせも無かったし、一時の感情だけで飼うのはと?思い直し諦める事した。
でもその子は愛嬌も良くとても愛くるしいので、家人は気に入ったらしく
その場からなかなか離れない状態になり、おいらは開場を再び3周ほど見て回る事になる。
しかしペットの値段って誰がどのような基準で決めているのだろう?
ブームで流行れば繁殖率も上がり値段も落ち着くのだろうけど
全く持って判らないのが飼い主側の問題もあるのではないだろうか?
以前のブームでハスキーやゴールデンなど大型犬が良いという様な事で
飼ったは良いが、手余しして手放す人も多いのが現状ではないだろか?
そんなペット達はたらい回しにされたあげく、保健所に捕獲されたなんて話も
珍しくない。
お金を出して買うのは良いけど命ある生命体なのだから、
最後まで見届けてやってほしいものだと切に願う。
ここ数年はダックス、チワワなど小型犬のブームだが
第二のハスキーやゴールデンなどのように、ブームの犠牲にならなければ良いのだと
余計な心配をしながら会場を後にした。
200605271024000.jpg

今日は気合を入れて前日からの泊り込みで、H川水系に行ってきた。
狙いはもちろん櫻なのだが、気張りすぎなのか何なのか判らないが
全く反応が無い一日だったって毎度の事か・・・。(笑)

今日は櫻アングラーも見られず、勝手気ままに釣りができ
下流部から一通りメジャーポイントを回ってみたが、釣果には至らなかった。
おまけに先日、見かけたアヒル達は後ろをついて来る始末・・・。
こいつらは居着きのアヒルなのだろうか?
200605261137000.jpg

12時間釣りをして外道すら掛からなかったので、気になっていた支流に行ってみた。
K川のさらに枝でA沢というところだったが、谷底深く木々が覆い被さっていて
日差しもあまり入らないような所だった。
下見という事で、竿は出さなかったが後で行ってみよう。
時間も時間なので、家路に着こうと思い戻りながら、あちこち支流などを見て
回ったが、どこも良い感じだった。
途中、いつもの場所のコンディションを確かめたくて、つい寄り道をしたら
チビヤマメが釣れた。
200605261543000.jpg

魚が居るのを確認したので本日の釣りは終了となった。
あと一週間程で秋田も解禁となるが、まずはH川水系で咲かせたいなぁ?。
でも解禁すれば浮気してしまうかもしれないな?(笑)
今日はH川水系に行こうと思っていたのだが、寝坊してしまい起きたら既に9:00だった。
遅い朝食を頂き道具の手入れをしていたら、電話が・・・。
仕事の電話だったので、仕方無しに今日の釣りは諦め出かける事に・・・。
色々と打ち合わせなどで時間を取られたが、天気が良いので全く上の空状態だったが
何とか無事に仕事も終えたので、まだ時間があると思い1時間勝負に掛けてみようと
Y川水系の支流N川に行ってみた。
本来なら峠を越えてH川水系に行きたかったのは山々なのだが
そんな時間もないので、ウェーダーも履かずにそのままキャストする事に・・・。
水量は平水と見たが完璧なるクリア状態だったので、なかなか厳しい状態だった。
時折チェイスしてくるも、途中で見切られ食わせる事が出来ず・・・。
そんな中、落ち込み下をダウンで流した所「ゴンッ」と良い感触があった。
ウェーダーも履いていなかったので、岸にずり上げようと思い
ロッドでいなして寄せに入ったところでヘッドシェイクされ
そのままごぼう抜きしようと思ったら、フックの掛かりが浅かったせいか
ドボ?ンっと落ちてしまい、そのまま流芯へ消えていった。
底色に同化した居着き岩魚だった為か、サイズ的にも良いサイズだったが、
逃した魚はやはりでかかった・・・。(笑)
その後同じところでチビ岩魚がヒットするも、最初に出た岩魚が大きかったので
全く眼中無し状態・・・。
そんなこんなでタイムアップとなり再び仕事へ戻る事にして、本日の釣りは終了となった。
以前はチョイ出し用にお気に入りの○ーマックスペシャルウェーダーがあったのだが、
2シーズンで駄目になりスペアもあったが、これまた2シーズンで駄目になったので、その後は買っていなかった。
○ーマックスペシャルは値段が2,980円とお値打ち価格なのだがソールが減っていくと
張替えに悩んでしまうのが悩みの種なのだ。
2,980円のウェーダーに1,980円の替えソールにボンドを買うか、それよりも少しお金を足して
新品を買うか悩むところだが・・・。

木漏れ日の中で、やはりチョイ出し用のウェーダーが必要だと改めて実感させられる日だった。


200605251519000.jpg

200605251417000.jpg

今日は久しぶりに午後から川に出かけてみた。
放流などされてない川を目指し、ひた走る事1時間弱で目的のポイントへ着く。
山々の雪も消えかけて、雪代も収まり水の色もクリアな状態で水量も申し分なし。
最近出番のない蝦夷を使ってみようと思い、落ち込みにキャストしてみたら
早速、イワナが出てきた。
まだ幼いイワナだったが、まさしく岩魚らしい魚体だった。

200605241452000.jpg


再びキャストしたら今度はチビヤマメが出てきた。
これもガンガンチェイスしてきて、やる気満々のヤマメだった。

200605241456000.jpg



その後、車で移動して本命のポイントへ着き、入渓しようとしたら足元から逃げていく
魚影があり「しまった」っと思い、姿勢を低く構え釣り上っていくと
岩陰にゆらゆら泳ぐ岩魚らしき魚体を発見。
見た感じ尺上位ありそうだったので、よしっと思い鼻先などをしつこく通してみるが
体をくねらすだけで、全く口を使ってくれなかったので、「お気に召さなかったのねぇ?」と諦め
その上流部にキャストしたら、綺麗なヤマメがヒットした。
ここは放流もされてないし、魚止めの堰堤からもかなりの距離があるので
まさしく天然ヤマメなのだろう。

200605241533000.jpg


何かやっぱり迫力があるような気がした。
ここは自分の中で秘密のポイントなのだが、果たしていつまでこの魚達が生息できるのだろうか?
いつまでも残っていて欲しいなぁ?。
う?ん久しぶりに気持ちの良い釣りが出来た事に感謝する一日だった。
今日も家でゴロゴロしながらのんびりくつろいで過ごした。
しかし一日中家の中で過ごすのは、凄く苦痛だった。
普段、外に出ている事が多いので、家の中にこもりっきりというのは
おいらには無論無理なはなしである。
行く当てもなく家を出るが、本当に行く所がないので、とりあえず近所の本屋へ行ってみた。
毎月買っている、Gijieが出ていたのでとりあえずそれを買って店を出る。
家に帰ってから読めば良いのに、本屋の駐車場でパラパラめくってみたら
先日、スミスの平本さんがH川水系に来ていた時の記事が載っていた。
一通り読み終えた頃には何だか無性にH川水系が気になりだし
とりあえず、行ってみようと思い向かったが、途中でルアーが家にあるのを
思い出した所で引き返す事に・・・。
思いつきで動いた事を後悔しながら、家路に着く・・・。
途中のY川水系を見た感じでは、水量も落ち着き始めた頃合で良い感じ。
時間もまだあるし、どうしようか悩んだが、やめておいた。
その後、先日の釣行でドロドロになっていた愛車を洗車してやろうと思い
洗車場に行って洗車していると突然の雨に・・・。
それでもとりあえずドロだけでも落としてあげようと洗車を続け
キレイになったので結果オーライだろう。
しかしそろそろ川に行かなければ禁断症状が出そうだ・・・。
明日あたりさくっと行ってみようかなぁ?。
昨日は疲れていたので、そのまま寝てしまったが、実はおいらの36回目のバースディーだったので、帰宅してみるとご馳走とケーキが買ってあり、何だか照れくさかった。
この年になっても、嬉しいのだから、まだまだお子ちゃまなのだろう。
昨晩、早々に寝てしまったので、今朝は4:00前に目が覚めたので、H川水系が
気になり準備して行こうと思ったが、昨日の今日なので行くのをやめた。
車から戻り、再び布団に入るとすぐさま寝てしまい、次に起きたら既に10:00だった。
遅い朝食を頂き、デザートに昨日食べ損ねたケーキを食べようとケーキを見たら
ケーキにおいらのネームが入っているのを見て何だか恥ずかしくなってきた。
このケーキを買う時どんな思いで買ってきたのだろうか?
などとくだらない事を考えながら、そのケーキを頂いた。
久しぶりに家でくつろぎゴロゴロしながら、録画しておいたビデオを見たり、本を読んだりして
一日を過ごし、夕食は何が食べたいという事で、ズバリ焼肉が食べたかったので
しばらくご無沙汰していたお店に行ってみたら予約で一杯という事で、次なる候補へ行ってみるが
ここは定休日・・・。
色々考えた結果10数年ぶりの店に行ってみる事にして、お店について入店して
ビックリ!!!
平日の月曜だというのにこんなにも込み合っているとは・・・。
それにいつも行っている焼肉屋はロースターとかいって煙が出ない今流行り?
のお店なのに、ここは別、ガスの鉄板仕様でまさに昭和?の焼肉屋だった。
煙はモクモク充満してるし、メニューも洒落た物は無く何か良い感じだった。
こんな焼肉屋がまだあるんだと、何だかしみじみさせられた。
そんな事を思うようになったのも、年のせいなのかなぁ?・・・。(笑)

200605221943000.jpg

今日は毎年恒例のバリバスカップに出場してきた。
今年で6回目になるが、未だ入賞は当然なし・・・。
前日の夜から現地入りして、仮眠を取りAM3:43、Oからの電話で目が覚める・・・。
どうした事かと聞くと「タックルも年券も全て車に入ってるんですが、鍵が無いんですよ」
という事だった。
時間もないという事で、既に到着しかけたYuuさんに迎えに行ってもらう事になり
何とか無事に受付に間に合った。
天気も良く良い感じだったが、前日の雨の影響で本流は釣りにならず・・・。
狙いをつけていたK川は移動時間に時間が掛かりすぎるという事であえなくパスして、
先日の下見で魚影の濃かったS川に行く事にした。
ここで今回初参加のひげさんを引き連れて、ポイント目指すも既に餌釣り師に
独占されており
良いポイントはパスして、みんなと逆に上流部をひたすら目指し釣り下る作戦とした。
時折見られる、チェイスもチビばかりだったので、移動したりして入れそうな所を
こまなくチェックして歩くが入れ替わり立ち代りで厳しい状況を強いられる。
とりあえず、20cmほどのヤマメをキャッチしたが、これじぁお話しにならないと思い
写真を1枚だけ撮らせてもらいキープせずそのままリリースした。

200605210924000.jpg


その後、移動しながら釣るも反応が今一だったので、時間も時間だしという事で
竿抜けポイントを見つけ入ってみたらこれがまた良い感じのよれがあり
一発勝負しかないと思い入渓早々、ひげさんがネットに魚を入れて近寄ってきた。
その中身は25cmの綺麗なヤマメだった。
それを見たおいらも再びスイッチが入りキャストするが、ノーチェイス。
時計を見ると既に終了時間まで1時間ほどだったので、ここはひげさんに託そうと思い
納竿した。
急いで会場に戻り検量を済ませると・・・。
なんと優勝者はひげさんだった。
おそるべしひげ道楽(笑)

200605211222000.jpg

何だか嬉しいような悔しいような、とても複雑な心境だった。
まぁ?今回は譲っておくが次は本気モードで頑張らねば・・・。
って毎年言ってるんだけどなぁ?(笑)
ホント改めて自分の釣りが試された一日だった。
もっともっと本気で挑まなければ駄目なんだろうし
何がいけなかったのか改めて考えなければいけない。
多分、これでW川水系に通う事になるのだろう・・・。
でもリフレッシュの為しばらく釣りは辞めようかな・・・。

明日の大会の為に急遽、試作品を作ってみた。
型はスケールアップさせたのと、バルサの厚みを替えてみた。
アルミも以前はタバコの銀紙を使っていたが、もっとアピール力が欲しかったので
アルミテープを型押しして使ってみたら、見た目も変わり
更に目玉もキラキラタイプに変えたらなかなか良い感じに仕上がった。
見た目は良いけど、問題はアクションだよなぁ?
これは明日、本番でテストしてみないと何ともいえない・・・。
果たして使いものになるのかなぁ??
200605211913000.jpg

今日は大会前の中休みという事で、H水系に行ってきた。
自分の中での読みでは、夕方から天気が崩れるとの事だったんで
その前にもしかしてという期待感で釣場に向かった。
予想通り、水量水質共に問題なし。
気温も水温もバッチリ!コンディションはベストという事で
期待感マックスでキャストするがノーチェイス。
まぁ?いつもの事だからなと、半分諦めモードで移動しながらキャストを続けるが
全く気配が無い様に感じられた。
ポイントを変えてキャストをするもむなしくノーチェイスだった。
昼も過ぎていたので、一時休憩と昼飯にしようと買ってきたおぎにりを食べていると、
JAMESさんからのメールに気付く。
こんな時のメールは何故かホッとさせられるものだ。
「頑張ってください。」の期待に応えようと再びキャストするも全く反応はなし・・・。
今日一日でルアーを3個もロストしてしまった。(涙)
1個辺り1,700円x3個=5,100円也
一回来るのに油代、朝食代、昼飯代、飲み物、その他諸々考えてみると
結構掛かる事に気が付いた。
普段、あまり考えた事は無かったが、経費が結構掛かっているんだと改めて実感させられた。
釣りの経費も会社から出れば良いのになぁ?。って無理か(笑)
しかし、時間とお金を掛けてでも釣りたいサクラマスの魅力とは一体何なのか?
釣りをしない人から見れば、全く持って無駄なのだろけど、このロマンを判って欲しい。
自然が相手なだけに、同じ状況は無く、常に新鮮な状況が楽しめると共に
時には喜び、時には投げ出したりもしてでも、また行ってしまうのは何故だろう?
その答えを見つけるために釣りをしているんではないだろうか?
確かに釣りってお金掛かるけど、それ以上に楽しめるから辞められないのだろう。
もし釣りを本気で辞めるとすれば、おいらが死ぬ時なのだろう。
まぁ?釣り馬鹿は死んでも治らぬというが・・・。
今日は今週末の大会の下見という事で昨日に引き続きW水系に行ってきた。
朝のラッシュを避け現場に7:00頃到着すると、先に着いていたOとSさんが居たので、とりあえず二手に別れて行動する事にして、おいらは北側の支流S川へ行ってみた。
水量は良い感じで、水質も幾分クリアな感じ。
まずは水温を計ってみると10℃う?ん良い感じ・・・。
気温17℃日差しもあり今日は暑くなりそうだ。
土手沿いを車で移動しながら、ポイント事に竿を出してみるが、
平坦な川の為にポイントが限られてくる。
そして本日初のヒット!チビだが綺麗なヤマメだった。

200605180858000.jpg


その後、移動していたら爺さんから電話が鳴り、何かと思いきや既に新作のプロトを試作中との事だった。さすが爺さんだ。
年がら年中ワカサギ三昧とは、おそるべし爺さん!
今日は下見なので、どの辺まで魚が居るかの調査みたいなもんだったので
2?3投で直ぐ移動という感じで、釣って行ったがチェイスもあるし
バイトもヒットもあり、なかなかやる気満々だった。

200605180918000.jpg


その後、ヤマメ3匹岩魚1匹を追加して午後から予定があったので、おいらは先に納竿する事にして家路に着いた。

200605181017000.jpg


体長はそんなでも無かったが、パンパンに腹が膨れていて食いしん坊なヤマメだった。
この時期独特の色合いにしばし見とれてしまった。
秋のヤマメも良いが、この透き通るような色合いも良いよなぁ?。

200605181037000.jpg


この岩魚は何度もチェイスしてバイトするが、ヒットしないので、変だなぁ??と思い
ミノーを良く見てみると何とフックが無かったのである。
とても間抜けな、おいらと岩魚だった。(笑)
多分、岩魚も「あれっ」て思ったに違いないだろう。
何だかスゴ?ク愛しく感じられたなぁ?。

しかし、今日は暑かったなぁ?
あの後、本流などを見に行っていた二人はどうなったのかな?
ちなみに今日入った上流部は砂防ダムになっているようだった。

200605181143000.jpg


200605181144000.jpg

今日は北上に用事があったので代車で今週末の下見に行ってきた。
W水系支流G川は水量共々良い感じだったが、若干濁りが入っていた。
S川は水量少なめで、水色はクリア良い感じだった。
大会に向けての調査だったが、生憎タックルは愛車の中だったので試し釣りが出来なかったのが残念だったが、また明日行くから良いか・・・。
帰りに万代書店にて、誰かが声を掛けてきたので「うんっ」と見てみるとHideakiさんが居るではないか!!!
何故?と思いながらもルアーを物色していたので挨拶もそこそこに失礼致しました。
しかしあの方も色んな所に出没するよなぁ?っておいらもか・・・。
めぼしい物が見当たらないのでそのまま帰宅したが
夕方、愛車が出来上がったと電話があり取りに行く事に・・・。
洗車もしてあってキレイになって帰ってきたので V(^0^)V
しかしマフラーって高いよなぁ?・・・。
もしかして社外品の方が安上がりだったかも知れないが、まぁ?良いか!
破損したバルブも新品になったし、細かいブッシュ類も替えてもらったし
これで当分大丈夫かな?とりあえず整備完了!
という事で明日からまた釣りが出来ます。
めでたし、めでたし・・・。
と思ったら帰宅後、忠さんからの電話が・・・。
電話の向こうで何故かテンションが低いので、「どうしたんですかぁ??」と聞くと
先日、おいらと別れた後に事件が・・・。
終始、話を聞き終えたおいらは人事ではないと思い同感するが
まぁ?ホントに大事に至らなくて良かったと思い一安心。
やっぱり命あっての釣りだから無茶は禁物だと改めて実感させられた。

今日は愛車が修理という事で、ディーラー入りする事になった。
今回はマフラー交換となったが、マフラーって結構高いんだなぁ?。
道具を代車に移すのも面倒だし、しばらく連チャンだったのでこの際ゆっくりと休養しよう。
という事で車が戻るまで釣りはなし・・・。
でも今日、JAMESさんが、H水系に行ってきたそうで、気になるが・・・。
水量や水質も良い感じだったんだろなぁ?。
やっぱり早く戻ってきて欲しいなぁ?・・・。
今日は朝から天気が良かったが、山菜採りに行く事になっていたので釣りはなしだった。
H水系の上流部にある山へ入山したが、ゴールデンウィーク後なのか殆んど根こそぎ採られていた。
メジャー所は既に無いと判り、マイナー所目指して行ってみたら、さすがに手付かず状態なので
汗だくになりながらも、良いのだけを選んで採取してきた。
途中、良い感じの沢等があって、いかにも岩魚が居そうなポイントを横目に
黙々と山登りをしてきた。
しばらく、食べれる分採ったので、ここで休憩をしようと岩に腰掛けて休んでいると
蛇がとぐろを巻いてこっちを睨んでいた。
何だヤマカガシかと思い気にもとめないでいたら、こっちに向かってきたので
すかさず、その場から離れたのは言うまでもなく
しばらくその蛇がいなくなるのをじっと待った。
しかし蛇は蛇でもマムシじゃなくて良かったなぁ?。
その後下山して車に戻り、喉がカラカラだったので持ってきたポカリスエットを
一気に飲み干しながら、のどかな風景をボーっと眺めていた。
帰宅途中、あっちこっちで見られる釣人がやけに羨ましかったが
今日はこのまま真直ぐ帰ろうと思いながらも後ろ髪引かれる思いで
家路に着いた。
今日は岩手ルアーアングラーズ主催の岩洞湖釣り大会
「第16回 ルアーフィッシングジャンボリーイン岩洞」が開催されたので毎年恒例のイベントなので行く事にした。
もう16回目になるとこの大会も県内の大会では古株になるのだろう。
ここ2日間睡眠不足なので、昨日は一旦帰宅して風呂に入り寝ようと思ったが
そのまま現地入りしようと思い、レスト前に行ってみたら既に30台ほどの車が
あり前夜祭も開催されていた様だったが、おいらは車中にて睡眠をとった。
朝方、Oに叩き起こされ受付を済ませるが、既に開会式は終わっていた様子で
アングラー達はそれぞれのポイントへ向かっていた様だった。
余裕をこいてOに準備された朝食を食べ準備するが、まだ頭がボ?っとしていて
頭が働かないがポイントへ行ってみたらビックリ!
前日のOの情報では聞いていたが、ホントに凄い。
水位が高く、立ち込む場所が全くない状態で、とてもじゃないけど厳しい状況に・・・。

DSC00007.jpg


しかし、今更どうこう言っても始まらないのだが、とりあえずキャストしてみるが反応はない。
昨晩からの雨の影響か、濁りも酷くルアーも見えないし堰堤上からのキャストだったので
何だか防波堤の上での釣りをしている感じだった。
それでも時折見られるワカサギの接岸が救いだったかもしれない。
久しぶりに見るワカサギ達は数十匹の群れをなして泳ぐ姿は何だかとても勇ましく感じられた。
来シーズンまた逢おうなって思ったりしていると、Oが「釣れましたよ?」と
何かをぶら下げて近づいてきた。
良く見ると、それは15cmほどのスモルトで櫻の稚魚だった。
残念、子供じゃなく大人を釣らなきゃねっと言って再びキャスティングに集中するが
全く反応がないので、一旦車に戻りコーヒータイムにして冷えきった体を温め再び戻る。
ミノーで反応がないので、スプーンも使って丹念に探ってみるが無反応・・・。
普段は7cm前後のミノーや10g前後のスプーンを多用する事が多いのだが
去年発売された「Dコン85」を使ってみたら、本日初のチェイスが・・・。
ヒラ打ちさせてトゥイッチさせるが、足元までチェイスしてきてそのまま横へ
誘うが、バイトのタイミングが作れずヒットに持ち込む事が出来ないでしまった。
サイズ的にはあまり大きくなかったが、30台後半位だった。
ここ岩洞のアベレージが30?40cm台なのでアベレージサイズだったのだろう。
それにしても、おそるべしDコンだなぁ?発売当初から50は凄いと思ったけど、
同型の63とDダイレクトも凄すぎ・・・。
次はDダイレクトの85とか出るのかな?
さすが、スミスだな!ちなみにおいらはスミスが大好きだからなぁ?。
その後、永遠とキャストを続けるが結局ノーヒットに終わってしまいタイムアップとなったので
会場に戻り、表彰式となった。

DSC00008.jpg


優勝者は42cmを釣上げた若者で初心者だったみたいで
「まぐれですよ」なんて言っていたが、釣った事より賞品のロッドを貰った事の方が、
とても嬉しそうだった。
2位以下はほとんど同じ位のサイズでどんぐりの背比べだったようだ。
参加賞もあり何が入っているかはお楽しみという事でランダムに配られたが
おいらは忠さんのところの「Partners」のDVDと10gのスプーンと何故か
ドジョウのワームが入っていた。

Oはレジャーシートだった様でガッカリしていた。しかし相変わらずOはくじ運がないよなぁ?。(笑)

そんなこんなで無事に?今年も終える事が出来ました。
Oは岩手ルアーアングラーズ主催の秋に開かれる小本川の大会に出てリベンジですね!
などと言っていたが果たしてどうなる事やら・・・。
今日も昨日に続きH水系に行って来た。

昨日、帰宅後に忠さんから連絡があり、今から行きますと言われて断る理由も無く
風呂に入り3時間ほどの睡眠をとりAM2:00家を出た。
土曜日だというのか、いたるところに釣人の車が停まってるようだ。
とりあえず、忠さんに挨拶を済ませ、いつものポイントへ行ってみた。
幸い先行者も無く、ホッとした所で朝食を済ませ準備をしてキャスト開始。
気温はそんなに低くも無いが水温が9℃で先日より水もクリアな感じで、
水位も今シーズン見る中で一番下がっているようだ。

DSC00005.jpg


これは良い感じだと思い、一人黙々とキャストするが反応はなし。
途中、忠さんが来て状況交換するが、反応は無かったらしい。
合流後、一緒にキャストするが、あまりにも反応が無いのでポイント移動する事にして
少し上流部のマイナーポイントへ行ってみた。
さすが、土曜日だけあって入れ替わり立ち替わりの状態でメジャーどころは立ち込む間も
無い様なので今日は、マイナーポイントを攻めた方が良いのかも?
再び移動しようとしたら、本日初の釣果情報が聞こえてきた。
I君が上流部で出したらしい。
という事はやはりもっと上に移動するべきかな?と思い上流部へ行ってみるが
良い所は既に満員御礼状態だった。
仕方無しに入れそうなところで、キャストしてるとJAMESさんから速報が届いた。
その後、つかボンさんからも同様のメールが届き、やる気満々で挑んだが
反応は無かった・・・。
JAMESさん、つかボンさんの期待には応えられなかったけど情報ありがとうございました。
ここで一旦休憩をして、遅い昼食を軽く済ませ再びポイント移動しながらキャストするが
全く持って反応無し。
途中、あちこちから上がった情報が聞こえてきたが、時間も既にPM4:30を過ぎていた。
途中からの雨と長時間のウェーディングで冷えきった体が、既にギブアップ状態
だったが、帰り際に道路からランディング後の撮影をしている3人組が見えた。
それを見たおいらはもしかしてと思い、再び今朝一番の所に戻りキャストするが
やはり今日もおいらには櫻は微笑んでくれなかった。

そこで今日改めて思った事はやはり、櫻は情報源も大事だなという事が、つくづく感じられた。
という事で携帯は必要不可欠なのかもしれない。
先日、水没させてしまった携帯は防水パックに入れたのは言うまでもない・・・。

DSC00010.jpg

今日はH水系に行ってきた。
出発をいつもより早く、AM2:00に家を出たら狙っていたポイントへAM3:30頃に着いてしまったので
夜が明けるのを車中で待ち、夜明けと共に準備してひたすらキャストするが
今日も全く反応無し・・・。
途中、釣人が来るが、おいらがいる為引き返していく・・・。(笑)
いつものおいらの様で、何だか勝ち誇ったような気がしたが、それは気のせいで
心の中で一人喜んでいたら、櫻は微笑んでくれなかった・・・。(涙)
多分、罰が当ったんだろう!
もっと神聖な気持ちで挑むべきだっただろかなどと思うが、1時間半かけて行くには
リスクがある分、そんな気持ちにもなるのだろう。
永遠と5時間キャストしたが、Yuuさんのメールで何だか心移りしてしまい
支流のO川とY川に行くというので、おいらもロッドを替えて渓流モードになってしまった。
Yuuさん情報では、O川もY川も雪代で濁りが酷く釣りにならないので、上流部へ行くというので
おいらは下流部の支流K川へ行ってみた。
ポイントに着くと同時に、下からルアーマンが釣り上がってきたが、ここで上がるというので
そこから入渓してみた。
水温9℃気温23℃濁り無しのクリア状態で先行者なし?
これで出なかったら、さっきのルアーマンに申し訳ないなと思い、ピンポイントで攻めて行くが
反応が無い。
どうしたのかな?と思いながらも、釣り上がって行くとようやく本日初の魚影を確認できた。
蝦夷に結び替え対岸の枝下に入れてヒラヒラさせたらチェイスしてきたので
ひょいっと反転させた所でヒット?!
サイズ的には20cm位だろうか?生憎デジカメが車の中だったので
戻るのも面倒なのでそのままリリース。
その後、少し釣り上がってみると何だか変なのに気がつき、良く見てみたら
またしても、ガイドが破損してるではないか!
先日直したばかりなのに、また修理か・・・。
仕方ないので、車に戻りスペアのロッドを取りに行くが、これもガイドが欠けている・・・!
メジャー2本が破損状態なので、とりあえず、まだ魂の入ってなかったマイナーロッドを持って
再び同じ場所へ戻ると何だか対岸の方で、ブラブラぶら下がっている物が見えた。
何だろうと近づいてみるとミノーがぶら下がっていた。
秘密兵器を取り出し回収したのは言うまででもない。(笑)
再び釣り上がり、今度はマイミノーに結び替えエグレの部分にキャストして
ヒラ打ちさせたら、チビがチェイスしてきたが戻って行ってしまった。
同じ所をしつこく攻めたら、またしてもチビが・・・。

200605121440.jpg


その後、本命の堰堤下に行き再び同じ様なサイズがヒットした所で本日の釣りは終了!

200605121458.jpg


しかし最近トラブル続きだなぁ?
ゲーターは忘れるし、本流で流されるし、メインロッドは破損するし・・・。ハァ?

何か疫病神でもついてるのかな?
今年は記録的に雪の多い年であったが、それとは逆に今日は真夏並の暑さだった。
岩泉ではあまりの暑さに、海で水遊びするほどの気温だったそうだ。
そんな中、久しぶりに後輩のOとSさんとで、H水系に行く事になった。
まず最初に先日、惜しくもバラシてしまったポイントへ入ってみたが、ノーチェイスだったので、その上の堰堤ポイントへ移動して釣り下ってきたらM君がいた。
色々情報交換して再びポイント移動して、H裏へ行ってみるが、ここもノーチェイス・・・。
日もすっかり上り暑くなってきたので、上着を脱いで車の気温計を見てみると29℃になってる・・・。
再び移動後、同行者と合流する為、二人が居るポイントへ行ってみた。
二人が立ち込んでいる辺りより、50mほど上流へ入渓してみたらいつもより
水位が高かったが、何とかなるだろうと甘くみていたら足を取られ数メートル流されてしまった。
何とか岸に辿り着いたが、まず気になったのが携帯電話だった。
すかさず、バッテリーを抜いて乾かしたが、どうなる事やら・・・。
時間も時間だしということで、昼飯にしようという事で、みんなでカップラタイムにして
その間、ベストやらウェーダーを乾かし、しばし休憩とした。
暑さと満腹感で、やる気も失せてしまったおいら達はロッドを変えて上流部にある
支流のO川へ向かった。
その前にずぶ濡れになったので、Tシャツ、パンツ、インナー、ウェーダーとすべて着替えたが
気になるのは携帯電話だった。
着替えやウェーダーなどの替えはいつも車に積んでいるが、さすがに電話のスペアは無いので気が気ではなかったが、まぁ?帰りにでもドコモに行けば良いかと思い、移動してみるがポイントに着く頃にはそんな事など忘れて、みんなで釣り上がるがノーチェイス(笑)
シェード部分に魚影が見えるが、全く反応がなし。
気温は29℃水温11℃水質もまずまずなのに魚が出てこない?何故だろう?
Oはスプーンも投げていたが、スプーンでも全く駄目らしい。
あ?あ今日は久しぶりに朝から釣りしたのにチビ一匹すら見る事が出来なかった。
まぁ?こんな日も良いだろうという事で今日はお開きになった。
そんな事よりおいらはこのままドコモヘ直行しなければいけなかったので
急いで帰った訳だが、途中、2箇所でネズミ取りがいた・・・。
幸い、反対車線側だったので、そのままスルー出来たがこれからの時期多くなるのだろうなぁ?。
無事にドコモに着くが、すぐには対応できないというので、明日また来ると言い残し
そのまま帰宅して中を開けてみてエアーを吹いたりして乾かし電源を入れてみたら
ナント、復活したではないか!
とりあえず、しばらくこのまま様子を見てみようかな?
無ければ困るし、あっても困る時もある携帯電話だが、現代社会の中でこれだけ
普及してくると必要不可欠な物なのかもしれないな・・・。
防水対策は完璧に・・・。 それよりも無理は禁物かな?(笑)

今日も朝から良い天気。
最近午後出勤だったが、今日は朝から川に行こうと思い、昨日干していたウェーダーを
取りに行ったら・・・。
ゲーターが無い事に気付いた。
色々考えていたら、先日の釣行で川原に置いてきた事に気付き、急遽行ってみた。
車中、多分あるだろうという思いと、もしかして既に無いかもなど自分の中で
良いように勝手に解釈して行ってみたが、やっぱり無かった?(T T)
何であんなに大きなものを忘れるだろう?などと思うかもしれないが
急いでいた為、忘れたのだろう。
そんなこんなで、川に行ったものの何だか釣りする気分じゃなくなってしまったので
そのまま、帰宅した。
あれが無いと膝下のガードが厳しいよな?。
まぁ当分、藪漕ぎなど無茶は控えめにしないと・・・。
今日は午前中、ミノーのウエイト調整していたが、昨晩の雨も上がり天気も良いので
川の様子見に行く事にした。
最近、ご無沙汰?のH水系の支流T川へ行ってみる事にしたが、徹夜明けのダルさから
途中、弁当を買って最近出来た東屋の所で、のんびり昼飯を食べたら何だか眠気が誘い
天気も良いので、ちょっと横になろうと車に戻りシートを倒したら、爆睡してしまったらしい。
ハッと目が覚めたら、既に3時を過ぎていた。
どうやら2時間ほど寝てしまったらしい。
このまま帰るのもなんだからと思い、いつものポイントへ行ってみた。
よし1時間勝負だなと思いウェーダーに着替え、マイミノーをキャストしてみた。
時折、チェイスしてくるのはチビばかり・・・。やっぱり、先日放流されたものなのか?
少し釣り上がると、コンッと小さな当りが・・・。
ヒットしたのは、チビヤマメだった。
同じ様なサイズが3匹程釣れたところで、タイムアップ!
渋滞に巻き込まれないうちに帰らなきゃと思ったが、既に遅かった?。
まぁ?急ぐわけでもないしゆっくり帰ろうと思い家路に着きました。
今日は先日、放流したヤマメに出逢えた事で良しとしよう。
次に逢う時には尺ヤマメになっていて欲しいと切に願う・・・。

200605081535000.jpg

今日は朝から雨模様だったので、先日レンタルしてきた釣りキチ三平を一気に見てたら
気が付くと既に昼も過ぎていた。
カーテンを締めきっていた為、外の様子が良く判らなかったけど
雨も上がり日差しも少しだが出ていたので、ルアーのテストも兼ねて近場のY水系N川へ行ってみた。
水量も濁り具合も良い感じで、さてどこから入ろうかと迷うほど久しぶりのコンディションだった。
連休最後の日もあって、さすがに釣人は少なかった。
中流部の渕とチャラ瀬の連続する部分から入渓してみると、早速、18cm程のヤマメがヒットした。
そのまま釣り上がり、再び同じ位のヤマメがヒットした。
マイミノーの出来は上場という事で、今度はカーブのぶっつけ部分から
20cm程の岩魚がヒットする。
朝の雨と午後からの日差しで、一気に活性が上がってきている様で、ガンガンチェイスもしてくるので、ルアーの操作にも一段と熱が入ってしまった。(笑)
その後車で移動して、少しばかり上流部に入ってみた。
ここはドヨ?ンとした流れで、いかにもヤマメポイントといった所だが
キャスト早々釣れたのは、岩魚だった。(笑)
そのまま釣り上がりアップでボサ下へしつこくキャストしていたら、またまた同じ位の岩魚だった。
あれ?と思いながらも、そのまま釣り上がり落ち込み脇をトレースしたらまずまずのサイズのヤマメがチェイスしてきた。
今日は水がいくらかクリアな為、その一連の動作がはっきりと見える為、ホント楽しい。
ボーダーラインギリの所まで誘い、ヒラ打ちを入れたら「バクッ」と反転した。
うひゃ?と思い寄せてみると、本日最大21cm程の綺麗なヤマメだった。
しか?し残念ながら今日はデジカメを忘れてしまったので、撮影する事が出来ず・・・。
そろそろ、新しいデジカメ欲しいなぁ?。
防水、コンパクト、接写、等々やっぱ新しいのは良いのかな?
昨日の続きで、ひたすらボディの形成をしていた。
何個も何個も削っているうちに、何だか内職でもしている感じになってきたので
同じ事をひたすら続けるのが苦手なおいらは、昼飯ついでに釣具屋へ出かけた。
最近、マイブームのアワビ貼りだが、一通り入荷しているではないか
ピンク、グリーン、ブルー、ブラック、ホワイト・・・色々ありすぎて悩む・・・。
悩んだ結果、結局全色GETしてみた。
何でもそうなのだが、出来た時の喜びより、作る段階での想像するのは
ホント楽しいよなぁ?。
さぁ頑張って作らなきゃなぁと思い、今度はコーティング用のウレタンをと思い見てみるが、
大きいのしか在庫がなかったので、とりあえず断念してきた。
先日買ってきたウレタンは既に使いものにならないし、今まで通りにセルロースオンリーで作るか悩むところだな・・・。
セルロースはセルロースで良いけど、何回もドブ漬けしなきゃいけないし、臭いのが何よりもネックになる。
とてもじゃないけど、狭い部屋のおいらは耐えれない・・・。
何か良い方法は無いかな?ダクトを作ればいいのだろうけど、何分、借屋住まいのおいらじゃ
それも難しいしなぁ?。
今日は子供の日!
おいらも、まだまだお子ちゃまなので、何故か朝からウキウキするが
天気もパッとしないので、今日はおとなしくマイミノーを作る事にした。
とりあえず、最近お気に入りの型のストックが無いので、それを作ろうと思ったのだが
何故か、違うタイプを作ってみたくなり、先に10個削ってみた。
う?ん何だか変?どうしても、自分の気に入ったタイプに似てしまう・・・。(笑)

200605052231000.jpg


まぁ?良いかと思い更に10個削ってみたが、納得がいかないので、そのままゴミ箱へ・・・。
はぁ?時間と材料の無駄だったかなぁと思いながらも、また新たに削り始めたら
やっぱり・・・。
結局、おなじみのタイプに戻して、とりあえず10個削ってみた。

200605052232000.jpg


このタイプは慣れているせいか、スイスイ作業が進むので、ついでと思い20個削ったら
材料が無くなったので、今日はここまでで終了。
久しぶりに、デッピング用のウレタンを開けて見たら・・・。ガ?ン!!!
ウレタンの塊になっていた・・・。(T T)
やっぱり、ウレタンは使う分だけ買った方が良いのかな?
今日は午前中、フリマに行き知人と色々と情報交換を兼ねていろいろ見て回ってが
ほとんどが若いねーちゃんとキッズ物ばかりで、おいらには無用の物ばかりだったので
そのまま家に帰ったが、昨日に引き続き天気も良いので、川に行くことに決めた。
しかし昨日の今日でどこへ行こうか検討したが、多分、どこも同じだろうと思い
とりあえず近場の所に行こうと思い、今日はY水系N川へ行ってきた。
やっぱりと思っていたが、本流との合流地点辺りからあちこちに釣人らしき車が
所々に停めてあったので、そのまま上流部目指してとりあえず入渓してみた。
先日とは打って変わって水量、濁り共々コンディション申し分なしなので
これで釣れなきゃ腕が悪い?と言い訳を考えていたが、
まずは2キャスト目でチビ岩魚がヒットした。

200605041450000.jpg


そのまま釣り上がり今度は27cm程の岩魚がヒットした。

200605041507000.jpg


う?ん幸先良いぞと思い、再び釣り上がって行くと「ゴンッ」と結構良い感じの
当りと共にそのまま横へ走った。
よ?し尺はあるかな?と思ったが、キャッチして測ってみたら泣尺だった。ガクッ・・・。

200605041533000.jpg


でもまぁ?これだけの人込みの中での釣果だから満足、満足!

その後、時計を見たら既に4:00近くになっていたので、5:00までには
帰らなければいけなかったので、本日は終了となった。

さぁ?明日からの週末はどこへ行くか再び悩むところだなぁ?・・・。
既に連休中の人もいると思うけど、今日から休みの人もいるんだろうなぁ
一年で一番多い連休が始まった訳で、どこもかしこも人、人、人だらけ!
道路も込んでるし、行楽地はもちろんだろうし、当然、釣り場も込んでいるだろうと思い
午前中はおとなしく、家で道具などの手入れをして過ごしたが、やっぱり天気も良いので
川に行く事にした。
メジャーどころは、どこも込み合っているだろうと思いマイナーどころに狙いをつけてK水系T川へ行く事にした。
途中、下流部で数人の釣人らしき人に出会うが、目的地は数年前に良い思いをした
上流部のとある所に真直ぐに向かい、ポイント目指してひたすら走って行ったら
既に狙いをつけていた所には、先行者の車が・・・。
やっぱり考える事は同じなのかな?と思い次なるポイントへ行くが、ここもまた先行者がいたので
そのままスルーしてまた別のポイントを目指した。
しかし、良く見てみると川のコンディションがあまり良くない事に気付くが
時間も限られていたので、とりあえず入渓してみるが反応無し・・・。
そのまま釣り上がり、本日初のチェイスが・・・っと思ったが釣れたのはチビ岩魚だった。トホホ・・・。
先日の釣行でマイミノーのリップが折れてしまった為、今日は蝦夷を使っての釣りとなったが
結局はチビ岩魚一匹だけで、終わってしまった。
水量的には問題ないようだったが、毎度おなじみの雪代で濁りもきつくルアーも見えない状態だったのでしょうがないかって言い訳を作るしかないな・・・。(笑)
しかし良く考えてみると最近、何だか釣行と釣果が伴わないような気がするのは気のせいかな?
何だかパッとしないが、もしかしてスランプなのか?明日からまた作戦を考えなければ・・・。
それともゴールデンウィーク中は休みにしようかな?それでも行ってしまう釣師の悲しい性なのだろうけど、まっ釣りが出来るだけでも幸せだな!
よ?し明日からまた釣りまくるぞ?!!!
今日は午前中仕事の為、釣りに行けずモンモンしていたが、午後から時間が空いたので、H水系の様子を見てきた。
水量も大分落ち着き、良い感じの色合いでヨダレ物だったが、とりあえず様子見と思い
本流から支流へ向かって行くと、何やら車が詰まっているではないか。
こんな細い道で何してんだろう?と思い通りすがりに見てみると魚協の人達が、
放流をしているではないか!
とりあえず、車を停めて話を伺うと、「今年は大漁だな」との事だった。
意味が良く判らなかったがしばらく、その様子を見ていたら何だか釣る気が失せてしまった。
おいらもバケツ一杯分を放流させてもらったが、ホントチビなのにしっかりとパーマークが入っているあたりはやっぱ正真正銘のヤマメだった。
大きくなっておいらの竿に掛かってくれよっと心の中でつぶやき、その場で一生懸命泳いでるヤマメにしばらく見とれてしまった。
今日は釣りなんかどうでも良いやと思い、そのまま上流部へ車を走らせていると
お宝発見!
すかさず車を停めてそれを拝借した。
今時期になると山々に出てくる山菜なのだが、どうもあまり好きにはなれないのだが
タラの芽だけは別格なのだ。
まだ一番芽で誰も採っていないようだったので、何だか嬉しくなり釣りの事などすっかり忘れて黙々とタラの芽を採取した。
今日はとりあえず、食べる分だけあれば良いと思い、親玉だけを狙い済まして採ってきた。
しかし明日からまた連休なので根こそぎ取られてしまうんだろうなぁ?等と思ったりもしたが
全部取ってしまっては山の神様の罰が当ると思い両手で納まるほどで車に引き返した。

今日は何だか得した気分だな、山の恵に感謝々です。
200605021827000.jpg

今日は昨夜の雨が上がったので、意を決して駄目元で強行突破してみた。
AM3:30に家を出て途中、スタンドで給油してビックリした!またまた値上げされているではないか・・・。
う?んしばらくは、こんな感じなのかな?
途中、夜明けと共に川の様子が見えてくるが、予測はしていたものの増水と雪代で濁流気味になっていたが、
今更、引き返す訳にもいかず途中、取水されているだろうからなどと、僅かな期待を寄せて現場に着くが案の定、増水気味だった。
何とかウェーディング出来る感じだったが、無理は禁物と思いサイトからのキャスティングを繰り返すも思うようにトレース出来ず諦め半分、期待半分で釣り下っていったら「ゴンッ」っと当りが・・・。
あわせる間もなく、そのまま下流に走られラインが、どんどん出て行って、おいらもそれに合わせて下って行くが、橋の手前で勝負をかけようと思いドラグを締めたら「プツッ」とラインブレイク・・・。(涙)
思わずロッドで水面を叩いたら、橋の上から声がした。
「今のは鱒だなぁ?デカかったぞ」と見知らぬ爺さんに話し掛けられた。
川を上がりその爺さんと、しばし雑談をしていると爺さんが言うには、昔は川が辺り一面、銀色になるほどの遡上があったらしいが、今では河口で網を掛けている為、遡上数もかなり減ったらしい。
そんな昔にロッドを振れたら、こんなおいらにもチャンスはあったかも・・・。
昼も過ぎたので昼食にしようと思い、コンビニに行くが飯を食べると何だか戦意喪失してしまい、今日は帰ろうと思い帰路に着くが、途中で何だかまだ釣り足りなくて、今度はタックルを変えて支流に行ってみた。
何とか釣りになるかな?と思い行ってみるが、やはり日も上がり雪代でドロ濁り状態。
それでも、もしかしたら?という甘い期待にキャストするが応えはなし。
途中、餌釣師に会って話をするが、「今日は魚も休みだべぇ」という答えが返ってきた。

途中既に咲いている桜を尻目に、餌で駄目ならルアーじゃ全く話にならないなと思い撤収する事にした。
余談であるが、東京じゃ今日30度の真夏日だったらしい・・・。
一体どうなってるの?
20060501220421.jpg

インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。