2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
明日は待ちに待った今シーズン初のワカサギ釣りが解禁となる

昨シーズン終えて、首を長くして待っていた人もいる事と思うが、今年新たに新船が追加となり、その勢いも増す事でしょう。

とりあえず、準備はしてみたものの何だか忘れ物をしそうで…

まぁ?タックルと食料があれば何とかなるか

平日解禁となるけど、仕事や都合などで行けないという方も多い事と思うが、ご心配無く

明日はIBCラジオ「朝からRADIO」で岩洞湖ドーム船からの生中継があるのだ。

オンエア8:45頃?

さてはまずは早めに就寝して明日に備える事とします。
スポンサーサイト
ここ数日、暇を見ながら昨シーズンのバックオーダーをこなし、ようやく一段落できた。

今シーズンも何か新たなアイテムを検討中だが、いろいろと思いつくもののなかなか実行には移れずに日にちだけが着々とドーム船解禁へと迫る…。

例年なら穂先などの製作をするのだが、今年は特に釣り方を変えようとも考えていないので、去年作り置きしておいた物を使うとしていたが、手バネ用の穂先が見当たらず…

そこで新たな手元と共に作り直ししようと考えてはいるのだが…

他にもやりたい事は沢山あるけど、う?ん…

もっと早くやらなくてはいけないと判っていても、スイッチが入らないと腰が重くて進まない

ふぅ?
今日は新蕎麦が入ったという事で、ドーム船の様子見を兼ねて岩洞湖へ行ってきた。

しかし、店内は混雑しており忙しいようだったので、日を改めて食べに来ようと思い、ドーム船の様子を見てきた。

先日、聞いた時は丸穴にする予定だった釣穴にも新たな工夫が施されていた。

20071026A.jpg


蓋が四角になり蝶番で取り付けられ開け閉めが出来るようになっていた。

20071026B.jpg


う?ん、これはグッドアイデアだなぁ?

それに加えNEW船は釣穴も32個に増量されていた。

それと今日は「ワカサギ大全?」が出ていたので、とりあえずGET

20071026C.jpg


中でも気になったのが、電動リールの特集かな?

しか?し、電動リール名鑑なのにオイラのBeansが載っていないとは…
そんな事、当たり前か…

気になる人は書店へ
今日はこれから始まるワカサギ釣りの準備の為に仙台まで行く事になり、愛車がないので、レンタカーをチョイスして目的地目指し高速を飛ばした。

天気も良く周りの景色も色付き始める中、2時間ほどで到着して用事を済ませた後に、去年知り合った踊る釣師ことマサさんへ連絡を取りお邪魔する事になった。

まずはお店にて落ち合うも、久しぶりに見るマサさんは元気そうで久しぶりの再会も嘘のようにすぐに話はワカサギ釣りの話へ飛んだ。(笑)

20071025A.jpg


こんなところでゆっくりとといきたいものだなぁ?

20071025B.jpg


話ももそこそこに今度はマサさんの自宅の方へお邪魔したが、さすが本職庭の手入れがきれいに施されているのを感心しながらも、今度はマサさんの基地へと案内された。

20071025D.jpg


ここは大人の遊園地というか隠れ家みたいな感じで、園内には様々なものが見てとれる。

中でも一際目に付いたのは、以前にマサさんから聞いていた手作りの露天

20071025C.jpg


今度こそは是非入りたいものだ…

その他にもカマドやバーべQコーナーや何だか見ているだけでも楽しくなってくる。
う?ん、羨ましいなぁ?

そんな何でも手作りするマサさんが岩洞湖通勤の為に新たなアイテムを紹介してくれた。

その名も「マサ?ズキャンピングスペシャル?」

20071025E.jpg


中古の1BOXを購入して、コツコツと手作りで仕上げたというから
装備もコンロから寝具までフル装備で?30℃まで対応の寝袋まで用意してあるので、まさに岩洞湖仕様なのか?

これで今シーズンはですねぇ?

最近、しばらくおとなしいと思ったら、こんな事してたんですねぇ?
お見事

しかも既に食料まで積んであったのには…

そんな自慢の愛車を見せて頂いた後は、一緒に食事にでも行こうという事になり、お勧めの鰻屋へ

お店の名前は「清川」というところへ案内されたが、近頃じゃ輸入物や養殖物しかお目にかかれなかったが、地元の天然鰻という事で、味もまた格別だった。
20071025F.jpg


基本的に魚類はあまり好まないオイラだが、鰻は別物で大好物なのだ。

いや?ホント美味かった。

その後はマサさんも仕事途中だった事もあり、岩洞湖での再会を約束してお別れとなったが、突然の訪問にも快くお付合い頂き、更にお土産までも頂いてしまい、ホント恐縮してしまいます。

しかし、マサさんの奥様を初めて紹介されたが、気さくで美人さんには二度

う?ん、やっぱりマサさんは奥が深く謎だ…

マサさんと別れた後に何度か岩洞湖へ来てくれた、美人ママのいるお店へ行く事になり、運転手のオイラは言われるままについて行く事になり、しこたま飲んだ○○○ーはヘロヘロになりながらも時間を気にしていたので、辺りが暗くなったを期に一路盛岡へ

無事地元に戻ってきたところで、今度は別のお店へ行き帰宅したのは久しぶりの午前様となってしまった。

今日の本来の目的は何だったんだろうか
去年から電動リールにPEを巻いてみたが、そのPEにもいろいろと種類があるようだ。

PEと一言で言っても以前はワカサギ釣りにPE?と信じられない事だったが、今じゃ当たり前のように製品化もされているからタックルの進化の加速に驚きです。

そんな中でもワカサギ専用PEラインとして発売されているものは限られている。

釣り仲間の○さんが某メーカーのPEを使用していたらしいが、元々がワカサギ専用ではない為に使い勝手は良くないとのことだった。

オイラも少し分けてもらい使ってはみたものの、やはり…


そこで専用のPEラインを買って使ってみたところ、やはり全然違う事に驚いた。

周りでは既に愛用者も多かったが、値段的にどうも踏み切れず躊躇していたが、実際に使ってみて初めて判った。

まずはやはりラインを細く出来るというメリットに惹かれて使ってみようと思い、0.15を試してみたけど、細すぎで逆に使いづらく感じられ、今度は0.4号を使ってみた。

するとその感度がダイレクトに伝わる事に再び惹かれてしまった。

欲を言えば、もう一声と思っていたところに今シーズン発売される規格に0.3号と0.2号が追加された。

その名もワカサギ専用PE「感度得」

20071021G.jpg

う?ん、釣人の心を理解してますねぇ

今回は0.3号をセレクトしましたが、0.2号も気になるなぁ?
仕掛けと一言に言っても様々あるけれど、その仕掛けをどの様にして釣場へ持っていくかが、悩みの種だった。

欲張りなオイラは一通り持ち合わせていないと心配なので、お気に入りは殆んどだけれど、仕掛けだけでもスペアもあわせると20?30枚ほどにはなるだろうか?

それらをタックルケースにそのまま入れていたが、近頃はそのタックルケースすら持ち合わせていないので、輪ゴムでまとめてポケットへ入れていた。

何でも形から入るオイラはビジュアル的にも輪ゴムじゃちょっとなぁ?という事から、このようなカッコイイ収納ケースを入手した。

20071021H.jpg


カラーは画像の3色 プライスは疾風早掛け仕掛けの2個分です。

本来はリーダーワレットというだけあってリーダーを収納する物なのだが、これがワカサギ釣りの仕掛けが丁度収まる訳なのだが、使い勝手もスナップボタンでパチンッと留めれて、見た目にもなんか仕掛けその物にも高級感が出てくる感じになる。

ビジュアルに拘る方ホントお勧めです


気になる方は売り切れ前に釣具屋へ
昨日に引き続き今日は仕掛けを紹介します。

仕掛けと一言で言っても様々あるけれど、その仕様といったらどれを使えば良いのかさえ判らなくなるほど多種多様である。

よくご当地仕掛けなどを見かけるが、殆んどが偏った物が多く、中には「こんなのここじゃ使えねぇ?よ」とか「こんなのどこで使うの?」などといった物まで、釣場や釣り方によって違うように所変わればタックルも変わるといった感じで面白いものである。

そんな訳でワカサギ釣りの仕掛けといえば、複数の針が付いたものが一般的だけど、大きく分けて狐針と袖針が代表されるだろう。
ここでも好みやその時の釣り方などで使い分けたりする釣人も居るだろうけど、どっちが優れているとかという問題よりも結局のところは釣人個人の好みの問題だろう。

よく耳にするのが「袖針はバレにくい」とか「狐針はフッキングがいい」などという事を昔から聞いてはいたが、針形状からも考えてみても確かに一理あるという事は理解できるが、果たして本当にそれら全てが当てはまるのか?といえばそうでもないという事が経験上多々ありうるので、未だその答えは矛盾状態だ。

そんな中、昨シーズン「細地袖かねり」と「新秋田狐かねり」という新たな形状の針の出現に「どんなものか?」という興味心で使ってみたところ「なんじゃこれ?」というほど正直驚いた。

かねり針の理論は「わかさぎ」を見ていただければ判るように、何故?今まで誰も気がつかなかったのか?と思うほど論理的である。

20071021B.jpg


20071021C.jpg


なんでもワカサギ釣り専用で開発されたそうで、刃物で有名なのなんたらかんたらとかで、とにかく素晴らしいの一言に尽きる。
今まで他の釣りの針を流用したものしかなかっただけに、大げさかもしれないがワカサギ釣りに革命が起きたといっても過言ではないだろう。

針自体もそうだったが、幹糸の新素材にもカルチャーショックを受けた…。

う?んこりゃ本気だぞ?と思い、昨シーズンは馬鹿の一つ覚えでそればかりを使ったが、これに勝るものは未だないと絶賛している。

昨シーズンはどこの釣具屋さんも品切れ状態だったほどの人気ぶりからも、その信頼度や使いやすさは太鼓判だろう。

そんなお気に入りの仕掛けに新たにラインナップ追加「PRO SELECTION」に「激渋用」というものが発売された。

20071021D.jpg


新秋田狐、細地袖共に1号が追加された。
そこで目をひくのは留光玉がないのがすぐに見てとれた。
これも好みの問題であった方が良いという人もいれば、ない方が良いという人もいるようだが、実際フィールドでテストした結果が形となって現れている事からも、「居るけど食わない状態」には効果絶大だと思う。

難しい事は良く判らないけど、とにかく早くこれを試してみたい
ただ難点は1号サイズの針にサシをつけるのが大変だけど…

それでも激渋を攻略できるなら大したことはないだろう

気になる方はお試しあれ




ここ数日寒さも増してきたが、先日、薮川では氷点下になったとかで、季節も秋から冬へと移り行く中、一人ワカサギタックルをいじりながら気分はワカサギ釣りへ既に行っている。

それも今シーズン発売されるNEWアイテムの入手が拍車を掛けるように、オイラのテンションも

そこで今日はNEWアイテムを紹介します。

その名もズバリ「四面オモリ」

新ハリス止め仕様で仕掛けが直結可能で、置いても転がらないように設計されている。

仕掛けや底針との連結にスナップやヨリ戻しなどで連結するが、その僅かな重さで変わる事もある為ライン同士直結したりしていたが、これなら殆んど変わらず使用できるし、付けるのも取るのも簡単だ。

ものぐさなオイラにはピッタリです。(笑)

20071021A.jpg


釣人個々に釣り方や誘いが違うように、当然タックルも違うだろうし、ワカサギ釣りで重要な役割を果たす穂先は当然、好みの分かれるところである。

基本的に穂先にあわせたオモリをセレクトする釣人が多いと思われる中、このような細かな規格があるのは選択肢が増えて嬉しいだろう。

去年まで発売されていた規格のサイズに加わり2M、ML、L、LLとラインナップに追加され、最軽量の1g?3gまでとその規格にも拘りがあり0.25刻みであるのも、ありがたい事だ。

穂先の感度もそうだが、誘いの幅や手返しなどを考えてもいろんなメリットがあるだろうし、釣りの幅も広がる事間違いなし

気になる人は是非お試しあれ





今日は岩洞湖へ新船の偵察も兼ねて行って来た。
屋根も出来上がり、後は釣り穴を開ければ出来上がりのようで、来月1日のから活躍するだろう。
20071017B.jpg

以前のものと比べても手すりが付いていて外周も歩き易いようだし、仕上がりも良い感じ

20071017A.jpg

平日なのに人でも多く、を兼ねてレストハウスに立ち寄ってみるが、次から次へとお客さんも絶えず訪れている中、お勧めの天ぷら蕎麦を頂いたが、その天ぷら蕎麦もバージョンUPしてエビが入っており、より一層味に深みが出ており美味しかった
レストハウスにお立ち寄りの際にはご賞味ください。

20071017D.jpg


それと来月から運営されるドーム船でもレストハウスの食事が頂ける事となった。

つまりドーム船まで出前が可能となったのだぁ?

など電話一本で

これも携帯が通じるようになったお陰かな?(笑)

ちなみにドコモはワラビ平駐車場付近?家族旅行村周辺までカバー出来ているようです。

小石川周辺は無理でした…。

先日、試して見ましたが国道沿い?家族旅行村までの道路がOKなので、氷上も大丈夫だと思います。
(今時期湖面ではテストできませんので…)

ちなみに今日はも良く湖面に映るも綺麗でした。

20071017C.jpg


それと昨日ゾロ目の方へのプレゼント企画致しましたが、何とも残念な事に、たまたま自分で見開いたら77777を自分で引いてしまった…

期待させてしまいホントスイマセンでした。

20071017E.jpg


今度また何か考えますので、また宜しくお願いします。

それと当ブログへ「ワカサギマスターの本山さん」からコメント頂いたので、紹介したいと思います。

【The ワカサギ Ver02】DVD編集スタジオにせまり!スクープ!

いよいよワカサギDVDも第二弾!Ver01より、更に進化した、水中画像がテンコ盛り!リリース近し!!

気になる方はチェックしましょう

一部動画も紹介されておりますので、気になる方はアクセスしてみて下さい。

http://ameblo.jp/wakasagi-mount/

もちろん岩洞湖も収録されておりますよ?

正式な発売などは後程紹介されると思いますので乞うご期待ください。
(様々なヒントが隠されている事と思いますのでワカサギ釣りファン必見です。)






今日は日頃お世話になっているモーリスさんからの「ラインとオモリの関係」についてのアドバイスがありましたので、それをそのまま紹介したいと思います。

VARIVASワカサギ開発企画部より

お題「ラインとオモリの関係」

屋形船の様な流れが有るワカサギ釣りの時には、イエロー06号に2M(2.25)が、わかさぎPE感度得0・125号にオモリS(1.5)よりアタリも出るし釣果もアップ!!イエローはバランスが重い分手返しが早くなります
PEは、比重が超軽くて流れに乗りやすくラインがフケ気味で、
アタリが出にくい、しかしイエローの場合比重なナイロン平均比重
1.14に対し若干重いタイプに為っている事から、流れに負けない重さになっている為糸ふけがでにくい・・・・
伸び率は、06号が太い分率が少ないためアタリが増します。
ちなみにワカサギREDはイエローより若干軽い為、流れの
緩い時に威力を発揮してイエローとREDの使い分けをお勧め致します。

しかし、流れが止まった状態になるとPEのタテ釣りが有効になりますPEの比重は各号数皆同じなので、各号数深さによってオモリとのバランスを取りながら釣りをされた方が宜しいです。
結論は、重いラインど重いオモリ、軽いラインと軽いオモリを組み合わせてのバランスが重要ですね?。
と・・・なるとロットも・・・バランスですかねー?(笑)

余談になりますが
VARIVASの仕掛けは、・・・・・溜光玉あり・無しの仕掛けを
二連結で試しました。※ちなみに添付した魚探画像の時に試しました。
結論は、朝まずめ・くもりの時は溜光玉が有効
光が入るとワカサギは底にへばり付き渋モードで
無しの方にワカサギは付いてきました
先ず、流れのある時は、VARIVAS疾風の仕掛けでフカセ気味に
釣り、流れが止まったら、プロセレクション、で渋ったら・・・・・・・・
激渋に変えて、スレたら・・・・・VARIVASフカセ仕掛けに交換する
流れ出したら疾風に戻すのがお勧めパターンですねー!!
ワカサギ釣りが忙しくなるかと思いますが!!!
これも一つの楽しみですかねー(笑)


皆さんが思う細いから抵抗が無い!!!と思っているユーザー
さんが多いと思いますが?参考になりましたか?

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


さぁ?皆さん参考になりましたか?何の釣りでもいえる事と思いますが、結局オールマイティに使えるものはないという事ですねぇ 釣果UPのコツはライン、仕掛け、オモリ(もちろん穂先もですが…)これらのタックルを使い分けるという事がキーワードのようです。 年々進化して繊細な釣りを強いられてきますが、その点はご心配無く!VARIVAS社からラインの幅も増えましたし、NEW仕掛けも続々発売されますし、オモリも0.25g刻みで各種取り揃えておりますので、自分好みの釣り方に合わせてセレクトして釣果UPに挑んでみてください。これからもいろんな情報やアドバイスなどがありましたら紹介していきますので、宜しくお願いします。





PS:アクセスカウンターがもう時期77777になりますが、これも皆様のお陰です。


そこで僅かながらのお礼も兼ねて見事ゾロ目をGETした方は証拠画像をUPして自己申告してください。

は何になるかはお楽しみです。
近頃、自分の中で健康ブームなのか?いろんな食材に拘るようになってきたら、やたらと今まで食べていたジャンクフードの類がいかに身体に悪いかという事がわかり始めて、今更どうあがいても遅いわけだが、それでも薦められるままに胡麻油を頂いてみた。

たかが胡麻油と言えど、そこは拘りの一品で手間隙掛けたその品は確かに他の物とは比べ物にならないほどの味と香りに驚いた。

胡麻油も素晴らしいが、練り胡麻、すり胡麻と来て「ごまらあ油」がこれまたお勧めである。

ただ単に辛いだけではなく、香り、コク、旨味が全て凝縮され、その一滴だけでもスパイシーな美味さに食も進むだろう。
20071014A.jpg

20071014B.jpg

20071014C.jpg


たかが胡麻されど胡麻と言えども胡麻って奥が深いなぁ?

そんなお店の紹介
「山田製油」
HP http:www.henko.co.jp/

今日は我家へ釣り仲間のKazuたかしさんが遊びに来て、渓流の話やこれからシーズンINする公魚談議をした後、雫石方面へ…

まずは、しゃちょさんの所へ案内して訪問するが、生憎この時期忙しいようで留守だったが、モカママとが出迎えてくれ、しばし世間話になりまでご馳走になってしまった。

その後、隊長の所でも兼ねてしばしお邪魔するも、昼時で忙しそうだったが、手が空くのを待つかのようについつい長居してしまったが、客足もひいた頃には公魚談義となる…(笑)

その後Kazuたかしさんとは別れて帰宅後Yuuさんとも久しぶりに会うことになり、某駐車場で車中日が落ちるまで雑談して家路に着いた。

何だかもう公魚仲間と会うようになると、今年もが近づいてきた事を告げているかのような一日だった。

とりあえずドーム船が楽しみな今日この頃である

夕方家人を迎えに行った帰り道に以前から気になっていたお店に立ち寄ってみる事に…


その名も「まめキッチン」
20071011A.jpg

外観もお洒落なカフェ飯屋風でいい感じ
20071011B.jpg

店内に入るやいざ「撮影OKですか?」と図々しくも聞くが、気さくな店主は「良いですよ」という事で店内の様子をカメラに収めた。
20071011C.jpg

まず一番最初に目に付いたショーケースに並んだ数々の料理に目を奪われてしまった。
どれもこれも美味そうなのだが、まずは一押しのメンチカツとエビコロッケを注文するも秋刀魚のマリネも捨てがたく、季節限定のカボチャプリンも頂いた。
そんなに頼んで大丈夫?という心配はご無用で、お持ち帰りもできるというので、全部GETしてお持ち帰りにした。
店内は10席ほどのスペースがあり、もちろん店内でのもOK
20071011D.jpg

その後は早々と家に帰り今晩の夕食のおかずとなったが、肝心のお味はというと、下手なデパ地下の惣菜屋なんかよりも格段に美味かった。
特にお勧めだけあってメンチカツは最高でした
20071011E.jpg


気になる方は
「まめキッチン」
盛岡市紺屋町3?7 TEL019?625?0534
11:30?19:00
日曜・祝祭日定休

HPにて本日のメニューが見れます。
http://www.geocities.jp/mamekitchen/
今シーズン各メーカーから様々なアイテムが発売される中、もっとも気になっていたラインを紹介しよう!
近頃じゃワカサギ専用ラインもPEやフロロカーボンなどといった素材も号数も増えてユーザー側としては嬉しい事だけれど、初心者や初めてやる人には何がどうなのか?さっぱり分らないだろう…
そんなワカサギ釣りのライン一つとってもセレクトに悩めるという、昔じゃ考えられなかっただけに嬉しい事ではあるが、そんなワカサギ釣りも近頃じゃ繊細な釣りになってきて、そのタックルにも事細かに選別されているというから、メーカー側もその対策に迫られているのかもしれない…
それに電動リールも次から次へと出てくるし、手動リールも使いたいし、電動も使いたいという欲張りな人にはこんな物が出てきた。

VARIVASから発売される「わかさぎ専用ライン電動リール対応モデルVEP」
プライス 50m巻 1,200円と手が出しやすい価格
20071009H.jpg

商品の説明はあえてしませんが、気になる人はモーリスWEBサイトへ
http://www.varivas.co.jp/morris/01_openning/open.html

企画サイズは0.4、0.5、0.6号
カラーイエロー

先シーズンプロトラインを電動リールで実際に試してみたところ、巻くせも少なく、伸びも少ないし、ラインに張りがあるために感度も良いと思う。
ワカサギ釣りは感度が命と言っても過言ではないように、そのアタリをいかに取るかで、釣果に左右されてくるので仕掛けも大事だが、オイラはラインに拘りを持っている。
よくシーズン中は巻きっぱなしにしている人も時折見かけるが、他の釣りと同様にラインもへたってくるだろうし、何度も使っているうちにキズもつくだろうからシーズン中は何度か巻替えもするが、PEなんかだと、その予算も馬鹿にならないが、これだったらOKだろう。
例えばオイラのように電動リールにPEラインを使いたいけど値段が…かといってフロロじゃちょっとなぁ?と思う人に最適だと思います。
もちろん手動リールでも試してみたけど、電動リール同様使い心地は最高でした。
視認性も蛍光系のイエローなので問題なし!

来シーズンはこれで間違いなし



今日は天気も良く秋晴れの中、昨日開通された早坂トンネルを通って道の駅まで行ってみる事に…
20071009A.jpg

「三田貝分校道の駅」
20071009B.jpg

どんぐりラーメン
20071009C.jpg

昨日オープンというだけあって人手は多かったが、肝心の野菜や果物は何も無し…
しょうがないので、山葡萄ジュースとゼリーをGET!
20071009I.jpg

という事でその後、岩洞湖へ…

家族旅行村の白樺並木
20071009D.jpg

対岸も秋色
20071009E.jpg

新船のその後の経過
20071009F.jpg

桟橋もこんな感じに出来てきた
20071009G.jpg


先日行った時に工事が入っていたけど、その工事もまだ終わっていないようで、減水のままだったので、来月の頭にはドーム船が解禁になるかが心配だ…






今日、偶然にも某中古品店にて良い物を見つけた。
以前から気になっていた背負子なのだが、値段もゲロ安の価格に思わずGET!
時折、釣具店などで見かけてはいたが、どうもその仕様に納得できずに躊躇してたが、これは収納もフレームも良い感じ
さてこれで軽量化に一歩近づいたかな?20071008A.jpg

今朝、我家で事件が…
鳴るはずのないが…

それもそのはず我家は圏外だった…

しかし、先日ようやく待ちに待ったアンテナも建ち、本日試験的だろうが、が開通となったようだ。

ってここ一応盛岡市なんだけどなぁ?

引越して既に半年経ったが、今まで外に出ない事には使えなかったので、いつも車にほったらかしにしていたが、今日からはも家の中へ持っていくようになった。

ここ半年間は殆んど使わなかったので、別に無ければ無いでも生活に支障は無いという事が証明された?が、あればあったでまた使うんだろうなぁ?
まずはあまり使わなかったのでプランを変更したが、また変更しなければ…
渓流シーズンも終わり、シーズンお世話になったタックルの手入れやウェーダー&ベストを洗濯しながら、それと引き換えるようにワカサギのタックルを出してみた。
今シーズンの課題は何かあるだろうか?と一際考えてみたところズバリ「装備の軽量化」という事に設定してみようと思う。
ワカサギ釣りといえば、釣りそのものも本来の目的であるのだが、それに対してサブ的な課題もある訳で、オイラの場合は「快適に楽しく釣る」という本来の目的ともかけ離れる部分もあるのだが、それもワカサギ釣りの楽しみでもあるだろう。
お酒を飲まないオイラはアルコールを楽しむといった事はないけど、それでも食事などに関するものは、今まで定番のカップラーメン&オニギリといった簡素なものだったが、折角バーナーやコッヘルといったアイテムがあるのだから、もう少し何か芸はないものかと考えた。
まぁ?それは今後の課題としても、それらを含む全ての道具達をどうコンパクトにしてまとめるかが問題となってくるだろう。
必需品のテント&ドリルは必ずしも外す事は出来ないだろうから、それ以外の物をどうまとめれるかが問題点となってくる。
今まではジャンボスレーにお世話になっていたが、そろそろ背負子もアリかと考えている。
その為にもまずは軽量化を図りたいところなので、12月に発売されるテントを紹介したいと思う。
VARIVAS社から発売される氷上テント その名もペンタゴン数量限定生産
20071004A.jpg

20071004B.jpg

連結部分は付属のシートをファスナーで簡単に連結できる。
20071004C.jpg

両方の入り口どちらでも連結可能
20071004D.jpg

内部の風景
20071004E.jpg

これで仲間とも連結でき楽しい釣行間違いなし
ちなみに 定価29,000円 
県内取扱店はオイラも行きつけの上州屋都南店、北上店のみになります。

欲しい人は数量限定ですのでお早めに




インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。