2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
6月も今日で最後になりました。

明日からは県内河川一部で、鮎釣りの解禁となりますね。

そんな事から夕方時間が出来たので、ちょい出し釣りに出かけてみました。

前日の雨の影響は殆んどなく、相変わらず渇水気味でしたが、所々にフライマンが見受けられました。

日暮れも迫る中あまり時間もないので、比較的水深がある場所を選びポイントへ直行して、急いで身支度を済ませ入渓しました。

流れからの反応はなく、堰堤付近の際には尺岩魚が数匹見えるのですが、遡上に夢中なのか?ルアーには見向きもせず…

ようやく落ち込みの白泡の中からチビ岩魚がチェイスしてきて、ピックアップ寸前でヒット!

20080630A.jpg


その後は時間もせまりタイムアップでした。

明日からはまた厳しい状況が続くのだろうか?

そろそろまとまった雨が欲しい頃です…。
スポンサーサイト
早朝釣りに出かけられないので、日もすっかり昇りかけた正午に涼しさを求め川へ行ってきました。

途中の気温計も27℃と暑いくらいでしたが、時折吹く風が心地よく、新緑の中を釣上がる事にしました。

入渓後、しばらく行くと大場所が現れましたが、渇水気味で流れもほぼ死んでましたが、シェード下からチェイスが見えた数秒後にヒット!
ロッドに伝わるパワーからも良いサイズ?と思うも、途中で何かが違う事に気付きます。

20080626B.jpg


残念ながら外道でした…

20080626A.jpg


その後、移動して別のポイントへ入り一区間ほど釣上がりましたが、チビのワンチェイスのみで他は反応がありません…

ここでタイムアップでしたが、もう一箇所と思い、魚が溜まっていそうな大場所へ行ってみると案の定堰堤下に沢山の魚影が見えました。

しかし、見える魚は釣れないとよく言いますが、それを喰わせるには?どうしたら良いものか?と思いながらも往生際の悪いオイラはスピナーを取り出し堰堤下をフォールさせてみたら、即バイト!

20080626C.jpg


続けてチビでした…

20080626E.jpg


堰堤を乗り越えようとする魚を見ながらもここで納竿としました。

魚は上流の方へ移動しているんだなぁ?と思いながらも家路につく事に…。
遠足のお弁当や川原で食べる食事というのは何故か?美味しく感じられますよね?

それが質素なおにぎりであっても美味しいのだから不思議なものです。

もっとも定番のBBQなどは仲間や家族でワイワイ食べると格別です。

そんな我家では焼肉といえば外食なのですが、折角このような環境下に住んでいるので、わざわざ川原やキャンプ場などといった場所に行かなくても良いというメリットを生かし庭でのランチとなりました。

20080625A.jpg


以前は密集地に住んでいた為に、この様な事は間違っても出来なかったけど、ここへ引越ししてからは様々な自然体験が出来る事に感謝です。

裏山で山菜採りも出来るし、家庭菜園も出来るし、今まであれもこれもやりたいっと思っていた事が実現できて楽しい毎日です。

これで目の前が川だったらいう事なしなのですが…

まぁ?そりゃ?贅沢ってもんでしょうねぇ?(笑)

本当はタープを張って夕飯もと思いましたが、面倒なので挫折しました…。

幸い庭が猫の額ほどではありますが、常設タープを設置出来るスペースがあるので、いつでも食事やコーヒーなどが飲めるスペースを作ろうかと思案中です。

たかが外での飲食といえど、大人のママゴトみたいで楽しいものです。
先日、東北も梅雨入りしたとかで、早いもので6月も終盤に向かっている今日この頃ですが、今朝から天気もよく、ここらで一雨欲しいなぁ?と考えながらも、用事を済ませた後に川へ向かいました。

途中Yuuさんへメールを入れて合流した後、一区間を釣上がる事に…。

20080621A.jpg


大場所からの反応はなかったけど、荒瀬の中のちょっとしたポイントから、まずはチビヤマメがヒットです。

続いて少し行った所でチビ岩魚と魚影はあるものの、近頃釣れてくるチビサイズにちょっとガッカリ…。

20080621B.jpg


竿抜けポイントまで途中も何度かチビのチェイスはあったもののバイトには到らず、すぐにUターンする様子からも厳しいと思われ、次なるポイントへ移動しました。

どこへ入ろうか?と考えましたが、先発隊のYuuさんはロングコースにて釣果を得て既に満足という事でしたので、Yuuさんが入っていないポイントへ行ってみる事にしました。

ここはいつも先行者が居るので、居ない事を祈りながらも入渓ポイントまで行って見ましたが、幸い?誰も居ない事に「ラッキー」と思うも、かなりの渇水気味でした。

正午も過ぎてお天道様もカンカン照りで、体中から汗が吹き出てくるほどの暑さに参りながらも、キャストを繰り返しますが、反応無し…。

その後は竿抜けポイントにて川から上がり納竿となりました。

帰り際に道路沿いの気温計を見てみると31度… どうりで暑いわけだ…。

途中、アイスでクールダウンと思うも、食べている矢先から融けてくる様子にも、今日の暑さがよく判りました。

何だか夏の釣りになってきたようで…。

今日は久々に家族+2匹で出かけることに…。

とりあえず、南下して東へ…。

途中の産直などを覗きながら、川原で愛犬を遊ばせ皆満足?したところで、オイラの目論見が果たせる事に?

行きつけの釣具店にて情報収集してみるが、「支流は渇水気味で釣りにならないですよ?」という事でしたが、「隣の芝は青く見えるわけで…」という期待に「本流なら何か出るかも?」という言葉を信じて店内の様子をサラリと見てみるが、相変わらず品揃え豊富な他に各種のストックも行き届いている。
さすが、店主&看板娘?の心意気が伺える。

しばし雑談した後に店を出て川へ向かうはずだったが、案内板に気付いた彼女が… 「ここ行った事ある?」という言葉に「無いけど」などと会話を交わしながらも案内板の向くままに向かってました。

それもそのはず、先日見た「カッパのクゥ?」とかいうアニメの中に、この場所が出ていた事が原因なのだろうか?ならばどんなところか見ておきたいという事になり、とりあえず行ってみました。

20080619A.jpg


ここは釣り禁止です… ってする訳ないかっ…(爆)
でも凄く水は澄んでいました。

20080619B.jpg


祠がありました。

20080619C.jpg


何かご利益あるといいのだが… 下心ある奴にゃ?無理か! (笑)

20080619D.jpg


その後はメインイベント?という事で気になる川へ…

20080619E.jpg


砂防ダム下流だけあって底質は砂が殆んどでしたが、水はクリアウォーター!
しかし、魚影なし…(涙)

本流に戻り、支流との合流点にて2投目ヒット!と思いきやジャンプ一発で速攻バレてしまいました。

支流を少し釣上がって行くと、「ガ?ン」またして工事が入ってる事にショックでした…。

工事部分をとばして上流部へ移動していくと悲しい事が…

子猫が路肩で何かをしているのに気付き車をバックさせてみると…

兄弟と思われる1匹が車に跳ねられ死んでいるのに、もう一匹の子猫がその子の身体を一生懸命に舐めている様子に「多分、死んでいるのに気付いていないのかな?」と、けなげな子猫を気の毒に思うも、どうする事も出来ないのでその場をやり過ごしながらも釣場へ向かいました。

気を取り直しポイントへ到着後、ワンチェイス確認のみで、その後が続きません…

20080619F.jpg


しばらく行くと堰堤落ち込みから良型の岩魚らしき魚影にミノーを送り込みますが、見切られたかのように反応しませんでした。

20080619G.jpg


ミノーからスピナーへチェンジしてフォールさせていたところにヒットしましたが、すぐにバレてしまい、その後はチビが追ってくるだけで不発に終わりました…。

そんなこんなで日も暮れてしまい「今日はトンカツにしよ」という彼女の言葉に納竿して雨の降る中家路につきました。

帰り道、「あの子猫まだ居るかなぁ?」という彼女の言葉に再び胸を締め付けられる思いで、その場を通り過ぎたが、すでに姿は跡形もなく消えていました…。

これも自然のサイクルというのだろうか…?

先日の地震から毎日のように余震が続いている中、「しばらくは川に行かないように」と家人に告げられていたのですが、夕方、愛犬を川原で遊ばせる事を口実に久しぶりに川へ行ってみました。

ここのところ雨らしい雨も全く降っていないせいか?かなりの渇水気味に困惑させられるが、支流を拠点に見て歩く事に…。

ノーリードで気ままにはしゃいでいる愛犬の様子を見ながらも、偏光越しに魚が見えるので気が気ではなかったが、まずは本来の目的?を済ませようと、30分も遊ばせてやるが、いっこうに帰ろうとはせず、どんどん先に進んでいく…。

まぁ?しょうがないかと思いながらも、時計の針は既に6:00…。

それでもここ最近は日も長くなり、まだ明るいのが幸いか?急いでウェーダーに着替えロッドを握り締め川原へ降り立ってみました。

いつもなら水量もそこそこあり、小さいながらもポイントが点在するはずの川も、今日はチョロチョロと流れる水には勢いも無く、水深20cmほどの流れにキャストするも虚しくノーチェイスです。

少し釣上がり小堰堤の落ち込み脇からようやく岩魚が出てくれました。

20080618A.jpg


魚影があった事に気を良くして突き進むも、その後は反応はなし…。

僅か30分程の釣りで家路につく事に…。



今朝はゆっくりと朝食を頂き、その後川へ出かけようと身支度をしていたら「グラグラ」揺れている…。

瞬時に地震だろうという事がわかったのですが、すぐに収まるだろうと思い干していたウェーダーを取りに外へ出ても、収まるどころか強い揺れで、思わず家の中へ舞い戻った。

幸いテレビの上に置いてあったヌイグルミが落ちた位で、他は大丈夫のようだったので、テレビの速報に目を向けると県南は震度6強という事からも、その凄さが伝わってきた。

「こりゃ今日は釣りにならないと」と判断し、おとなしくリビングでテレビを見ていたら、その後の調査でかなりの被害が出た模様に、安否が気になるところです。

そういえば県南と言えばKazuたかしさん大丈夫だろうか?と思うも何故か連絡が取れず?多分、回線がパンク寸前になったに違いないだろうか?

時間が経つにつれ報道ニュースからは、被害の拡大と死者、行方不明者、負傷者と悲しみのニュースばかりが飛び込んでくる…。

そんな訳で今日は釣りはなしで、おとなしく家に居たけど、余震が何度もやってきます…。
今朝は久しぶりにS水系に行ってきました。

あまり時間もないのでポイントを拾い釣りして歩く事にして、気になる場所へ…。

「まぁ?水はないだろう」と予測はしてましたが、案の定減水気味です。

上流に釣人らしき姿が見えたので、ダウンで釣り下りチビ岩魚がヒットしました。

更にそのまま釣り下りますが、お目当てのポイントは反応無し…。

そこでUターンして再びキャストしながらも車に戻り次のポイントへ移動です。

駐車スペースに4台ほどの車があり「あちゃぁ?」と思いUターンしようと思ったら、工事の車両のようで釣人ではないと判り、再び戻り入渓しました。

20080613A.jpg


少し釣上がって行くと先行者が…(汗) 「あぁ?狙っていた場所なのになぁ?」と思うも、手招きしてどうぞと言わんばかりに譲ってくれているしぐさに、下に行くからというジェスチャーで返し釣下りました。

水が少ないので、ポイントを絞るには楽なのですが、着き場が限られるのと、ピンポイントで釣らなければ難しいだろうと思い、アピール力の強いマイミノーをボサ際へトレースしていたら「ギラッ」と反応したのですが、バイトせず…。

ドキドキしながらも「多分、岩魚だろうなぁ?」と思い、再びダウンクロスで引いてきたところで、ヒット!

ロッドからも伝わる感触からも「おっ!良いサイズかな?」とそのやり取りを楽しみながらも、流芯を横切らせ寄せてみるとやはり岩魚でした。

そのまま移動しながらネットを取り出しましたが、ここで事件が…。

数年前からインスタネットを使っているのですが、様々な理由からネット部分をリリースネットに替えていたのですが、これが仇となってしまい流れで抵抗が出てしまい思うようにすくえず、もたもたしていたらフックアウト…。(涙)

「あぁ?良いサイズだったのになぁ?」と思うも後の祭りです。

その状況を見ていたのか?先ほど上流で釣っていた餌釣師が下ってきて「糸切られたのかぁ?」という言葉に「いや取り逃がしました」と何故か恥ずかしくなってしまいました。

「いやぁ?良いサイズだったでしょ」という言葉に「そうでもないですよ」と強がってみせ、その場を立ち去り家路に着きました。

「ふぅ?参ったなぁ?見られていたとは…」
今シーズン、他の河川を釣り歩いていないので、様子見も兼ねて午後から行ってみました。

さてどこへ行こうか?車を走らせ悩みますが、とりあえず国道を北上したところで、M水系に決めて下流部から偵察する事にしました。

合流点下流付近は小砂利と砂で埋もれてしまい、懐が消えてしまったようです。

そのまま橋付近まで釣上がってはみるものの、魚影はなしでした。

遡上しながら釣上がって行きますが、確認できたのは鮎だけで肝心の鱒族は見当たらず…。

大場所を越えてテトラ付近まで来たところで、ようやくヒット!と思いきや外道ウ○イでした…。

20080612A.jpg


水位も低かったけど、水温を測定してみると17.8℃…。

さすがに参りましておとなしく帰宅致しました。(爆)
今でこそスペアスプールが標準装備のリールも珍しくはないけど、昔はスペアスプールが付いてくるとお徳感があった様な気がします。

ちなみにこちらが、純正品です。

20080611C.jpg


以前使っていたステラの替スプールなんかベーシックモデルのリールが買えてお釣りが来るほどの値段にビックリでした。

それでも釣行時なんかにライントラブルなどで替えがあると安心ですよね?

今でこそ高級機種とは無縁なオイラですが、そんなオイラにも贅沢があるのです。

愛機カーディナルの替スプールです。しかもアルミ製なのです。

なんだアルミかぁ?と思うなかれ!今でこそアルミスプールどころかジュラルミンとかのスプールもありますが、標準装備のプラ製のスプールに比べれば、車でいえば鉄ホイールからアルミホイールに履き替えたくらい凄い事なのです。(自分の中ではですが…)

以前はリセント社から発売されていた物を使ってましたが、格好は良いのですが…

デベソの為にラインがセンターに巻きついたりとトラブルがあったので、お蔵入りしてました。

社外品リセント社製

20080611D.jpg


そんな中、数年前にピュアフィッシングからカーディナルが復刻された時に発売されたアルミスプールはオリジナル同様に作られておりまして、見た目も機能もバッチリでした。

発売元オリジナルです。

20080611E.jpg


発売当時はシルバー、ゴールド、レッドと3色発売されていたのですが、いつの間にかレッドだけが生産中止になりカタログ落ちしていました。

なくなると欲しくなるのはオイラの癖で、いろいろ探して歩きましたが、当然どこにも売ってはいないのです。

そんな中、先日ヤフオクにて出品されていたのを発見!

う?ん絶対欲しいっと思い、ついつい熱くなってしまい定価の倍ほどの値段でGETしました。

入手困難レッドスプールです。

20080611F.jpg


我ながら、あぁ?アホだぁ?と思いますが、今は満足です。(笑)

またこれでカーディナルが好きになりました。
先日、釣行の際に水温計を壊してしまいまして、再び同じ物をGETしてきました。

以前は定番のSMITHから発売されているアナログの水温計を愛用してましたが、無くしてしまいその後シマノから発売されているデジタル水温計を使ってましたが、これもワンシーズンも使わないうちに無くしてしまったので、最近気になっていた非接触型の温度計を買ってみたのです。

20080611B.jpg


以前のアナログタイプは同じ物なのに水温が1度前後のバラツキがあったりだったので、水温の1度は大きな差があるので、デジタルならどうだろ?と思いデジタルにしてみたのは良いのですが、計測に時間がかかりすぎます。

そこでこのタイプは水に漬ける事無く、わずか1秒で計測できるという謳い文句で、すぐに飛びついてしまいました。

しか?し、総合メーカーのダイワ社やその他からも発売されてはいるのですが、水際で使うというのに防水ではないとの事にガッカリです。

非防水とは知っていたものの、最初に買ったものは水に濡れてしまいパァ?です。

せめて生活防水くらいにはしてほしいものですねぇ?

でもやっぱり楽なのです。

なんてったって計測1秒ですからね…。

今日はネットで知り合った「ムロさん」にお誘いを受けて同行することになりました。

全てはムロさんにお任せでH水系に行くことに…。

待ち合わせの場所へ向かうが、途中ガソリンメーターがEライン…(汗)

UターンしてスタンドへGo!でっ遅れてスイマセンでした。

その後、無事合流して挨拶済ませ、そのままポイントへ向かいました。

支流Y川へ行き合流地点から入渓してみました。

しばらくは反応のないままムロさんを追いかける形で遡上して行きますが、チェイスもありません…。

20080610A.jpg


そんな中、本日初ヒットはムロさんでした。

しかし、キャッチ目前でバレてしまったようで… 残念でした。

それでも魚影があることに確信がもてたので、期待しながらも釣上がりますが、その後が続かず移動する事にしました。

今度はO川の人気ポイントを川通ししながら釣上がって行く事にしました。

入渓後少し釣上がった所でヤマメがヒット!この川での今シーズン初のヤマメに感謝とボウズ逃れ出来たので一安心?

20080610H.jpg


欲を言えばもう少しサイズがと思い撮影をせず、即リリースしてサイズUPに期待しながらも互いに交代しながら釣上がり今度は岩魚が出てくれました。

20080610B.jpg


その後も再び岩魚です。

20080610C.jpg


でまたしても岩魚です…

20080610D.jpg


岩魚ポイントだから仕方がないかぁ?と思っていたら、今度はヤマメポイントへ…

まだキャッチしていないムロさんが良いサイズの岩魚をキャッチしたようです。

駆け寄ってそのサイズを測って記念撮影しようとしていたら、ピョ?ンと流れの中へ…

ムロさんガッカリ… 「大丈夫、お互いの記憶に残ってるから」と慰めの言葉をかけるが、ムロさんスイッチON!

「何で出たの?」という言葉に「AR-Sです。」と…。

「それってオイラが探していた奴じゃないっすかぁ?」という言葉に「ミノー」VS「AR-S」の対決が始まりました?

しばらく行くと再びヤマメポイントにてムロさん本日初のヤマメGET!しかも立続けに同じポイントから二尾キャッチです。 お見事!

20080610G.jpg


お互いAR-Sの威力に驚きましたが、当の本人が一番驚いていたようです。

なにせスピナーを使うのが初のようですが、使いやすいとの事でした。

こんな日はスピナーが良いのだろうけど、あえてミノーオンリーで通します。

しかし、今日は暑いです。(汗)

腰からブラ下げていたお茶も空になり喉がカラカラでしたが、澄んだ水と久しぶりの渓相に満足しながらも、足腰がふらついてます…。

それもそのはず、昼時もとっくに過ぎてお腹もペコペコでしたが、退渓ポイントまで残り僅かになり「最後はヤマメ釣りたいなぁ?」という言葉に答えてくれたかのように流心脇から出てくれました。

20080610E.jpg


その後ムロさんがキャストしている岩脇で…

20080610F.jpg


「俺ヘビ苦手なんですよ」という言葉を聞いていたので、そっとしておきましたが、ムロさんが過ぎ去った後に再び呼び寄せ親切にも?教えてあげました。(笑)

最後は大場所からの岩魚で締め帰宅時間となりました。

20080610I.jpg


ムロさん今日はありがとうございました&お疲れ様でした。

またご一緒しましょう!

しかし改めてAR-S気になるなぁ?

関連記事 のんびりトラウト
釣友からのお誘いで久しぶりに遠征?に行くことになりました。

最近は片道1時間以内の河川ばかりに行っていましたので、新鮮な気持ちでワクワクして殆んど眠れず…。

夜明け頃に待ち合わせの場所に着きましたが、彼が来ません…?

日も昇り「今日は暑くなるだろうなぁ?」と気長に待ってましたが、待つ事1時間ほどで携帯が鳴りました。

20080608A.jpg


「誘っておいてスイマセ?ン子供が…」というドタキャンに目が点になりましたが、仕方がありませんね。

しかし、この辺りは全くと言っていいほど無知なので、一人探索へ…。

「まぁ?どうせ一人だしお気楽に楽しもう」という能天気なオイラでしたが、何もかもが初めてな所なので、まずは案内板を頭にインプットしてと…

20080608B.jpg


20080608C.jpg


とりあえずひたすら走りますが、釣人を見かけません?もしかして見当違い?と思いながら右往左往する事1時間…。

ようやくよさげなポイントを発見しましたので、車を停めて身支度としましたが、いざロッド片手に入渓しようとしたら先行者が…(汗)

そりゃそうだろうなぁ?道路から見える良い感じのところに人が居ない訳がないもんなぁ?と納得しましたが、周囲に車はなかったし一体あの人達はどこから来たのだろうか?

その後移動しながらも見て回りますが、さすが人気河川だけあって今朝の様子とは打って変わって釣人オンリーでした。(笑)

という訳で今度は支流へ行ってみる事に…

途中にダムがありましたが、そこから上流が良い様な感じだとどこかで?聞いた事があったので、曖昧な記憶を頼りにとりあえずダムの方へ向かいました。

そこで目にしたものは、国内でも珍しいダムから海が見える景色はここだけらしいです。

20080608F.jpg


しかし、残念ながら今日は薄曇りで視界があまり良くありませんでした。

どんどん上流部の方へ向かっているのはわかりましたが、期待とは裏腹に渇水気味で釣りにならず…(涙)

しかし、またまた面白い物を発見です。

20080608E.jpg


天然オブジェです。

画像では判りにくいかもしれませんが、とてつもなくデカイ苔玉のようでした。(笑)

こうなってくると天気も良いので、早くキャストしたい気持ちもありましたが、誰に気兼ねする必要もないので、のんびりとウラウラしてたら源流部の方まで来てしまったみたいです。

当然川幅も数メートルしかなく、小川のように水もなし…(爆)

途中温泉もあり「よし、今日は温泉だぁ?」とはりきって行ってみたら、「只今清掃中」…。

「ガァ?ン」ショックです。

それじゃ何か観光巡りでもしようか?といつの間にか釣りは消えてしまったのか?
というよりもあまりにも暑くなってきたので、早くウェーダーを脱ぎたくなったのです。(笑)

「そういえばここは琥珀で有名な場所だったんだぁ?」と思い、速攻でウェーダーを脱ぎ捨て博物館へ向かいます。

20080608H.jpg


一通り観覧しての感想ですが… 琥珀って高いぞぉ? あんな小さな塊でロッドが買える…
まぁ?木や石は値段があってないようなもんですからねぇ?
後にも先にもオイラには無縁の賜でしょう。

その後は春にオープンしたらしい道の駅へ…

20080608I.jpg


県内の道の駅でも五本指に入るであろうその馬鹿デカイ館内には伝統行事の山車やその関連物が展示されていました。

20080608K.jpg


これも地元で見る山車とは高さも長さもデカイです。 なんだかスケールが違います…。
この辺の人は何を基準で物事を測るのだろうか?もしかして釣った魚もデカイのかなぁ?などと思うも、既に観光客と化してました。(笑)

その道の駅の周辺には、何やら朝市ならぬ昼市みたいな屋台村が沢山出来てました。

20080608J.jpg


ブラブラ見て周りおばちゃん達に勧められるままに、試食をしては買い込み両手は袋で一杯です。

そんなこんなでその後は家路に着きましたが、何故か?心地よい一日となりました。

また行きたいなぁ?当然釣りをしにですけどね!




雨後の様子が気になり久しぶりに早朝から出かけてみました。

到るところに先行者がいましたが、合間を縫って入渓…。

水量は先日より結構増えていたけど、水色がまだ早いような感じでした。

数箇所ポイント移動を繰り返しながらも、とりあえず1尾目をキャッチできました。

20080607B.jpg


人気ポイントは満員御礼なので支流へ移動です。

20080607A.jpg


数回チェイスの後のヒットでした。

20080607C.jpg


更に移動して別の支流へ…

20080607D.jpg


一応ヤマメなのですが…(汗)

こんなのが立続けに4匹ほど釣れましたが、当然即リリース…。

何だか先日も同じ様な感じだったなぁ?

今日は水の色からしてもヤマメはまだ動かないようですね?

という訳で近日中また行ってきます…。
昨晩からの雨が降り続く中、開高 健氏の小説を読んだり、ミノーを削ったりと、川へ出かけるモチベーションを高めたりしていましたが、さすがに今日は諦めました。

そんな中ここ最近のマイブームが…。

愛煙家でもあるオイラはラッキーストライクを愛煙しているのですが、ここ最近一箱に一本だけ、絵柄の違う物が入っている事に気がつきました。

どのような魂胆なのか?判りませんが、とにかく集めてみる事に…。

でっようやくフルコンプしました。

20080606.jpg


これを期に禁煙しようかと思案中です。

さてこれで本当にやめる事が出来るのでしょうか?
昨日のリベンジを果たそうと?今日も懲りずに行ってきました。

特に狙っているポイントもないし調査も兼ねてという事でしたので、気になるところを覗いてみました。

まず最初に入った所は上流に餌釣師、下流にルアーマンが居ましたが、間を割ってお邪魔させて頂きました。

20080601A.jpg


降り口からすぐのところでチェイスがありましたが、ワンタッチでバイトに到らず…。

その後は上にも下にも動く事が出来ないので、ポイントを移動してみました。

20080601B.jpg


今シーズンまだ入っていない区間がまだまだあるので、ローラー作戦で渓相などを確かめてみる事にしました。

先日はこの途中までは調べたので、そこから先はどうなっているだろうという不安と期待に釣上がって行きますが、やっとヒットと思いきやリリースサイズのチビ岩魚でした…。

20080601C.jpg


時折降る小雨の中、雷を気にしながらも突き進みますが、どうした事か?釣人と遭遇しませんでした。

その後も数回チェイスはあるもののすぐにUターンを決められたり、ワンタッチのバラシなどで思うようにヒットに持ち込めずでした。

しばらく行くとヒットと思うも… またチビ岩魚でした…。

あぁ?チビでもイイからヤマメが見たいぞ?と思うも、今日は岩魚の日のようです。

途中、釣友にメールを打診しますが、どうやら的外れのようでした。

しかしこれも試練だと思えばなんて自分に鞭を打ちながらヤマメに期待してそれらしいところを探ってはみるのですが、出てくるのは岩魚… しかも明らかにリリースサイズばかりです…。

あぁ?こりゃヤマメは無理かも?と思うも、釣友に大口叩いて「ヤマメ釣ったら帰ります」なんてほざいてしまい、それが仇となったのかプレッシャーなのか?判りませんが、不完全燃焼でした。

ようやく途中、ソロのルアーマンを見かけましたが、いつの間にかどこかへ居なくなってました。

「アレどこ行ったのかな?」と思いながらも、去年よく通ったポイントに辿り着いてしまいました。

ここならヤマメが居るであろうという予感が見事的中でしたが、手のひらサイズのヤマメちゃんでした。(笑)

その後も行ける所まで行ってみようと思い、パズルを組み立てるかのように去年の記憶を辿りながら遡上していきました。

今日のパターンを考えながら「今日は際に着いている?」と思い丹念に探っていたら「キラッ」と反転した様子からも「ヤマメだ」と気持ちが高ぶりながらも慎重に寄せてみると、8寸ほどの体高のある綺麗なヤマメでした。
こんなのがスーパーサイズになるんだろうなぁ?と思いながらもリリース

20080601D.jpg


よ?しこれで満足だぁ?といいたいところでしたが、欲が出てしまいそのまま遡上しながら釣り続けました。

20080601G.jpg


その欲が吉と出たのは、その後数十分後に…。

瀬の中から飛び出してきたのは、岩魚君でした。

20080601H.jpg


今日はチビに悩ませられたので、何だかこれで満足してしまいました。

流れもあってダウン気味だったので、いいファイトをしてくれました。

当然、ネットですくい上げましたが、ようやくネットを使う事が出来ました。

20080601I.jpg


その後、記念撮影を数枚撮らせて頂こうかと思った矢先、「1枚だけ」と言わんばかりに逃げていきました。(笑)

今日は久しぶりに殆んどを川通ししながら釣上がってみましたが、久しぶりのウェーディングに足が笑ってます…。


インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。