2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
先日まで渇水だぁなどと戯言を言っていたにも拘らず、今度は増水だぁと嘆いてます…(笑)

そんな贅沢な悩みなのか?毎日のように降り続く雨ですが、今度はなかなか晴れてくれません…

今朝も降り続く雨… しかし、既に禁漁となるまで一月…

川へ行きたくてもというか、行っても濁流の為に釣りにならず…

釣りにはならないと判ってはいても、様々な河川の様子見だけはして、ラストスパートの釣行を計画するも、なかなか思うように天候やら予定やらとの絡みが折り合わず、タイミングを見計らってはいるのだが…

そして今日も雨… こんな日はミノー製作にでも励むしかない…

しかし、1時間もすると集中力が切れてくる… (笑)

アイを作るだけでも半日を要し、オマケに手にはマメが出来てしまうし…

さすがに60本も作ったので、しばらくはこれで大丈夫かな?

だらだらとテレビを見ながらもサンディングしてました。

その後はパテで整形して本日は終了… だって川が気になりますから…(笑)

20080901A.jpg


スポンサーサイト
今朝は久しぶりの晴れ間も覗いた事から、「よし川へ行こう」と思うが、生憎、午後から来客な為に中止…。

そんな中、先日出来上がったプロトタイプの構想をいろいろ練り直してみたのですが、フックについてもう一度検証しなおす事にしました。

そこで手持ちにあるフックを全て量り直してみる事に…

形状などはM社の形状や軸の太さなどが個人的には好みなのですが、ウエイトを稼げないという意味でも難しいです。

そこである程度軸の太いG社を元にサイズ別で検討してみたところ一番イイ感じでした。

D社やO社なども検討してみましたが、サイズに問題ありなので見送る事に…。

ちなみに各ウエイトは次のような結果となりました。

G社 トリプル 12 0.25?0.27 
シングル 10番 0.12?0.13 8番 0.16?0.18

M社 シングル3番 0.15 4番 0.11

D社 シングル 8番 0.12

でしたが、あくまでも個人データですので…(笑)

大きく分けても、シングルとトリプルではウエイト自体が倍近くあるので、やはりバランスに問題が生じるはずです。

そもそも自分でミノーを作ろうと思ったのは、市販品に少なかった事でした。

シングルフック仕様のミノーといえば代表的なのでは、スミスのパニッシュとアンリパのアレキサンドラなどがありますが、もっとあっても良いのでは?と思ったからなのです。

まぁ?そんな初歩的な思いをもう一度思い起こして煮詰めていきたいと思います。

今にして思えば物理学を少しでも勉強しておけば役に立ったかも?と思うが、生憎オイラにはその手の理数系は向かないので、原始的といわれようが数をこなして挑んでいきます。

20080828A.jpg


先日、近所の川で?テストしてきたのですが、やはりどうせなら魚が居る川でテストしたく思い、今朝は久しぶりにS水系へマイミノーのテストへと行って来ました。

一時間ほどしか時間の猶予はないので、あらゆるシチュエーションを備えたポイントをセレクトし、まずはポイントを目指します。

途中、霧が濃くて視界不良に見舞われました… 

20080827A.jpg

水量は多めでしたが、水色は良い感じです。 

20080827B.jpg

橋下に餌釣師の人が居ましたので、その更に上流部へ入渓してわずか50mほどの区間を釣りしてみました。

得意のアップをはじめダウンクロス、サイドクロス、アップクロス逆引きなどなどとあらゆる条件下を試してみたところ、とりあえず泳ぎは問題なし。次はロッドアクションを加えた時の変化を見てみる事にして、ロッドを縦横とトゥイッチングを入れるとヒラも打ってくれますし、ラインスラッグでのアクションだけで十分いけそうでした。 

ウエイト配置や分量などからもその辺に気を配ったせいか、飛距離もボディ形状からしても問題なし。

フォール時の落ち具合も良い感じ?そんなこんなを繰り返しながらも既に迫り来る時間… 

アップクロス気味に引いてきた途中にアタリが!手応えからもチビと判りましたが、このミノーに反応してくれた事に感動です。 

20080827C.jpg

しかも木地のままでアルミも目玉も見装着のままだったので、尚更嬉しかったです。 
とりあえずヤマメに認めてもらったのでしょうか?(笑)

今日のところはとりあえず1匹釣ったところで、終了です。

後は見た目や細かい点などの改良などを加え再生産ですかね?帰宅後、再び製作に励みます。 
今日は昨日出来たプロトタイプのテストをしてきました。

結論からいうと、泳ぎすぎでつまらない物となってしまい、自分の中のイメージとは異なっていたので、結果ボツです。

ローリング&ウォブリングのミックスにしようとリップにアールを入れてみたのですが、やはりというか?操作性に置いてもう少しイレギュラーアクションを加えたいと思います。

どっちらかと言えば、岩魚釣りに適したようなアクションで、小刻みにウォブリングしてくれる為に安定性に置いては逆引きでも飛び出さず良いのですが、ヒラを意識的に打たせようにも、安定しすぎなのでしょうか?

リーリングでのアクションではなく、ロッドアクションでの操作性をもう少し重視しながら煮詰めていきたいですね?

ローリング、ウォブリング、ヒラ打ち、ダート、その他にも詰め込みたい事が一杯ですが、やはりもう一度ボディの形状と使うバルサの厚さ、ウエイトの分量、位置、リップ形状などを検討しなおして見たいと思います。

とりあえず2mmと3mmのバルサで作ってみました。

同じ型紙からでも、これだけ違うと言う事は、やはり奥深いです。
やはり納得の行くものを作るには、時間を掛けないと良い物は出来ないという事なんでしょうねぇ?
改めて市販ミノーの素晴らしさと企業努力を突きつけられました。

20080826B.jpg

それでも自分が納得できるまで時間を費やしてみようと…

という訳で今宵もバルサを削ってました…。(笑)

20080826A.jpg

さて完成はいつになることやら… 

昨夜から降り続いている雨、早朝… 
目が覚めるが、どうせ一晩中降り続いたのだろうと思い再び布団へ潜り込みました。

しかし、一度目が覚めてしまうと、二度寝が出来ないオイラは布団を飛び出し、窓辺に映る外の様子が気になりながらも、削りかけのミノーに手をかけてはみるものの、何だか意欲も湧かずにウダウダと考え事をしたり、本を読んだりしていたら、釣友のつかさんからメールが…。

20080824A.jpg

「今からかみさんを送り届けるついでに川へ行ってきます。」うん?どこかで聞いたフレーズだなぁ??

ハイハイ!昨日のオイラと同じだ(笑)

その後、再びプロトタイプに着手するが、やりたい事を形にするのは本当に難しいものです。

20080824B.jpg

頭では色々と構想を練るのですが、それを形にしていくという事は至難の業です。

何個も何個も削っては納得行かずを繰り返し、試行錯誤するも思うように行きません…。

一体何を求めているのか?と言われれば、それはそれで答えも見つからない訳でして…

あれも取り入れたいし、こうなれば良いしなどと一人延々と考えるも、得る物あれば失う物もある訳でして…

結局、ただの欲張りなのでしょうけどね。

そして昼飯も抜きで夕方まで掛かって出来上がった物はというと、これになりました。

20080824C.jpg

固定観念は捨てるという事に気がつきました。

後はスイムテストでの結果を待つのみです。
今日は釣友のJAMESさんからのお誘いでH水系へ行く事になりました。 

数年前に出逢ったKOSEIさんも来るというので、久しぶりの再会を楽しみにしながら、待ち合わせの場所へ向かったのですが、今朝は何だか肌寒く今期初、車中のヒーターを入れながら現地へ向かいました。 

先行Yuuさんの車を発見して、その後もJAMESさんKOSEIさんと全員揃ったところで、支流T川の入渓地点へ向かいました。

とりあえず、先日から魚影のある区間を釣り上がろうと思い川へ降りていくと、先行者が… 

まぁ?人気ポイントなので仕方がないとして、幸い堰堤直下だけの餌釣師みたいだったので、その堰堤上から入る事にしました。

水量も思いのほか多くはなく、平水時よりも若干多い程度で、水色は超?クリアウォーターでした。

まずは本日のメインキャスターのKOSEIさんとJAMESさんを先行にオイラとYuuさんは続きます。

20080823A.jpg


20080823B.jpg


しか?し、いつも居るようなポイントからの反応がありません…。 

途中、ボサ下からのチビのワンチェイスだけで、その他は大の男4人で攻めても誰一人としてヒットする事無く、一行のテンションも下がり気味でした…。 

ポイントセレクトしたオイラはプレッシャーを感じながらも、「とりあえず誰でも良いから釣ってくれ?」と願うも、その願いは釣りの神様には届かず… 

今朝は気温も低く肌寒く感じられ、水温13.7℃でした。ウェーディングも動いているとまだ良いのですが、止まっていると足先からその冷たさが伝わり冷え込んできます。 

やはり季節はもう秋なのですね? 

その後1時間ほどかけてキャスト&リトリーブしましたが、ここで出ないならその上は望めないと判断して、第二の希望のあるポイントへ移動する事にしたのですが、ここでオイラは家人の送迎の時間となりましたので、入渓数分だけキャストして一旦撤収する事になりました。 

行きも帰りもウェーダーのままの運転は、慣れたといえ好ましくないものですねぇ… 

まぁ?それでも再び戻ってくるのだからと思い、とりあえず自宅へ戻りました。

戻った途端「あれっ早かったね?まだ一時間前だよ」という彼女の言葉にオイラは耳を疑ったが、多分オイラの勘違いだったのだろう…。 

濡れたままのウェーダーを脱いでまた着るのが嫌なので、出発までの時間を庭先で過ごすはめに…(笑) 

そろそろ出ようか?という事になり「どこまで送ればいいの?」というオイラの問いかけに「今日は宮古までお願い」と言われた瞬間… 再び我がを疑ってしまった…。 

いつもは大体市内周辺なので、1時間ほどのロスタイムだろうと高をくくっていたのだが、思わぬ展開に、 その後の釣りは諦めウェーダーを着たままの運転手と化した。

見慣れた川も途中、鮎釣師が数人見受けられたが、さすが人気河川なのもうなずけるが、今のオイラには酷というものだ…。

そんな川のコンディションが気掛かりで、ニンジンをぶら下げられた競走馬のようにオイラは黙々国道をひたすら東へ走らせました。

無事送り届けて用事が済んだ午後に、オイラは呪縛から開放され自由の身になったところで、今度は彼女に付き合ってもらう事にした。

とりあえず、先日行った辺りからと思い行ってみると… やはりというか先行者が居ました。

そうかぁ?今日は土曜日だもんなぁ?と思いながらも、国道を右往左往しながらもとりあえず思いつきで各ポイントへ…。 

入渓早々チビヤマメがヒットしますが、これじゃありません…(汗)

しばらく行くもチェイスは時折見られるものの、バイトには到らずで、もしかして?先行者の後か?それとも、ただ単にスレているのか?殆んど追いもやる気が見られず、移動しました。

次に入った所も水色水量共々良さげなポイントなのにワンタッチのバレがあるだけで、ヒットには持ち込めませんでした。

ようやく本日初のまともなヤマメが出てくれましたが、「欲武蔵」のオイラはこれじゃ?満足行くはずもなく更に上流目指して突き進みます。

20080823C.jpg

その後は再び移動して支流へ入りました。

しかし、ここもオンパレード?「釣り銀座」が出来てました…。 

それでも合間を縫って拾い釣りしながらもヤマメが出てくれました。

20080823D.jpg

その後はすぐに行き詰まり再び本流へ戻ったところへ今朝の天気が嘘のように晴れ間が広がり日差しも出てきました。

窓を開けていたらアブがブンブンと襲ってきましたが、車からアブを追い出した後、とりあえず川原へ降り立ちダウンで攻めて行きました。

対岸の際をサイドクロスで引いてきたところでヒット!流れに押されながらも、どうにかキャッチしました。

20080823E.jpg

しかし、アブがうるさく釣りに集中出来ません… 先日買った100均の蚊取り線香もアブには敵いません… 

それでも今日は久々に時間を気にする事無く釣りが出来るので、思う存分釣りしたいと思い、ネット付きのハットがあったので、それを被りながら釣りをしましたが、車のガラス越しに映るなんとも間抜けな姿に自分でもわらちゃう程でしたが、アブに刺されるよりはましなのです。(笑)

そのまま釣り下りながらキャストを続けていたところ深瀬の中から、いきなり「ゴンッ」というアタリと共にラインが引き出され… 

心の中で「キタ?」と叫びながらも何故か妙に落ち着いている自分とバレないでくれよ?という必死の自分が交差する中も、ロッドパワーを生かして、いなしながら寄せに入り無事ネットINしました。 

何だか嬉しいような呆気なかったような気持ちでしたが、先ずは目標達成です。

色はまだ秋ヤマメという感じではありませんでしたが、おデブちゃんでした。

20080823F.jpg

一応数枚画像に収めたつもりですが、パーマークが上手く写せず、これが一番まともなやつでした。 

これで一先ずは安心?したところで、再び釣り下って行きましたが、こちらに向かってルアーマンの姿が見えたところで引き返し再び移動しました。

その後も何ヶ所か本流を回りましたが、色付いたヤマメも見たいと思い再び別支流へ向かいました。

ここは川幅も狭く一人のんびりと釣るにはもってこいのポイントなので、周りの木々が色付き始めている中、気分は優雅なアングラー気取りでしたが、魚信はなく、オマケにルアーをラインブレイクでロスト… 

しばらく行ったところの堰堤直下しかないだろうと決め込み一旦川から上がって車で移動して再び入渓しようと思ったら腰にぶら下げていたドリンクホルダーがない… 

あちゃ?と思いながらも今更引き返すのも面倒だったので、そのまま釣りを続行しました。

落ち込み脇の巻き返しの深みにキャストする事数投目…

シンキングミノーをカウントダウンさせる事数秒後、リーリングを開始したところで根がかりか?と思いきや、次の瞬間ラインが引き出され、すかさずアワセを入れてましたが、その感触からもこりゃ良いサイズだろうと2度アワセを入れた後、ロッドが満月を描いてくれました。 

「山女?岩魚?どっちかな?」と思いながらも、その引きの強さに、まぁ?どっちでも良いやぁ?と思いながらも、徐々に狭まる魚との間隔に「あっ岩魚だ」と確信したところでネットを出しましたが、堰堤下にある倒木に逃げ込もうとします。
何度もラインを出されながらも、どうにか魚をいなしながらそこへ入られないように突き放し、その後も2度ほど下流に走られながらも無事ネットINしました。 

背中がドス黒い岩魚でした。

20080823G.jpg

その後リリースしましたが、オイラの足元をグルグルと駆け巡りいつまでも離れませんでした。
なんとも愛くるしい岩魚でした。 

何だか盆と正月が同時に来たかのように舞い上がりましたが、その後は反応がありません…。

夕刻も迫る中、更に上流へ向かいましたが、途中から降ってきた小雨が降る中、薄暗い渓谷の中では、手元も見えづらくなってきたところで、来た川を引き返しました。

それでも往生際の悪いオイラは再び支流との合流地点に舞い戻り、キャストするルアーが見えなくなるほどまで釣り続けますが、彼女の「そろそろお腹空かない?」という言葉に、そういえば昼飯抜きだった事を思い出したかのように、「じゃ?飯でも食べて帰ろうか」という事になり本日の釣りを終えました。

今日は久々に朝から2つの河川を釣り歩き、バタバタとした一日となったけど、結果オーライでした。

今朝、同行した皆さんには一人抜け駆けして申し訳ありませんが、おかげ様で一日存分に釣りを楽しませて頂きました。

お誘い頂いたJAMESさん、KOSEIさんまた懲りずにヨロシクです。 

Yuuさん泣き尺のエピソード聞くの忘れてましたので、今度聞かせてくださいね。 




ここのところ結構まとまった雨が県内でも降りましたねぇ?

県南地方の方が雨量が多かったようですが、県北はどうだったのだろうか?

そんな事が気になりながらも、今朝はゴールデンタイムは過ぎてはいたものの、その様子を見に行く事にして川へ行ってきました。

本流は相変わらず増水で濁流に飲み込まれている倒木などが、ゴロゴロ流されています…

とてもじゃないけど近づくには危険すぎると思い、とりあえず下流側へ下りながら様子を見ていきました。

20080822A.jpg

これじゃ話しにならぬと思い支流へ行ってみると、思いのほか水色もクリアに近く、笹濁り程度で期待が高まります。

しかし、水量が幾分多く、いつも渡歩出来るポイントもさすがに無理っぽいので、岸際からキャストするしかありませんでした。

キャストする事数投目でチビヤマメがヒット!開始早々のヒットとそこに魚影があった事にホッと胸をなでおろしますが、今日の目的は今シーズンの記録更新でしたので、いかにもなポイントを何度もしつこく狙います。

20080822B.jpg


この時期のヤマメは一筋縄では釣れない事は百も承知ですので、普段よりもキャスト数が必然と増えます。

しばらく釣り上がり本命ポイントでもある、瀬頭を過ぎたところで大淵が見えてきました。

普段ならここも、ウェーディングしながら釣り上がるのですが、今日は水深が深く途中で引き返し、岩に這い上がり、見晴らしの良いサイトフィッシングとなりました。

まずは一投目流芯脇をトレースするも何も変化なし…

二投目、反対側の際をトレースしますが、これまた反応無し…

三投目、流れのよれに任せてドリフトしたところで、ヒット!

色が綺麗なヤマメでした。

20080822C.jpg

その後、リリースした後の数投目に… 「ゴンッ」ヒット!デカイと思いきや即バレ…

その後も数投キャストしますが、反応無しです。

大場所を過ぎて、チャラ瀬が続くポイントの上流部で餌釣師と遭遇

一応ペコッと頭を下げて来た道を戻り、更に上流へ移動しました。

途中、数箇所にフライマンとルアーマンが見受けられるものの、思ったより釣人の数は少なく気兼ねなく釣りが出来そうと思い、再び大場所のあるポイントへ向かいました。

幸い先行者らしき車もないので、急いで川へ降りて行きましたが、上流部は超クリアウォーターでした。

何気ない会話と共に釣り上がって行きましたが、チビヤマメが一匹出ただけで、狙いの大場所もババを引いた感じで、魚信がありません…。

20080822E.jpg

再び移動して堰堤がある下流部へ行ってみましたが、川原で何かモゾモゾとやっている人が…

「まさかクマ?」 

と思い近づいてみると、おじさんが洗濯をしておりました。(笑)

はぁ?ビックラこいた?クマかと思ったけど、幸いクマではなかったので、おじさんが居なくなった後を確認してから、入渓しました。

キャストする事数投目、落ち込み下から出てきたヤマメです。

20080822F.jpg

その後は堰堤上をやろうか?悩みましたが、時間も既に昼を過ぎていましたので、本日の釣りは終了となりました。







夕食後、重い腰を引きずりながら工房へ行きますが、勝敗を分けたソフトボールの試合が気になり、舞い戻ります…。

しばらくその中継を見ていると、逆転していたので安心して再び2階へ…。

再度、テレビを見に行くと最終回でして、後一人抑えれば悲願の金メダル!

数分後には、その願いも届いたようで、念願の金メダル獲得

しかし、オイラのミノー製作は止まったままです…。

20080821F.jpg


なんだか何度も繰り返し作ってますが、同じような物になってしまうのです…
今朝も昨夜からの雨が降り続いていましたが、ネットのデータだけでは納得できずに、果たしてどれ位の影響があるのかを確かめたく思い、H水系に行ってみました。

途中の上流部分からも、その様子は一目瞭然でしたが、この河川は多数の支流を持っているので、本流は当然駄目だろうと判断して、支流を3つほど覗いてみましたが、この状態だとあと2,3日もすればどうにか釣りにはなる状況だろうと判断し、そのまま一山越えて隣の河川へ行ってみました。

ここも支流はあるものの、上流にダムがある為、その放水が何時行われるかまでは予測できませんが、それが無い限りでは、支流は丁度良い頃合ではないだろうか

しかし、本流はコーヒー牛乳色の濁流で魚が回復するまでには、しばらくの時間を要するでしょうねぇ?

その後も再び一山越えて、Y水系N川などを見て回りますが、思ったほどの濁りも無く、どうにか釣りにはなりそうな感じでした。

上流部の方まで行ってみたら、林道をバイクが数台走ってましたが、この雨の中、あの人達はどこへ行くのだろうか 

思いつく水系をとりあえず一通り見て回りましたが、やはりデータで見るのと足で見るのとでは全然違いますねぇ?

数日後にはまた状況が変わるかもしれませんが、それも一つの楽しみとして今後の釣りに備えたいと思います。

ちなみに今日帰宅後に庭先に出来た枝豆がようやく収穫する事が出来ました。

20080821A.jpg


何故か?枝豆だけの発育が遅かったので心配でしたが、ようやく人並みならぬ豆並に育ってくれました。

それと夕方、犬の散歩に出かけたのですが、もうすっかり秋ですね?

Tシャツ1枚なんてとんでもないし、長T一枚でも肌寒く感じられます。

やっぱお盆を過ぎると岩手の夏も終わり秋なんですねぇ?

こんな日は鍋や温かい物が食べたくなりますよね? そんな季節の食べ物の中でも寒い時期に食べる「ホワイトシチュー」が大好物です。

その昔、給食に良く出たシチュー… その人気ぶりはカレーに続き上位独占でした。

20080821B.jpg

しかし、我家には変な定説がありまして… シチューの日には何故か食卓に筋子があるのです…

ご飯にシチュー?と思うかもしれませんが、これが結構美味いのです。

寒い日にはこんな料理で温まるのが一番ですね。
久しぶりに?雨らしい雨が降りましたね

しかし、思ったよりも雨量も多いようで、釣りにはならないようです。

そんな事を百も承知ですが、久しぶりのまとまった雨がどう影響しているのだろうと気になり川へ出かけてきました。


いつものポイント橋上から見てみると…

20080819A.jpg

中州も埋ってますね?

20080819C.jpg

やはりというか、当然ともいうべきなのかは、さておき野菜でも買って帰ろうと道の駅の産直へ向かいましたら、途中、釣人の姿が…

ハザードを出し停車しながら、その様子を見てみると、どうやら餌釣師らしいが大丈夫だろうか?
オイラの心配をよそに何度も流し込んでいるが、あれじゃ?魚も動かないだろうし、餌も見えないだろうなぁ?と思いながらも、再び道の駅へ向かいました。

新鮮な野菜を買った後に再びさっきの釣師が気掛かりで、その姿を探すも見当たらず…
まぁ?諦めただろうと思い家路に着きました。

さて、これが収まりかける頃には、削りかけのミノーも出来上がる事でしょう。

次、来る時にはそのミノーで良い魚が出てくれる事を期待したいと思います。
昨夜は早めに就寝した為に夜中に目が覚めてしまい、水分補給へ冷蔵庫を開けて麦茶をコップに注ぎながらテレビをつけると、オリンピックの映像が映し出されていました。

何気なくボ?ッと見ていたけど、数時間もすれば夜も明けるだろうと釣り支度をしてゴロゴロしているうちに、いつの間にか再び 

「朝ご飯だよ」と彼女に起こされる頃には、既にゴールデンタイム真っ只中でしたが、どうせ特に狙った河川もないし、今から行っても時既に遅しだろうと思い、今日は家で大人しく待機することにしました。

そんなこんなで、久しぶりに家でのんびりとくつろいでいたら、「お茶にしましょ」という事になり、先日つかさんから頂いたケーキとコーヒーでティータイム

その名も 「黒豆ケーキ」

20080818A.jpg

ちょいとした理由からつかさんは県北沿岸に縁があり、その時のお土産という事で頂いたのですが、さすがはつかさんですねぇ? まめむしなだけに、まめをツボとして捉えるあたりはさすがです。

まぁ?冗談はさておき、そのお味の方はというと、これは大当たりです。

20080818B.jpg

黒豆の濃厚さと程よい甘さのパウンドケーキの部分の甘さが絶妙です。

当のご本人は食べたのでしょうか?もし食べていないのなら非常に残念です…

こんなケーキをセレクトしたつかさんのセンスに感服です。

つかさん改めてご馳走様でした。


前日の宴の後に約2時間ほどの睡眠をとりましたが、目覚ましで起床して熱めのシャワーとモーニングコーヒーで目を覚まし、お盆中禁漁だった釣りを再開する事にしました。

まずはどこへ行こうかとも思いましたが、久しぶりという事もありまして、とりあえずS水系へ行ってみる事にしました。

早朝、夜明けと共に現地へ着きますが、さすがお盆休みの最終日なのか?先行者らしき車もないので、余裕をこいてコンビニへ戻りました。

朝食のサンドイッチと缶コーヒーを買い込み、再びポイントへ  

 どうやら入れ替えで先行者が入ったようです… 

身支度を済ませ、別のポイントへ向い川を見ますが、かなりの渇水です… 

一区間釣り上がりますが、途中チビの反応はあるもののヒットには到らず、場所移動しました。 

普段より水がない為にウェーディングは楽なのですが、何だか期待が出来ません… 

ただでさえこの流域は点の釣りを強いられるのに、更にも増してピンポイントでの釣りを強いられました。

そのような点在するポイントだけを狙いながら2時間あまりキャスト&リトリーブするもキャッチ出来たのは… チビ助の岩魚2匹だけでした 

以前、何度か見たあの魚影は一体何処へ行ったのだろうか

その後もで移動しながらも人気のないポイントを拾い釣りするも、時折反応するのはチビ助だけで、そのチビでさえスレているようです 

昼時も過ぎていたので一旦引き上げ、道の駅にて昼食タイム 

その後は期待が持てないので、河川変更しようと一人地図を広げ作戦会議

という事で、先日行ったH水系にリベンジしに行くことに

しかし、当然の如く釣人の姿も形も見当たらず…

まぁ?その分気も楽だと思いながらも、本流筋から始めるもノーリアクション…

やはり、今年は季節の移行が早い為か?既に支流筋に移動したのだろうか?などと考えながらも、とりあえず支流へ向かいました。

入渓早々ヒットはするもののチビ助ばかりです… 

20080817A.jpg

まぁ?ヤマメだから良しとしても、さすがに今時期でこのサイズでは…

20080817B.jpg

本命のポイントも超クリアウォーターに減水気味で流れに勢いがありません。

20080817C.jpg

色は出てベリーフックに喰いついてきますが…

20080817D.jpg

これじゃ?ミノーサイズですね…

20080817E.jpg

2区間ほど攻め通しましたが、結果期待していたサイズのヤマメを引き出す事無く本日の釣りは終了となりました。

そういえば、ここ二年ほど上流域での魚影を見ていないのだが、どういう訳だろうか?
あの以前雑誌なんかで取り上げられていた人気ポイントも今じゃ?その気配すら感じられません…

この支流の各入渓ポイントも殆んど人の踏み足もなく、一体どうした事だろうか?

いつもなら今時期は鮎釣り師で賑っているポイントも皆無に等しい…

さて、こうなると行くところは水のある魚影の濃い河川に行くしかないのだろうか?
しかし、そのような河川は人気も高く、スレまくっているだろうから難しいだろうなぁ?

マイナー河川を選ぶか?それともメジャー河川にするか?毎年の事ながらも、今後の選択肢に悩みそうです。




お盆も今日で最終日?恒例行事の「ふなっこ流し」を耳にすると、岩手の夏も終わりを告げているかのように、季節も秋へと移り行く感じがします。

そんな中、今日は渓流ルアー仲間とのBBQ集いとなりました。 

会場はもちろん、先日から立てっぱなしの常設タープがある我家の庭先となり、昼過ぎから用事を済ませた順に集合となりました。

まずは一番最初に訪れたのはつかさんでした。 

帰宅後、風呂上りのオイラはパンツ一丁で、夏の高校野球観戦していたら、一台の車が 

彼女が「誰か来てるよ」と言いましたが、見慣れない車だったのでしばらく放置してたが、動く気配もないので彼女が様子を見に行くと、つかさんでした…(笑)

その後、しばらくしてユミさん、Yuuさんが到着したところで、久しぶりの集合にまずは 

肉は質素だけど、今回タレには拘ってみました。

20080816A.jpg


リッター2,100円とお値段もそれなりでしたが、味は保証します。

話は当然、釣りの話しばかりですが、そのネタに尽きる事はなく、おのおのが最近の状況を報告したりと盛り上がっているところへ、炭熾しの手伝いに来てくれたKazuたかしさん」が到着しました。

釣人の鏡です… 

20080816B.jpg


釣り馬鹿がまた一人加わったところで、飲み食いしながらも、話しは尽きません。 

しかし、途中Kazuたかしさんは用事がある為、一足お先にお帰りとなりました。 

Kazuさん差し入れありがとうございました。 

夕刻、日も落ちかけたところで、ランタンに火を灯すと共に、次々と空になるアルコールの空き缶とコーラの空きペットが増えた分、話しも弾みます。 

焚き火は無いけど、ランタンの灯りを囲みながらの団欒は心休まり楽しいものですね?

そんな中、一仕事終えた?JAMESさんが登場です。 

尺岩魚をみんなの分携えてくるはずでしたが、お盆という事で、やむなくリリースしてきたようです。(笑)

オイラのミノー製作にきっかけをくれ、師匠でもあるJAMESさんに今期の物を見てもらいますが、判定は如何に 

こうなると、もう話しは尽きません…  

その後、先ほどまで勤務していたムロさんが到着しました。 

仕事先から我家へ直行便 

ムロさんはオイラ以外の人と会うのは初めてでしたので、互いに自己紹介を済ませるが、ネット繋がりもあるせいか?釣人のせいか?は解らないけど、以前からの知り合いのように… 

しかし、いつも思う事ですが、釣人というのは「我が強く、拘りの人間」が多いけど、打ち解けるのも早いものですね? 釣りという共通の世界というだけで、こんなにも人の輪や仲間と知り合えたオイラは幸せ者です。 

その後もJAMESさんのトーク炸裂でしたが、隣では、開始早々ハイペースで飲んでいたつかさんは既に出来上がり眠そうです… 

そんなつかさんを送りながら一足お先にユミさんもお帰りとなりました。 

その後もYuuさん、JAMESさん、オイラとで機関銃のように喋り捲りますが、隣でムロさんは… 

ムロさん… まぁ?あんな感じです。(笑)

日付も変わりましたところで、まだ喋り足りないJAMESさんでしたが、本日の集いはお開きとなりました。

久々にみんな集合して気兼ねなく色々と話せたので楽しい一日となりました。

今日来て頂いたみなさんありがとうございました。

次回は鍋でもしましょ? 
今年は各地で猛暑となっているようですが、ここ岩手はようやく秋の気配が感じられるようになりました。

それでも日中は蒸暑い日が続きます…

そのせいなのか?「マイマイ蛾」が異常発生しているとのことです。

先日も沿岸県北へ行った時の事ですが、その有様と言ったら

とてもじゃないけど、その画像はお見せできる有様ではありません… 

夕刻になると明かりを求めて、街灯、看板、販売機などなどと、その光景は凄まじい物でした。

喉が渇いたので、途中の販売機で飲み物を買おうとしたが、近寄れないほどの大群に怯んでしまいました…

それじゃ?コンビニにでもと立ち寄ると、「うんっ」年中消える事の無い看板の照明が全て消されていました。

コンビニの入口には「マイマイ蛾対策の為ご迷惑お掛けしています」と張り紙されていましたが、本当に迷惑なのはコンビニなのだろう…。

そんな開いているか閉まっているか判らないコンビニでも、人が集まるのだからマイマイ蛾も集まるのは当然なのかもしれませんね?(笑)

それに、ムカデも大量発生しているようです。

我家にも夜な夜な玄関先にムカデが… 

殺して足が取れても、その足がピクピクと動いているのです…

まぁ?そんな厄介な昆虫も何かの役に立っているんでしょうねぇ?

そう… この世に無駄な物は無いのだから…

毎日残暑厳しい日々ですね?

しかし、ここ岩手の夏もお盆を過ぎると、朝晩と涼しくなっていきますね。

ホント短い夏ですねぇ?

気の早いオイラは先日ヤフオクでこんな物を落札してしまいました。

20080811D.jpg


発行年が昭和40年とオイラの生前に発売された物ですが、その昔のワカサギ釣りとは一体どんなものだったのだろうかと気になったのです。

その昔にこんなバイブルがあったとは…

まだまだ暑い日が続きますが、涼しくなった夜にでも、これを読んで先人達のワカサギ釣りを思い返してみたいと思います。
明日からお盆ですね…。

皆さんはご先祖様に何を拝みます?オイラは大漁祈願じゃなくって、日頃からの感謝の意を伝えたいと思います…(爆)

これから帰省ラッシュが始まり、川も込み合うんでしょうねぇ…

毎年、お盆中は釣りを自粛するオイラは、その前に思う存分釣りしようと決め、H水系に行ってきました。

しかし、世間はまだ平日…。 

朝の通勤ラッシュに巻き込まれるはめに…

まぁ?急いでもイイ事無いしと、我を戒め安全運転でいつもなら一時間ほどで着くはずが、40分オーバーで無事到着

まずは本流からでしょうと、先日入ったポイントより更に下流部へ…

水深は減りつつあるものの、渇水だという割には、どうにかなる水位だったので、まずは入渓してみる事に…。
しかし、気配すら無し… しばらくして気付いたが、鮎師も見当たらず…

20080812A.jpg


やはり、一雨来てリセットが必要なのだろうか?

その後、移動しながら良さげなポイントだけを拾い釣りしていくも、ノーチェイス…

たまに釣れるのは外道のみ…

20080812B.jpg

その後、河川を変更しようか悩みましたが、時間も限定されていたので、そのまま支流へ向かいました。

20080812C.jpg

瀬の開きからチビヤマメがAR-Sにヒットしました。
しかし、これじゃ? 

20080812D.jpg

そのまま遡上しながら釣り上がって行くと…

20080812E.jpg

「いや?君達いいねぇ?涼しそうで」 

でも、将来この子達が川を守ってくれるでしょう

しかし、堰堤下を期待していただけあって残念です… 

その後、再びチビ助が…

20080812F.jpg

堰堤上のプールでは反応が無いので、ここで退渓する事にして、丁度時間も迫ってきたところで、本日の釣りは終了です。

車までの帰り道、ブラブラ歩いていたら無人販売がありましたので、ひょいと覗いてみると、美味そうなトマトが目に飛び込んできました。

喉もカラカラなので、こりゃかぶりつくには絶好だろうなぁ?と思い、値段を見てビックリです。

10個100円です  その他にも冬瓜も1個100円です。

集金箱に200円を入れて、ロッド片手に冬瓜を抱えて、更にトマトをかぶりつきながら車まで戻りました。

あまりにもの美味さに1個だけと思いましたが、ついつい2個もペロッと…

そのお味はというと、当然朝採りですので最高でした?。欲を言えば冷えているともっと美味かっただろうなぁ?

我家の晩ご飯は野菜尽くしになりそうです。

既に調理されて半分ですが…

20080812H.jpg

熟れたトマトは最高です。

20080812G.jpg

まぁ?近頃、肉食獣と化していましたので、ベジタリアンもたまにはイイでしょう。




釣りをしながらも時折一服タイムは欠かせません。

愛煙家であるオイラはそんな一時を大事にしてますもちろん携帯灰皿は必需品ですね。

しかし、先日無くしましたけど…

そんなタバコなんかは濡れたらおしまいだし、無くしたらショックです。

防水パックなんかに入れればいいのだろうけどめんどくさいです。

普段はジッポーを愛用しているオイラも最近は川へ行くときは100円ライターを愛用してます。

何故かっていえば単純な事で、無くしたら嫌だからです。

以前数個無くしたジッポーは一体何処へいったんだろうか

たかが100円ライターと侮らないでください…。

そこは拘りの「Bic」です。

20080811C.jpg

その昔、様々なカラーが出ていた事から、思わず箱買いしたりして集めていた事もありましたが、現行品はそのカラーも少ないように思えます。

何故これが良いのかというと、まず基本の着火がスムーズなのです。
他の100円ライターは一発着火しないのに、このライターは、ほぼ一発で着火してくれます。

でも、電子ライターは駄目なのです… 濡れたら着きません…。

それにこのデザインもさる事ながら、実はメイドインフランスなのです。

まぁ?たかが100円ライターかもしれませんが、オイラにはそんな拘りがあるのです。
最近は車で移動しながらの釣りが多いですが、やはり… たまには一日掛けて釣り歩くのも楽しいものです。

小鳥達の鳴声を聞きながら、周りの景色や植物、昆虫などといった生物を感じながら、スローな釣りをする事によって日常とかけ離れた空間に癒されるものです。

そんな時は決まって携帯食を持参するのですが、その携帯食もアングラーの好みがあると思います。

皆さんはそのような携帯食をお持ちですか

オイラは最近マイブームの井村屋のようかんがお気に入りです。

20080811B.jpg

あっそうそう!大福餅もアリです。甘い物はホント癒されますね

釣れても釣れなくとも、この年齢になると時々休憩をいれないと疲れます…

そんな時には淵の岩などに腰掛けて、このようかんとお茶で一休みなんて感じです。

飲み物もスポーツドリンクの時もあればお茶の時もありますが、さすがに炭酸飲料は持ち込みません…(笑)

だってぬるいコーラなんかは最悪でしょう

その点お茶なんかは多少ぬるくても

それと栄養補助食品でもある「SOYJOY」にはまってます。

20080811A.jpg

味も8種類と豊富ですが、中でもお気に入りはアプリコットとストロベリーです。

以前はカロリーメイトが必需品でしたが、こっちの方が断然美味しいのです。

まぁ?ちょっとしたオヤツみたいなもんですが、これがあるとないとでは気分的にも違うのです。

さて次は何を持って行こうかなぁ?と、まるで小学生の遠足気分ですね(爆)
前日に続き今日もK水系へ行く事に行ってきました。

何故2日も続けて通うのかと思うかもしれませんが、それにはちゃんとした理由があるのです。

まずは彼女を送り届けなければいけないという事と、釣友からの打診があったからなのです。

以前行った時も、「また来たいなぁ?」と思ったのも事実ですが、この時期のK水系といえば…

ピ?ンっときた人は鋭いです。 
そうそれは雄のセッパリ感がカッコイイ樺太鱒が遡上してきていたのです。

数週間前にその情報を頂いておりましたが、忙しく行く暇もなかったために、今回のきっかけで行く事になったのです。

まずは彼女を送り届けた後に、下流部から魚のつき場を探しました。

釣友からの情報では、結構上の方まで遡上していると聞いていたのですが、やはり自分の足で探したく、無駄だと解ってはいても車を走らせました。

探し始めて2時間後位でしょうか?某堰堤下に3匹の魚影を確認する事ができました。

幸い?周りに釣人も居ません急いで身支度を済ませライトタックルで挑みます。

ミノーとスプーンで何度も鼻先を通しますが、全く興味を示さず軽くあしらわれます…。

ミノーのサイズUPをしてダウンで誘いますが、今度は避けてしまいます。

こりゃ?かなりスレているんだなと思い、しばし岸に上がり休憩しながら、その様子をデジカメに収めようと思いますが、水中の様子が上手く撮れずです…。

再び1時間ほど試みましたが、結局、樺太鱒を誘い出す事は出来ませんでした。

その後移動して聞いていたポイントへ行ってみましたら、堰堤上に数人の釣人の姿が…。

堰堤下流に釣人も居りました。もちろん狙いは同じようです。

挨拶がてらに情報交換しながら聞いてみると、数日前に釣ったとの事でした。

その他にも地元情報を教えてもらったりと、今後の釣りに役立ちそうです。

しかし、釣人というものは何故にこうすぐ打ち解けるものなのでしょう

そんなこんなで既に昼時も過ぎてましたので、一旦コンビニオニギリで休憩です。

体力も回復したという事で、午後からはヤマメ釣りに切替えです。

昨日入ったポイントから上流部が気になったので、そこから入渓する事にしました。

しか?し、さすが人気河川だけあって釣人の数も半端じゃありませんねぇ? 更にそれに輪を掛けて鮎釣り師の多さも凄まじいです。

とりあえず、その合間を縫って釣りしようと思い遡上して行きますが、区間?区間で数人の釣人が…。

「こりゃ?どこか支流でもないかなぁ?」と思うも、考える事は皆同じだろうと諦め、上流部へ移動しました。


水量水色とも良好です。

20080810A.jpg

画像では判りにくいですが色濃く綺麗なヤマメでした。

20080810B.jpg

下腹部のマダラ模様がないヤマメでした。

20080810C.jpg

この先にどんな渓魚が居るのか期待が膨らみます。

20080810D.jpg

今日はマイミノーオンリーです。

20080810E.jpg

底石ゴロゴロで良い感じです。

20080810F.jpg

本日最大サイズでした。
サビが出ており真っ黒けですが、なかなか良いファイトしてくれましたね。

20080810G.jpg

上のヤマメとは対照的ですね。

20080810H.jpg


結構上流部の方まで来たようですが、ヤマメは居ますねぇ?


20080810I.jpg

チビッ子ですが印象的でしたので記念撮影

20080810J.jpg

これもサビが出ていました。

20080810K.jpg

この他にも数匹釣ったと思うのですが、とりあえず印象に残った魚達を撮りました。

所変われば魚も変わるというように、ヤマメと一言でいっても様々な違いを改めて楽しませて頂きました。

しかし、川のキャパと釣人の比率を考えると断然釣人が優勢のような気もしますが、それでもこうして渓魚が残って居るという事は自然が育んでくれている証拠なのかもしれませんね。

樺太も櫻も遡上して来るこのK渓流は最高ですね。




今日は彼女を沿岸県北へ送り届けるついでに、待ち時間を利用してK水系へ行ってきました。

時間も既に正午を回り残暑厳しい中の釣りですが、川を横目に釣りをしない訳にはいかないので、身支度を済ませ入渓です。

今日はマイブームのAR-Sオンリーでの釣りとしました。というのも先日、その威力に驚き、再び試してみたく思い最初から最後までAR-Sで通します。

20080809A.jpg

ファーストヒットです。

20080809B.jpg

20080809C.jpg

「ギロッ」と睨んでます…(笑)

20080809D.jpg

デブでした。

20080809E.jpg

チビ助です。

20080809F.jpg

真夏なのに水量豊富です。

20080809G.jpg

やっとまともなサイズが…

20080809H.jpg

AR-S恐るべし…

20080809I.jpg

チビ助だけどパーマークが綺麗なので…
こんなミノー作りた?い

20080809J.jpg


20080809K.jpg

20080809L.jpg

20080809M.jpg

その後も遡上しながら釣り上がって行きましたが、いかにもなポイントからは素直に反応してくれました。

ここで本日最大サイズがヒット!しかしデジカメのバッテリー切れ…。

途中、餌釣師の人が上流にいましたが、その後を追いかけるように釣り上がっていったら、追いついてしまい、しばらく淵で遊んでいたら4連荘でヒット

その様子を見ていたその餌釣師が下ってきて「何使っているんだぁ?」というので「ルアーです。」と答えたら驚いていました…

内心、超?嬉しかったです。

その餌釣師が「どうやって釣るんだ?」というので、目の前で釣って見せたところで、これまた驚いていたようでした。(笑)
しかし、調子に乗ってバシバシ攻めていたらラインブレイクで「ピュ?」っとどこかへ飛んでいき無くしてしまいました…

という事で持ちだまのAR-Sもロストしてしまったし、時間も迫っていたので本日の釣りは終了としました。

しかし、夏はスピナーとはよく言ったもんで、確かにスピナーはこの時期出番が多かったですが、その中でも群を抜いてAR-Sは只者ではありません。

間違い無くそう断言できます。

これからルアーフィッシングを始める初心者でもベテランアングラーでも満足行くルアーになるでしょう。






いやぁ?今日も相変わらず暑いですねぇ?

こんな日は海にでも行きたいところですが、今日は友人のお墓参りです。

お供え物とお花を買いに途中のショッピングセンターへ立ち寄りましたが、夏休みの子供連れで賑っていました。

アイス、ジュース、アイス、お茶…。  

あまりにも暑く、ついつい水分の取りすぎになりがちですね…

食事もさっぱりした冷たい麺類になりがちです。

これじゃいかん!と思い栄養補給だ?と言い訳しながらも、またして炭酸飲料に走ってしまいます。

デカビタCならぬ「エネボンベ」です。

20080808C.jpg

はい水分の取りすぎで、当然お腹はゴロゴロです。

でも今宵はが待っているのである…
今日はお外で焼肉しましょという事になり、買出しに出かけ初めての「雫石牛」なるものも買って食材は準備万端でしたので、次に先日予定していた常設タープを探しに出かけましたが、これといって良さげなものも見つからないので、帰宅後にキャンプ用品の部屋をガラガラ探していたら…

ありましたテントの下に埋もれて見えませんでしたが、タープがありました。
いつ買ったのかも覚えていないけど、あるものは使わないと勿体ない?と思い、設置を始めました。

しか?し、一人で設置するには厳しく、彼女の手を借りながらも挑みますが、これまたなかなか思うように行かず、2?3回やり直しして、どうにか設置する事が出来ました。

20080808A.jpg


その間2時間ほどもかかり、日暮れになって夕食には丁度イイのですが、一刻も早く肉が喰いたく焦りますが、今度は炭熾しに手間取り…

まぁ?のんびりしましょというお気楽なオイラですが、彼女は見たかったテレビ番組もそっちのけで手伝ったあげくに、ご飯もおそくなりご機嫌斜めです…。

そんなこんなで結局買出しからの準備を始めてから既に7時間ほど経過して、ようやく食事にありつけました。

肉も野菜もたらふく食べたあとは、デザートのマンゴーと食後のコーヒーで癒されましたが、今度は後片付けです…

結局その後片付けが終わり、家に入ったのは深夜零時過ぎになってしまいました。

ふぅ?何だかドット疲れたような…

でも、しばらくは常設ですので、いつでもすぐにアウトドア気分満喫できます。

遊びに来たい方はいつでもウエルカムで?す。
今日はプロトミノーと本山さんプロデュースAR?Sを持ってH水系へ行ってきました。

朝靄の中、明るくなるのを車中で待ち、夜明けと共に身支度を済ませて、途中買って来たコンビニオニギリを食べながら橋上から川を覗き込んで見ると、水量水色ともベストコンディション

橋下流から入渓して橋脚部分をAR-Sで探ってみると、まずはチビのお出ましです。

20080806G.jpg

その後、上流部分でも同じ様な感じでチビがちょっかい出してきます…

本命ポイントへ到着後2投目でまたしても?と思いきや、何だかさっきよりは重いです。

寄せてみると外道ウグイでした。

触りたくはないので、ペンチで外そうとすると、グルグルラインを巻きつけた後、プチッとラインブレイク

当然AR-Sは持っていかれました…

まだおろしたてなのに…チキショ?

気を取り直しポイント移動しました。

今度はマイミノーです。

チャラ瀬の中から出てきたヤマメです。しかも背掛り…

20080806F.jpg

遡上しながら開きの辺りで、またしても同じ様なサイズのヤマメがヒットしました。

20080806H.jpg

一区間釣り終えたので、再び移動です。

今度のポイントは深瀬です。

20080806A.jpg

期待高まる中、キャスト&リトリーブを繰り返しますが、時折チェイスはあるもののチビばかりです。
そう今日はある規定のサイズを題して挑んでいた為、チビはパスしたいところでしたので、再び移動しました。

今度は堰堤下の分流部分です。

葦際にキャストする事数投目「ゴンッ」とイイ手応えの後、横へ走ります…

よ?し良いぞ?と思いながらも何度も走らせ、その余韻に浸りながらも、無事キャッチ

20080806B.jpg

目標サイズには僅かに足りなかったけど、いいファイトしてくれました。

その後は堰堤下で入食い状態?ここだけで7?8匹出ました。

20080806I.jpg
20080806J.jpg
20080806C.jpg

ここまでで久しぶりのダブルスコアに満足でしたが、数を求めているわけではないので、再び移動しました。

いつものポイントへ入渓しますが、途中、餌釣師が上流部に見えたので、一旦川から上がり、その上流部から再び釣り上がって行きました。

もしかして本命ポイントに誰かいるのかな?と思い、リーリングもロッドアクションも雑になり、適当に探りながら急いで大場所へ…。

幸い先行者は見当たらず

キャストする事数投目でイイ感じの手応えがありました。

グルグルローリングしながら寄って来たのですが、それでも最後はハンドキャッチ

20080806D.jpg

その後、チビ一匹追加しましたが、お日様も昇り気温も上昇してきたところで、本日の釣りは終了です。

今朝の水温は14.1℃でしたが、その後15.7℃と約2℃上昇しただけで活性が上がったような感じがしました。

渓魚の2℃といえばかなり違うんだろうなぁ?

ちなみに帰宅途中ロストしたAR-Sを再びGETしてきました。

しかし、改めて使ってみると、良く考えられたスピナーです。

20080806K.jpg

どう凄いかって?それは使ってみてからのお楽しみですね。

メインで使ったマイミノーはとりあえず合格です。

20080806L.jpg

20080806M.jpg


これからはレギュラーになりそうかな?いや!なるでしょう


今朝、出来立てホヤホヤのマイミノーを持ってスイムテストに行ってきました。

数日前からの前線で、カンカン日照りの正午近くでしたが、はやる気持ちを抑えられず強行突破みたいなもんです。(笑)

釣れても釣れなくてもイイのだ!とりあえず水の動きがあるならば、小川でも下水道でも構わない!と思うほどの勢いでしたが、やはりいつもの川へ向かう事に…。

しかし、川に着いてウェーダーに着替えると…

既に汗だくです…

額に汗しながらも、とりあえず岸辺から様々な方向へキャストしてみました。

まぁ?こんなもんでしょ!と予想通りの泳ぎとアクションに満足しながらも、一刻も早くクーラーの効いた車内へ戻りたい気持ちで、僅か30分ほどで終了…。

その後、先日ロストしたミノーを回収に向かうが… 
流されてしまったのか?誰かに持っていかれたか?ありませんでした

おまけに携帯灰皿は無くすしで…

はぁ?これじゃタバコも吸えないじゃないかぁ?

いつもならそのまま釣り続けるのですが、何だかテンションもダウン気味になったので、速攻で帰宅する事に

途中、コンビニでNEWフェイス発見

コーラはコーラでもホワイトコーラです。

20080805A.jpg

その後、他のコーラも飲みたくなり雑貨屋へチェリーコークを求めに

20080805B.jpg

帰宅後、ささやかな楽しみとして、スイムテスト終了の祝杯をコーラでしました。

これから短い夏ですが、暑い日が続きそうですねぇ?

このまま渇水にならない事を祈ります…


岩手の夏といえば… 「さんさ踊り」です。

1日から始まったわけですが、4日間毎日ぶっ通し…

でっようやく昨日がラストでした。

祭りだけならまだましなのですが、その準備やらで日中から毎日出動だったので…。

正直キツイです…。 でもやはり楽しいです。

その間、釣りはなしでしたが、合間を縫ってルアーメイキングしてました。

いずれもまだプロトですので、テストしてみない事には判りませんが…

20080804A.jpg

20080804B.jpg

20080804C.jpg

20080804D.jpg

という事で、近日中にはスイムテストに行きたいと思います。
インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。