2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
ここのところ「パッ」としない天気が続いていたが
今朝は快晴で天気も良く気持ちのいい朝だった。
本当は朝一で川に行きたかったのだが、午前中は家での雑用があったので
一段落したところで、S水系に向かってみた。
昨日と今日の朝一でだいぶ叩かれているだろうなぁ?と思いながらも
支流R川から入渓してみた。
20070528A.jpg

橋脚部分の下流から入ってみたが、全く持って反応はなし。
お天道様も既に上昇してカンカン照りだったので
即、移動してシェードのある場所に行ってみた。
20070528B.jpg

入渓ポイントが判らず、少しばかり遠回りしてしまったようだが
何とか滑り降り、退渓ポイントも判らないまま遡上していくと
そこはまるで木々のトンネルになっており、
マイナスイオンバリバリといった感じで気分も乗ってくるのだが
一向に魚の気配すら感じ取る事が出来なかった。
20070528D.jpg

う?んどうした事か?と思いながらもチェイスすらない事に
改めて考え直す。
水量、水色、水温気温共に問題ないと思うのだが…?
とりあえず一旦休憩しようと思い、オイラのガソリン補給に向かった。
しかし、いちいちウェーダーを脱ぐのも面倒なので
どうしようか?悩んだが、その問題はすぐに解決した。
国道沿いにある道の駅では、外からも軽い食事が頼めるようで
これしかないと思い、「塩ラーメン」を注文してみた。
大抵はこういう場所のラーメンというのは経験上まずくもなく
大して美味くもないはずなのだが、まずはスープを飲んで!
「こりゃ?当りだな」と思うほど美味かった。
20070528C.jpg

その後入れるものも入れたし出すものも出して再び川に戻ってみた。
さてどこが良いかなぁ?などと、のんびりとポイント探しをしていたが
これといって良さげなと所も見当たらないので、支流のS川に行ってみた。
入渓早々にルアーマンに出くわし情報交換するが、朝から所々入っていたとの事だった。
聞くところによると、チェイスがあったり何度かバラしたようで
未だキャッチしていないとの事だった。
「う?ん、チェイスがあるだけまだましだろう」と未だ魚影すら見てない
オイラは思うのだが、釣人とはホント勝手な者である…。(笑)
その後、上流部の方へ行ってみるが、どうにも竿を出す気になれず
Uターンして今度は支流K川に行ってみた。
本当は上流部の方へ行ってみようという気で居たが
先日、良い思いしたところが再び気になり、まずはそこに行ってみた。
釣人とギャンブラーは美味しい思いをすると、そこへ舞い戻るようだが
オイラは幸い釣人だけなので良かった?
テトラの切れ目辺りから対岸にキャストしてダウンクロス気味に
リーリングしていたら、橋上から見物客が見えた。
なんだろう?とよく見たら工事のおじさん達で、どうやら一服タイムの
ようだった。
まじまじと見られることはあまりないので、なんだか気恥ずかしくなり
緊張しながらもキャストを続けるが、こちとら未だ魚影も見ていないので
それどころではない!
本命の大岩付近に来たその時、ここぞとばかりにルアーをチェンジして
一投目にUPでキャストしラインを張り直してリーリング開始して
ロッドでアクションを加えたその瞬間、ヒット!
思わず橋上を「チラッ」と見てみたらまだ見ている…。
「こりゃ?ちゃんとキャッチしないとなぁ」という変なプレッシャーが
オイラを駆け巡る中、下流に流されていく魚体にロッドでいなし
無事何とか本日初のヤマメをキャッチした。
なんだかあっけないような気もしたが、思わず「よしっ」と心の中で
つぶやきかけた瞬間「パチッ!パチッ!パチッ!」という音と共に
「何釣れたぁ?」という声が聞こえた。
何だか急に恥ずかしくなりオイラは聞こえないふりをして
そのまま何事もなかったかのように、リリースして橋下に逃げ込んだ。(笑)
内心本当は貴重な一匹だったし、サイズ的には中盤サイズだったが
幅広で、でっぷりとした綺麗なヤマメだったので
その記録を残したかったが、今更遅し…。
しばし橋下でそんな思いにふけりながらも、その上流部で
再びキャストするが、反応はなし。
もう少し移動してみようと思い、その流れ込みの脇を狙って
キャスト&リーリングをまるで櫻鱒を狙うかのように延々と
攻めていたら、岩魚がヒットした。
何度かそれらしい前兆があったが、なかなか食わせる事が出来なく
苦戦したので、これまた嬉しい一尾だったので
テトラに乗せていざ撮影っと思ったら、電池切れ…。
再び橋上に目線をやるが、そこにはもう居なかったので
何だか安心してしまった。(笑)
その後も何度か続けるも反応は無いし時間も時間なので納竿とした。

今日、改めて思ったのが、「Dダイレクト」の凄さというか恐ろしさ?
というのが再び体感した。
UPでキャストしてその後すぐにリーリングで潜らせロッドで棚を調整する
といったいたって簡単な事のようなのだが、いざやってみるとこれまた
なかなか難しいのである。
しかし、これで攻めきれなかったポイントも着水後にすぐにそのポイントに
ルアーを送り込めるというのは効果大!
未だ使いこなせていないけど、これを使いこなした日にゃ大変だなぁ(笑)
まぁ?その前にどれだけロストするかが問題なのだが…。(爆)

スポンサーサイト
コメント

JAMES :

Dダイレクトの説明によれば
テールからのフォーリングなので
姿勢を戻してアクションを付けて・・・となると
確かに難しい一面があるかもしれませんが
それを克服したらほかのルアーなんて必要なくなるかもしれませんね。
それでも私は何個ロストしようとも「まめむしSP」の方で
極めて欲しいなぁ~

ちなみに私はギャラリーがいてヒットしたならば
俄然燃えるええかっこしぃです(笑)

Yuu :

ギャラリーの前でのヒット...カッチョエー(^^;
まずまずの魚体を拝めて良かったですねー。
Dダイレクトは、時々あったらなーってシュチュエーションがありますね。
他のじゃ手が出ないけど、あれなら...
しかし、腕が伴わないとロストの危険性が高い。
私はヒットよりもロストの方が多い気がしてなかなか踏み切れません。(笑...ちなみに私のルアーケースからは品切れ中...笑)

最初に入ったシェードのエリア、たぶん去年Jさんとも行ったあたりだと思うけど、あの下も含めて、今年は魚影を見てない。
なぜでしょうねー。
そろそろ調査に行かなきゃと思ってたけど、まだ厳しそうですねー。

まめむし :

JAMESさん

ほかのルアーなんて必要なくなるかもしれませんね。>
それはそれでつまらないでしょうねぇ~。
でもいろんなシュチュエーションでルアーをセレクトするのも
これまた楽しいのですけどねぇ

「まめむしSP」の方で極めて欲しいなぁ~>
う~んJAMESさんのようにオールマイティで使いこなせないのがネックなもので…。
それに近頃は作る暇もないのです。
しかしながら釣りに行くバイタリティはあるのですが(笑)

俄然燃えるええかっこしぃです(笑)>
それは知人だったらそうですが、見知らぬ人だったし
しかも横一列に並んでオイラを見ていたものでして…。
まぁ~JAMESさんほどの腕があれば問題ないのでしょうけどねぇ~。
何せ小心者でして(嘘)

Yuuさん

ギャラリーの前でのヒット...カッチョエー(^^;>
Yuuさんだったら、どうします?
やっぱ緊張しますよねぇ~(笑)

まずまずの魚体を拝めて良かったですねー。>
まずまずというよりもこの日は散々でしたので大満足でした。

あったらなーってシュチュエーションがありますね。>
確かにそんな場面に出くわす事が多々ありますねぇ
そんな時は迷わずDダイレクトですね。

しかし、腕が伴わないとロストの危険性が高い。>
問題はそこなんですよぉ~
行きなれた河川で水中のストラクチャーなどを
理解できていれば問題ないのですが…。
なにせS水系はまだまだ勉強不足なものでして…。

私はヒットよりもロストの方が多い気がしてなかなか踏み切れません。>
ロストが怖くてキャストは出来ませんよぉ~(笑)
ロストした分だけキャストは上手くなりますからねぇ(爆)

あの下も含めて、今年は魚影を見てない。
なぜでしょうねー。>
う~ん川の状況からすると問題ないと思うのですが
ここ数日通っているオイラとしては、まず魚が動いていませんねぇ
大体溜まっている場所は判ってきましたが
未だ水位の関係や水色のベストというものが判りませんね?

そろそろ調査に行かなきゃと思ってたけど、まだ厳しそうですねー。>
それでは調査結果判りましたらヨロシク~!


JAMES :

まめむしさん>
>ルアーセレクトの楽しみ
それは確かにそうですね(^^;
>腕があれば問題ない・・・
またまたご冗談を(^^;
私は「えぇかっこしい」だから腕が無くても燃えるんです(笑)
たいてい調子に乗りすぎて根掛かるか
枝にぐるぐる巻き・・・

まめむし :

JAMESさん

またまたご冗談を(^^;>
いえいえ本心ですからぁ~!

私は「えぇかっこしい」だから腕が無くても燃えるんです(笑)>
その闘志が魚を引き寄せるのですねぇ~なるほど!

>たいてい調子に乗りすぎて根掛かるか
枝にぐるぐる巻き・・・
あははっそりゃ人間だもの時にはつまずく事もありますからねぇ
本日は情報提供ありがとうございました。
おかげ様で楽しませて頂く事が出来ました。
また、ご指導の程ヨロシクです。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。