2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
AM4:00昨夜セットしておいた目覚ましが鳴る前に目が覚めて、しばし呆然としながら窓辺を眺めていたら、まだ暗い夜空は星空が広がり放射冷却現象か気温も低く感じられる。

宿主もまだ起きない中、コンビニへ向い朝食を仕入れにセブンイレブンへ行くが、早朝から釣り客で込み合っている…。

さすが桧原湖という事がその様子からも見て取れる中、待ち合わせ場所の船着場へ向かった。

その頃になると東の空も明るくなりかけ、周りの景色も見えてくるが、遠くの山々は薄く雪化粧で冬の訪れを感じさせていた。

20071116A.jpg


今日は業者向けのセミナーという事から遠くは青森の釣具屋さんをはじめ、地元の釣具屋さんが多数集まっていた。

やまぐっちさんの屋形船

20071116C.jpg


20071116D.jpg


第1艘目の送迎で屋形船へ移動するも風も強く寒かったが、船内に入るとその寒さも嘘のように暖かく、まずはしばし船内の様子を観察する事に…。

とりあえず、全員が揃ったところで本日のセミナーが開始され、主催のモーリスさんの挨拶で始まり、講師の本山さんと大木さんの説明を受ける事になりました。

20071116E.jpg


道具の説明や新製品の紹介などを受けて、その後は個人レッスンという事になり、その間は個々に釣りをする事になり、待ちかねていた桧原湖のワカサギ釣りを開始する事になり、気分も釣人と化していく

岩洞湖との違いに気付いたのは、この辺は落ち葉などについた虫を食べるという事と、動物性のプランクトンの捕食もあるという事から赤虫を使うという事らしいが、郷に入ったら郷に従えという事で、その一連の釣り方などを聞いた後に魚探とフラッシャーの最強コンビを強いて鎮座する大木さんの隣でしばらく様子を伺っていたら、魚の反応はあるようで、オイラもお隣で準備開始

その隣で同行のOは早速初の桧原湖のワカサギを釣上げていた。

準備も終えたところで、記念すべき第一投目は…

想定外の外道 ウグイでした… ガ?ン

しかし、その後に初桧原湖のワカサギをとったどぉ?

20071116F.jpg


その後もしばらく釣り続けるも、釣れずで中層に居るけど食わないし、底の魚はいたずら程度でなかなか手強く一筋縄ではいかずといった感じがしばらく続くも、激渋用2連結でその手強さもどうにか回避できたのか?誘いとこまめな餌交換で、どうにかこうにか釣り続けるも、オイラはなかなかツ抜け出来ずに桧原湖の洗礼を受けるが、時間が経つにつれてワカサギと仲良くなり?かけた頃に今回の目玉でもある本山さんの「零釣方」のレクチャーを受ける事になりました。

この釣方はタナゴ釣りの逆バージョンでジンタンを底につけるのではなく、水面直下につける事によって、その変化でアタリをとるといった釣り方で、今までにない発想と本山さんの知識と経験と発想力による賜だと思います。

その解説はワカサギ大全?や釣り東北などでも紹介されておりますが、実際に生で見ると、その繊細なアタリがダイレクトに伝わり、ワカサギ釣りの繊細さをより楽しいものとさせてくれると共に、新たな釣り方として広がって行く事と思われます。

ここで問題なのがウキなんですけど、そのウキもいずれは商品化されてくると思いますので期待しましょ?

20071116M.jpg

20071116L.jpg


その後は再びフリータイムとなりましたが、大木さん直伝の仕掛けの作り方などを教わり、今後の仕掛け作りに大いに役立つと思います。

大木さんは様々な知識や経験も豊富なのですが、こんな若造にも親切丁寧に教えて頂き、その人柄の良さがしみじみ感じられ、人間的にも尊敬するところのある大木さんにです。

20071116K.jpg


そんな大木さんの横で釣り続けるも到底敵うはずも無く、しばらくアタリすらなかったけど、時速1?2匹の釣りでも大事に大事に釣上げ堪能していたら、再び大物らしきアタリと共にBeansが悲鳴をあげている

釣上げてみると「ギャァ?またウグイじゃん…」

そんなこんなで昼も近くなり予約しておいた弁当が届いたところで、ランチタイム

20071116N.jpg


しばし休憩するも、周りではそんな気配は無く釣り続ける人が殆んどだったが、オイラはご飯に集中したいので、竿を上げて周りの釣人を観察しながら弁当を頂いた。

岩洞湖のドーム船と違うのは設備や環境などだけではなく、釣人のマナーや釣りに対する姿勢が全然違う事に気がついた。

もちろんワイワイガヤガヤと仲間で楽しむのもワカサギ釣りの楽しみ方の一つだろうけど、釣り本来の目的を失っていては駄目なんじゃないかなぁ?と思うところも多々感じられた。

ここ桧原湖の釣人は皆真剣で、思い入れが強く、その思いからか道具や釣り方にも拘りを感じられた。
そんな様子からも感じ取れるように、酔っ払って騒いだりする者は誰一人見かける事はなかったし、あのようなムードでは出来ないだろう…。

屋形船やドーム船などといった一つの空間では、釣人みんなで共有する場所なので、もっとマナーには気をつけたいものだという事が改めて思いました。

20071116G.jpg


午後からはそのままフリータイムだったけど、他の施設も見学しなければいけなかったので、やまぐっちさんの屋形船を後にして一足お先に撤収?

20071116O.jpg


山の頂上付近は白く…

20071116Q.jpg


いろいろお世話になったやまぐっちさんオーナー

20071116R.jpg


船着場の看板

20071116T.jpg


船着場の様子

20071116U.jpg


その後は再び今回宿泊でお世話になったこたかもりさんの所へ戻り挨拶を兼ねて行ったら、うちの船も案内しますよと親切にもいろいろと教えて頂いた。

こたかもりさん船内の様子

2007111609.jpg


2007111610.jpg


こちらは個室になっており、一つの空間をみんなで利用するというよりも、家族連れやカップルにはお勧めです。

それにペットもだという事で当日もワンちゃんを連れたお客さんがおりました。

トイレも当然個室になっておりきれいでした。

2007111611.jpg


一部屋4?6人は十分に収容できるスペースで、その数も14個ほどあり、氷上になると、それらをスノーモービルで引っ張って行ってくれるというからこれまた快適な釣りを楽しめるんだろうなぁ?

2007111612.jpg


再び宿に戻り入れたてのコーヒーをご馳走になりながら、宿主さんにいろいろと教えられ大変参考になったと共に今後の活動に役立てていきたいと思います。

ホント何から何まで親切丁寧に教えて頂きありがとうございました。

こたかもりの主任でありながらワカサギ釣りマスターでもあります。
(画像左側)

モーリス社から好評発売中「THEわかさぎ」で浮釣りの名手として紹介されております。

2007111613.jpg


他にももっともっと見たいところが山ほどありましたが、帰宅時間も配慮して今回はこの辺で桧原湖を後にする事にして、家路に着きました。

途中、Oが「腹減りましたねぇ?」という事から、折角来たんだから何か名物でも食べて帰ろうという事になったけど、福島って何が名物なのかもわからないまま、Oの提案で蕎麦を食べていく事になり、行き当たりバッタリでそれらしい蕎麦屋へ入ってみる事に…。

2007111614.jpg


オイラは暖かい物が食べたかったので、今時期なら鴨南蛮でもあるかな?と思うがメニューにはなかったので、お勧めの比内地鶏ならぬ庄内地鶏の蕎麦を頼み、Oは定番のザル蕎麦の大盛り三枚を頼んだ。

ザル蕎麦大盛りx3枚

2007111616.jpg


庄内地鶏つけ蕎麦

2007111615.jpg


そこでちょっと不思議だったのが、蕎麦を食べ終えた後にその汁にご飯を入れて雑炊にしてくださいと告げられたので、言われるままにやって食してみると、鶏肉のダシがたっぷりと効いた美味い雑炊に

その後は店内に飾られていた「日本一の大きさを誇るコケシ」を拝見して店を後にした。

2007111617.jpg


途中スタンドに立ち寄り後はノンストップで高速をひた走り家路を目指すが、行きと帰りでは時間が大幅に違い?3時間弱で再び盛岡へ着いてしまった。

今回は本当に目からウロコのようで、何から何まで驚きの連続だったけど、とても参考になったと共に勉強になりました。

これを今後どのように生かしていくかはオイラ次第だと思うので、ただ桧原湖へ行って楽しかったではなく、今後の岩洞湖のワカサギ釣りへ役立てていきたいと思います。

今回お世話になったモーリスさんをはじめ久しぶりに再会できた大木さん、本山さんならびに宿や設備など色々と教えて頂いたこたかもりさん、やまぐっちさん本当にありがとうございました。

また桧原湖へ行きたいと思いますので、その節は宜しくお願い致します。

そしてこちら岩洞湖へお越しの際はどうぞ宜しくお願いします。

桧原湖最高で?す

スポンサーサイト
コメント

kazuたかしお疲れ様でした

何事も無く遠征が終わったようで何よりでございましたv-411
ちなみに桧原湖までの距離と時間はどの位なのですか?

檜原直伝の技の講習会を企画希望しま~すv-222v-411

JAMES :

遠征お疲れさまでした。
いろいろ得る物があったようでなによりです。
これがどのように岩洞で生かされるのか
期待してます。

Yuu :

お疲れ様でした。
あまりにも情報盛りだくさんで、書ききれないんだろうけど、それでもここまで書いてあると、いろいろ伝わってきますね。(^^;
まずは、成果ある遠征で良かったですねー。
いろいろ新しい発見もあったみたいだし、開眼したところを後ほど教習よろしく。(^^;
それにしても、ほんと、お疲れ様でした。

イブパパ :

遠征、お疲れ様でした。
色々とまた研究してきたと思うので教えて下さいね!

まめむし :

Kazuたかしさん

桧原湖までの距離と時間はどの位なのですか?>
移動距離は?移動時間は盛岡から高速で3時間ほどで
下に下りてから1時間ほどです。

檜原直伝の技の講習会を企画希望しま~す>
まだ未完成なもので…v-404

JAMESさん

どのように岩洞で生かされるのか期待してます>
それが一番の課題ですので、今後じっくりと取り組んでいきます。

Yuuさん

情報盛りだくさんで、書ききれないんだろうけど>
まさにその通りですねぇ…
とりあえず、解り易いところを引き抜いてまとめました。

開眼したところを後ほど教習よろしく>
まずは桧原湖へ行きますか?(笑)
(今度は一緒に氷上へ行ってみませんか?)

イブパパさん

色々とまた研究してきたと思うので教えて下さいね! >
え~っと受講料はお一人様コーラ一本になります。 (笑)













つかさん :

講習料コーラのサイズは?(爆)

まめむし :

つかさん

講習料コーラのサイズは?(爆)>
そりゃもちろん500mlですがなぁ~v-411

イブパパ :

講習料のコーラは500mlでいのですか!
たくさん買って持って行きます~

サラリーマン岩魚太郎 :

コーラに話が流れちゃってますが、便乗しますv-8
銘柄のご指定はありますか~~~?

この時期に、ウグイが2匹でしたか~
まさにラッキー!
ちなみに、私は過去に桧原で1匹しか釣ったことがありません。
逆に、今年の3月に岩洞の小石川でタモロコの猛攻に遭いました。こういうのを洗礼という!?
小石川のスペシャリストは先に駆除してくれないのだろうか~

K : お疲れ様でした。

まめむしさん
セミナーお疲れ様でした
遥々遠い所からお越し頂き有難うございます
こちらは、第二回わかさぎトーナメントも
無事終了して桧原湖から下山しました
又何かの機会が有りましたら桧原湖に
お越しになって下さい。

シュウ :

お初です。
いつも拝見させていただいております。

>もっとマナーには気をつけたいものだという事が改めて思いました。

全く同感です。
仲間うちで楽しくはイイんでしょうけど、好きなワカサギ釣りなのにドームで嫌な思いするのはかなりの不快ですからね!

まめむし :

イブパパさん

講習料のコーラは500mlでいのですか!>
v-426で~す。

たくさん買って持って行きます~>
v-405の・飲めるかなぁ~v-356

サラリーマン岩魚太郎さん

銘柄のご指定はありますか~~~?>
オイラの中でのコーラ=コーク
間違ってもペ○シではありません…
以前、異国の地でコーラを注文したらペ○シが出てきてv-404
コカコーラを注文の際はコークだそうで…
なんとも紛らわしいお話でした。

この時期に、ウグイが2匹でしたか~>
しかもイイサイズでした…v-404

小石川のスペシャリストは先に駆除して>

その事なら、以前岩洞湖でオフ会した時に同じテントでお世話になった爺様に頼むといいでしょうv-411
あのお方なら間違いないv-363
先日もキチンと甘露煮にして駆除してましたからv-424

Kさん

セミナーお疲れ様でした>
お疲れ様でした~v-436

遥々遠い所からお越し頂き有難うございます>
思ったほど遠く感じませんでしたよ
同行した者に「また行きましょう」と、次の釣行の計画が…(笑)

無事終了して桧原湖から下山しました>

久しぶりの下山で?下界は変わってませんでした?(笑)
何はともあれお疲れ様でした。v-436

又何かの機会が有りましたら桧原湖に>
ハ~イ、今度はプライベートで行きますv-222

シュウさん

いつも拝見させていただいております。>
はじめまして、
毎度ご覧頂きありがとうございます。v-421

ドームで嫌な思いするのは>

確かにドーム船などでは、同じ空間を共有する所ですので、仲間で来ている人もいれば、ソロの人もいるでしょうし、その他いろいろですから、自分も含め思い直す点があります。
釣りに来て不快な思いで帰るようでは…
自問自答です。





コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。