2択アンケート♪
最近の記事+コメント
Tree-LINK
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- |
氷上のワカサギ釣りも終わり何だか気の抜けた日々を送っていた訳ですが、道具の片付けや手入れをしているところへ今シーズンお世話になっていた本山さんからの電話で改めて考えさせられる事があったので、自分なりに考えてみました。

それは先日も記載した事ですが、「釣人とゴミ」についてです。

最初にお断りしておきますが、これは私個人の考えであり、企業や団体、その他他人などを中傷するものではありません。

氷上に限らず、釣り場で目にするゴミは本当に見苦しいものですよね?海、川、湖などと様々なフィールドがありますが、釣人が入っていないフィールドの方が少ないのではと思うほど、釣人は増えているようです。

その一方でゴミも増えている様な気がします。

先日もホームグランドでもある岩洞湖にてタバコの吸殻を筆頭にビールの空き缶、ワンカップの空き瓶、カップラーメンの容器、ガスボンベの空き缶、お菓子の空袋などなどと、ほぼ間違い無く釣人が残したと思われるゴミを目の当たりにしました。

百歩譲ってこれらが一般の人が捨てていったであろうとしても、この他に明らかに釣人しか使わないであろう、仕掛けの空袋、餌の空袋、ルアーのパッケージ、釣糸などと、言い出したら限がないほどのゴミに目を覆いたくなるほどでした。

公魚倶楽部メンバーにはゴミを見かけたら拾うようにと言い伝えておりますが、捨てる人の方が多いために焼け石に水です…。

それでも自分のゴミはもとより他人が捨てたゴミを拾うというものは気持ちのいいものではありませんし、ゴミを捨てる人の心理が理解できません。

人は学習する為か?ゴミがあるところへはゴミを捨てていくという何とも言いがたいものがあります。

例えば一人がそこへゴミを捨ててしまった為にまた次の人がと、連鎖反応のようにゴミを捨てられる光景があります。

これらを解決する為にも、まずはゴミを捨てる場所があれば良いのになぁ?と思います。

以前は岩洞湖も各ポイントごとにゴミ捨て場が設置されていたのですが、何を理由にかは定かではありませんが、撤去されてしまいました。

確かにゴミを処理するのも金銭が発生するのでしょうけど、ゴミを捨てた事によりフィールドが駄目になって、それを復活させる事の方が、どれだけの金額が弾き出されるかを考えれば微々たる物ではないでしょうか?

一度死んだフィールドはなかなか元には戻らないのを知ってか知らずか解りませんが、もう一度ゴミ捨て場の設置を検討してほしいものです。

岩洞湖でも漁協の監視員の方々が監視も兼ねてゴミ拾いをしている様子を見かけますが、これにも限界があるはずです。

連日の釣客ですしハイシーズンの週末ともなれば、1000人は下らない釣人が押し寄せるのですから、少数の監視員では到底及ばずです。

昨年、我々公魚倶楽部の忘年会で提案があったのですが、雪解けが終わったら、皆で岩洞湖をきれいにしようという計画が上がりました。

日頃お世話になっている意味も込めてという事もありましたが、やはり自分達がまた遊ばせて頂く所でもある為に、その様な企画を提案しております。

もしこれを見て賛同してくださる方々が居りましたら、コメントお願いします。

日時は未定ですが、ゴールデンウィーク辺りを予定しております。

参加は自由ですので宜しくお願い致します。

しかし岩洞湖だけではなく、その他の釣り場もゴミが散乱していますよね?

時にはこんな物まで?と思うような物も見かけます。

そんな私も釣り人側の人間な訳でして、ワカサギ釣りを始めルアーフィッシングもやる為に心痛む思いです。

欧米ではフィッシング=スポーツとみなされておりますが、ここ日本ではまだまだレジャーの一環としてしか捕らえられていない事にも問題があると思われます。

そんな一部欧米ではルアーのパッケージなどはされておらず、裸のままルアーを売っているのを見た事がありますが、日本ももっと簡易包装にすれば良いのにと時々思う事があります。

そこで思ったのが、三大Rですね。

「リデュース、リユース、リサイクル」まさにゴミ解決と共通点がいくつもあります。

まずは「リデュース」です。

ここ数年は割り箸を使いません。マイ箸を持ち歩いております。

買い物の際もちょっとした物には袋や包装を断るようにしております。

皮肉にも日本の釣具は世界一といっても過言ではないほど進化し続けているのにも理由の一つではないでしょうか?

毎年新製品が繰り出される中に消えていく製品もありますよね?

そのお陰で確かに釣り易くなった訳で技術の進歩に感服するばかりですが、果たして本当にそれで良いものか?と疑問点を感じる事があります。

特にルアー関係のリールやロッドに関して言えばそんなに使い易くしてどうするの?と思う事もしばしばあるわけで、釣具が釣人を退化させてしまうのでは?と思うほど今のタックル類は素晴らしいです。

そんなこと言っている私も数年前までは某メーカーの最高機種を発売当初から毎年のように買い替えしてましたが、なんだかそんなメーカーの思惑に払拭気味になりまして、全て手放しました。

そんな時に昔、子供の頃に手にしたカーディナルを引き出して見ました。

近頃のブームもありカーディナルは人気ですが、その人気の理由もあるはずです。

デザインもさる事ながらも、機能美とでも言うかのように数十年前に発売され完成されたリールが今の日本のリールにあるでしょうか?

ベールアームのスプリングが何度も折れようが、ドラグワッシャーが駄目になろうが、ドラグノブが壊れようが、自分で修理したり自作したりして直しながらも、ここ数年は毎年シーズン前にオーバーホールして使ってます。

次に「リユースです。」

話はそれましたが、そんなリールを持って渓流などに出かけて行くのですが、ここでもよく見かけるのがゴミですね。

我々ルアーマンもルアーをロストする事も多々ありますが、出来るだけ回収するよう心掛けております。
時には潜る事もしばしばありますけど…(笑)

もし自然分解のルアーが出来たら最高なのですけどねぇ?

それとラインです。

これも結び目の残りかすでも、キチンと捨てて欲しいものですね。

たまたまかもしれませんが、餌釣師やテンカラ師のラインを拾う事がしばしばあります。

しかも魚が鈎をくわえたままの物を見たときはガッカリでした。

もしこれを鳥達が獲って電線にでも引っかかったらと思うと…。

ちなみにラインは貧乏性なので、巻き直しをしています。

最初巻いた方向と逆にして使うのです。

これで二度お徳かもしれないかな?(ラインメーカーさんには悪いけど…)

そして最後は「リサイクルです。」

ワカサギ用品でいえば、リールシート、ガイド、込み栓、などなどと自作できる物の材料は全てリサイクルして使い回ししています。

毎年自分の中でのブーム(穂先の)がありますので、これらは穂先本体だけを作り直して楽しんでいます。

今回はゴミについてでしたが、ゴミを捨てないだけではなく、出さないという意識を持って挑まなければ本当の意味でのゴミ問題は解決しないと思うのです。

ゴミは出すものではなく、出さない努力をしてみてはいかがでしょうか?
大げさな事は言いませんが、まずは自分ができる事から初めてみませんか?

次の世代の子供達に素晴らしいフィールドを残す為にも…



スポンサーサイト
コメント

サラリーマン岩魚太郎 :

基本的に、自分で出したゴミは、なるべく自宅へ持ち帰りとしています。
他人が捨てたゴミは、見たくも無いし触りたくも無いのが本音。
でも、放っておけないので仕方なく拾い集めて来る様にしてます。

コンビニや高速道路のSA等のゴミ箱は、家庭ゴミの餌食になってしまっています。
こんな光景を釣り場等で目の当たりにしたくないので、ゴミ箱の設置は、必要最小限が望ましいかと思っています。
ただ、まめさんが願う増設の件、悲しいけど致し方ないのでしょうね・・・

落書きの話をすれば、放置しておくと次から次からへと書き加えられますが、消す事により落書きが無くなったという事例があります。
ゴミも同じ様な気がします。
ゴミがゴミを呼ばないように、綺麗にしておけば捨てにくくなるハズ。(そう願いたい)
良識有る者同士で、地道に拾い続けて、綺麗にして汚しにくい環境を作って行きましょう。
そして、ゴミの減量化にも努めていきましょう。

Yuu :

まったく嘆かわしいばかり。
ゴミに関しては、捨てる本人のモラルの問題もあるけど、実際問題、ゴミとなるものが多いということにも問題がありそう。

過剰包装を控え、ゴミになるものを減らすってのは、消費者の意識の問題とメーカーや販売側の意識の問題で、社会全体での取り組みが必要。
包装資材を含め、再利用できるように回収される仕組みってのも、社会全体で取り組む必要がある。
一番手がかかりやすいと思うのは、他に再利用できる形での梱包・包装。
特に釣具の場合は、そんなことも可能か。
昔のジュースの空き瓶みたいに(歳がバレる...笑)、保証金が戻ってくる制度など、大本からゴミを減らす仕組みづくりが必要なんでしょうね。
その上で、ゴミ捨て場を整えたり、モラルの向上を図ったり...
先は長いけど、できるところから手をつけていくのには賛成。
とりあえず、一緒にゴミ拾いしましょう。(^^;

JAMES :

岩洞のゴミはここ5,6年人が急激に増えると同時に悪化したように感じますが
ゴミ箱増設は岩魚太郎さんがおっしゃるようにいろいろ難しい面もあるかもしれません。
多くの方は釣ったワカサギを持ち帰って美味しく戴くのでしょうから
ゴミの惨状を写真で降り口や券販売の窓口に掲示して
ゴミによる環境の悪化は直接ワカサギにも影響していく事を
地道にでも啓蒙していくしかないんじゃないかと考えますがいかがでしょうか?

ゴミ拾いの件は都合にもよりますが参加したいと思います。

さとりあーに :

どこの地でもゴミは問題ですよね。
自分が行ってる渓流でも結構ビールの缶やら
落ちてます、大体トロ場の落ち込みのような
好ポイントや入渓ルートに捨ててあります。
皮肉な事にこういうのが目印になって釣りになるんですが・・・

それと、こないだ釣ってた時近くで釣り人が
アマゴの腹を割いてハラワタを川に捨ててました
確かにワタは取らないと鮮度が落ちますが
何も川に捨てなくてもいいじゃないか!
と思います。
釣った魚に申し訳ないじゃないですか!

ムロ :

どこに行ってもゴミが有りますよねぇ
わざわざ捨てに行く人も居るみたいだし…
自転車・タイヤ・TV…(-"-;)

と言いながらも、自分も気付かずにゴミを落としてる事も有るんだろうなぁ(ρ_-)o

遊びに行ってゴミを捨てて来る人は、次に自分が行った時の事を考え無いんでしょうかねぇ!?

ガブ :

こんばんわっす!ガブです。
ゴミですよね~これは釣り場どこでも思うことですよね~ちょうど本山さんのブログみてショックだったんです…
岩洞湖…漁協の方を始め有志の皆様がゴミを拾っている姿…あの広いエリアを…あの姿を見たら…捨てる人の気持ちがわかりません。
「岩洞湖の清掃」参加しまっせ~微力ですが。
自分が出すゴミに関してはオラも一応は工夫しているつもりです…
例えば、仕掛けは、自宅で使う分+αを包装から出して、「だしこんぶさんの仕掛け巻き」に巻いて現地にもっていくようにして、現地での包装紙等のゴミをなるべく出さないようにしています。
それと、食事…ですが。カップメンはスープ等が個別包装になっていない商品(カップ○ードルみたいな…)選んで持っていくようにしています。
後は、せっかくまとめたゴミ袋を風に飛ばされない工夫ですよねv-218改めて新しいことではありませんが…参考になれば…

うろこ雲 :

本当に最近はゴミ多いですね
釣り人が増えた分、何故ゴミも増えるのでしょう
氷上最終日 我が家の子供が何も言わずゴミ拾いしてました(涙) 捨てる人見ろです(怒)
ゴミが箱の件は私も無い方が良いです 自分で出したゴミくらいはワカサギと一緒に持ち帰って下さい
ゴミ拾いの件は都合つけて子供と参加したいです
この素晴らしい岩洞湖をず~と子供達に見せて行きたいです 

taguya :

ゴミ問題同感です。

自分が捨てないことは当然ですが、
見かけたら一個でも拾う。
そして、仲間にも伝え、少しでも広げていく。
これを実践していこうと強く思いました。

私事ですが、
数年前にバスマットを強風に吹き飛ばされました。
追いかけましたが、
あっという間に遥か彼方に飛んでいき、
見えなくなってしまいました。
穴にヤカンのフタを落としたこともあります。
ルアーのロストはしょっちゅうです。

ですから私は釣り場にゴミを捨てたことがないとは、
口が裂けても言えません。

どんなに気をつけていても、
結果としてゴミを捨ててしまうことがある。
どんなに注意して行動していても、究極的には、
釣りという行為は、自然に対して絶対にプラスにはならない。

このことを、関係者(釣り人、釣具店、メーカー、漁協)はもっと自覚するべきだと思います。

まずは、身の回りのゴミをとにかく拾おうと思います。

まめむしさんのご提言に深く感銘を受けました。
ゴールデンウイークは仕事で休めないので参加できませんが、その分、釣行時に少しでも拾おうと思います。




KOSEI :

 お久しぶりです。
 まめむしさんのゴミ問題に関する提言に感銘を受けました。
 初めて安家川に行った時、土手にあまりにも多量のゴミが落ちてたのにショックを受けた時のことを思い出します。
 ゴミ箱の設置、簡易包装などいろいろと考えられることはあると思いますが、結局のところゴミは持ち帰るということを実践すればよいだけのことですよね。何故こんな簡単なことができないんでしょうかね。
 高速のSAやコンビニのゴミ箱に入りきらなかったゴミが路上に散乱しているのを見ると我々日本人のモラルってどうなってんの?と思っちゃいます。
 公魚倶楽部非会員でもよろしければゴミ拾い参加したいと思います(日程の都合にもよりますが)。

teto :

私も、改めて考えさせて頂きました。
ゴミ問題・・意識ある者とすれば、頭抱える問題です。自分で持ち込んだゴミを、どうして持ち帰えられないのかと少々感情的になってしまいますが・・
昨シーズンですが、岩洞釣行で故意に捨てたと思われるコンビニ袋2つの汁の入ったゴミを持ち帰った事がありました。とても嫌な気持ちでしたが、私が拾わなければ誰が拾うのだろうか、そんな思いで渋々持ち帰りました。
まめむしさんの言われるゴミ捨て場の設置は同感です、岩洞湖のように毎年多くの釣り人が訪れるフィールドには、あったほうがいいと思います。
確かにゴミは、持ち帰るのが常識ではあるのですが・・岩洞湖のハイシーズンには、ある意味風物詩的な物があって、普段釣りをしない人や環境問題にも関心のない人など、さまざまな人が来られると思います。私事ですが、会社の通路に「感謝のバケツ」というバケツが置いてあります。落ちていたゴミを拾ってくれた人が入れるゴミ箱です。捨て場があるから拾う、なければ見て見ぬふりをする、そんなウラをかいての設置だと思うのですが、岩洞湖にもゴミ捨て場があれば少なからず、フィールドのゴミは減ると思います。ゴミは持ち帰るのが常識・・自然を愛する我々とは違い、ハイシーズンの釣り人には常識でないのかも知れません。
それと、ポスターとか啓蒙活動もどんどんやって欲しいと思います。釣り券の販売所はもちろん、県内の釣具店ですとか、それなりに尽力はかかると思いますが、やれる手段は全て尽してはどうでしょうか。もし、そういった動きがあればやらせて下さい。岩洞湖清掃作戦、日程さえ合えば是非参加します。(長々と失礼いたしました)m(__)m

子連れの林檎親父 :

 今年から始めたワカサギ釣りですが、皆様にお世話になった人間としてお話させていただければ、私の家族の場合、非常識な状況を目の当たりにしたことはないのですが、生意気を承知で言わせてください。
 自分自身、ゴミを漁場その他に捨てていく無神経な性格は持ち合わせていないと思っているのですが、もしゴミ捨て場が駐車場なり帰路における道程にあれば人間の心理としてごみ箱を目の当たりにして ≪ 家には持ち帰りたくない ここに置いて行っちゃえ ≫という気持ちにもなりかねない様な気がします。
職人的手間賃感覚(私自身手間取職)から考えますと、溜まったゴミの回収だけでも手間賃が掛る結果となり、助長する結果にならないか心配です。
 例えば監視の方にご協力いただき、釣券確認時に誓約書、規約など多少手間の掛ることでも提示記入依頼をし、釣人との接触を持つことでもいくらか見苦しいゴミの意識を訴えることができないでしょうか。
(自身、ゴールデンウイーク中は子供のスポ少の大会予選のため参加できないと思いますが、4月から時間を見て第一ワンド駐車場から歩いていきたいと思ってます。今シーズンもお世話になるために。)
 『自分のフィールドは自分で守る』
難しい言葉ですね。

まめむし : 皆さん

ご賛同頂きありがとうございます。

ゴミ問題に関して皆さん関心がある事が良く解りました。

それぞれに思いや考え方がある事と思われますが、皆さんの意見を参考に今後に役立てていきたいと思います。

コメント頂きましてありがとうございました。

PS:岩洞湖のゴミ拾いは日時が決まり次第こちらでお知らせ致しますので、ご参加の程宜しくお願い致します。
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック

インフォメーション
釣り場のゴミは持ち帰ってください。
プロフィール

ま め む し

Author:ま め む し
春から秋にかけてはルアーフィッシングに駆け巡り、冬はワカサギ釣りと年中釣りを楽しんでます。しかしながら魚を釣る前に自身がタックルなどに釣られてしまうという困った者です。

○岩手県盛岡市在住

○好き

ランダム電光掲示板
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。